ゆうゆうメルカリ便ゆうパケットは3センチ超えたらどうなる?ギリギリラインの扱いについても

安く荷物を送れるので重宝するゆうゆうメルカリ便ゆうパケットですが、厚さ3センチはなかなか高い壁として立ちはだかってきます。

「ちょっとぐらい超えても大丈夫なんじゃないの?」

とか、

「ギリギリ3センチならセーフでしょ?」

と気になる方はきっと多いはず。

というか、何とかしてでもゆうゆうメルカリ便で送りたい!という方はきっと多いはず。

ここでは、ゆうゆうメルカリ便ゆうパケットの高さ制限3センチについてまとめています。

スポンサーリンク

ゆうゆうメルカリ便ゆうパケットで3センチ超えたらどうなるの?

3センチを超えていればゆうゆうメルカリ便ゆうパケットで発送することはできません。

なので、ゆうパケットの「送料一律200円」が適用されなくなります。

3センチ以上でも送れる「レターパックプラス(送料:520円)」で送るなど、料金が高い他の方法を選択する必要があります。

スポンサーリンク

ゆうゆうメルカリ便は3センチギリギリはアウト?

基本的にはサイズは「3センチ以内」とされているので、ギリギリ3cmでも問題はありません。

ですが、実際には窓口の担当者によって多少の違いがあったりします。

ゆうゆうメルカリ便の高さを測るのにこうした定規が用いられます。

↓  ↓

 

この定規での測定時に、

「緩衝材を多少潰してでも通過すればOK」としてくれる方もいれば、「定規の両方に触れたらアウト」と判定する人もいます。

なので、ギリギリ3センチでも、OKの場合とNGの場合があって、それは担当者の認識次第ということになっているのが実情です。

ギリギリ3センチの時は郵便局の窓口へ持参するのがベスト

担当者によって多少の扱いが異なる厚さ3センチギリギリのラインですが、ギリギリで怪しい場合は郵便局の窓口へ持参する方が安心です。

というのも、コンビニ(ローソン)の受付でOKでも郵便局で受理されない可能性もあるので後から面倒なことにならないためにも、ギリギリの時はローソンを避けておいた方が無難です。

担当者によって判断が異なるので、一度郵便局の窓口で受理されなくても時や場所を変えたら受理されたということもあるので、自分で郵便局の窓口で判断を仰ぐようにしたいところです。

スポンサーリンク

ゆうゆうメルカリ便ゆうパケットはコンビニではローソンのみが対応可能

ギリギリ3センチの場合は郵便局の窓口へ持参するのが良いですが、余裕がある時はコンビニへ依頼してもOKです。

ただし、ゆうゆうメルカリ便ゆうパケットはコンビニではローソンのみが受付してくれるのでご注意ください。

ローソンでもサイズの確認は行われますが、あくまでも最終的な判断は郵便局が行うことになります。

ゆうゆうメルカリ便ゆうパケットの厚さは厳しい傾向にある?

以前は結構判断が甘いゆうパケットでしたが、最近は厳しい判定がされる傾向にあるという意見も聞かれるようになってきました。

ただ、基本的にはサイズの規格が設定されていて、少しでもオーバーすれば受付できないというのが正しい解釈ですから、ギリギリのラインで悩むことはあっても1mmでも超過していればそれは対象外になるのは当然と言えば当然の話です。

それを厳しいと見るか、それとも当然のことと見るのかは個人の感性のよっても異なるかもしれませんが、個人的には厳しいというよりより正しい運用にしているという印象を受けます。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。