豆知識

ユニクロの超極暖より暖かい!ぬくぬくインナー・タイツを発見

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

寒い季節には、暖かいインナー・タイツが欠かせません。

ユニクロの超極暖ヒートテックウルトラウォームは、厚手で裏が起毛になっており、熱を逃がさないように設計されています。価格もリーズナブルなこともあり、暖かいインナーの代名詞的な存在になるほど大人気の商品です。

ですが、実はユニクロの超極暖より暖かいインナー・タイツがあるんです!

それは、ひだまりチョモランマという商品です。明らかに超極暖より暖かいですし、肌にベタつきや冷えを感じさせない逸品です。

この記事では、ユニクロの超極暖とひだまりチョモランマを比較してみます。どちらが暖かいのか?どちらがコスパが高いのか?どちらが着心地が良いのか?など、気になる点を徹底的に検証します!

 

超極暖!ひだまり チョモランマ(上下セット)

 

スポンサーリンク

ユニクロの超極暖とは?

ユニクロの超極暖は、寒い季節に必須の防寒アイテムです。

ヒートテックのような保温性に優れた素材を使用しており、寒さから身を守ってくれます。超極暖シリーズは、その名の通り、ユニクロの中でも最も暖かいアイテムとして知られています。

特に冬の寒い日には、超極暖のインナーウェアやタイツを身に着けることで、暖かさを実感することができます。ユニクロの超極暖は、防寒対策において頼りになるアイテムであり、多くの人々から高い評価を得ています。

超極暖シリーズの特徴と評判

ユニクロの超極暖シリーズは、その品質と保温力で人気を集めています。このシリーズは、寒い季節に暖かさを求める人々にとって、必須のインナーウェアやタイツを提供しています。

超極暖シリーズの特徴は、その快適さです。素材は柔らかく、肌に優しくフィットするため、着心地がとても良いです。また、保温力も抜群で、寒い冬の日でも暖かさをキープしてくれます。

このシリーズの評判も非常に高く、多くの人々から好評を得ています。実際に使用した人たちのレビューでは、暖かさに加えて、デザインや耐久性にも満足しているという声が多く聞かれます。

超極暖シリーズは、インナーウェアからタイツまで幅広いラインナップを取り揃えています。これにより、様々なニーズに対応することができます。どんなスタイルやシーンにも合わせやすいため、多くの人々に選ばれています。

ユニクロの超極暖シリーズは、その品質や保温力、人気、快適さ、レビューなどの要素から見ても、暖かさを求める方にはおすすめのアイテムです。

超極暖シリーズのラインナップ:インナーウェアからタイツまで

ユニクロの超極暖シリーズは、インナーウェアからタイツまで幅広いアイテムが揃っています。寒い季節に必須の暖かさを提供するため、多くの人々に支持されています。

まずはインナーウェアから。

超極暖シリーズのインナーウェアは、体の動きを妨げずに暖かさをキープします。特殊な素材が体温を逃がさず、寒い冬でも快適に過ごせます。さらに、軽量で薄い素材なので、重ね着にも最適です。

次に、超極暖シリーズのタイツ。

寒い季節には欠かせないアイテムですが、ユニクロの超極暖タイツは、通常のタイツよりも暖かさが格段に違います。特殊な編み方により、保温性が高まり、足元から冷えを防いでくれます。

ユニクロの超極暖シリーズは、インナーウェアからタイツまで幅広いアイテムが揃っています。寒い季節には、これらのアイテムを上手に活用して暖かさをキープしましょう。

スポンサーリンク

ユニクロの超極暖より暖かい「ひだまりチョモランマ」

ユニクロの超極暖は、保温性に優れた人気のインナーですが、それよりも暖かいと評判のインナーもあります。それは、ひだまりチョモランマという商品です。

ひだまりチョモランマは、ダンロンという特殊な素材を使用しており、速乾性や透湿性が高く、汗をかいても蒸れないという特徴があります。また、キュートリーという消臭繊維も配合されており、汗の臭いや加齢臭を抑えます。

ひだまりチョモランマは、極寒の海で働く漁師や山岳ガイドなどのプロ仕様のインナーとして開発されたもので、寒さに強い人々からも愛用されています。冬のアウトドアやウィンタースポーツにも最適です。

ひだまりチョモランマは、メンズとレディースの各サイズがあります。価格は、ユニクロの超極暖よりも高めですが、その分暖かさや耐久性があります。

寒い季節には、ぜひひだまりチョモランマで快適な冬を過ごしてみてください。

超極暖!ひだまり チョモランマ(上下セット)

ひだまりチョモランマのインナー・タイツの着心地と実際の暖かさ

ひだまりチョモランマは、着用感も快適です。フィットするシルエットで動きやすく、深めの股上でお腹周りもぬくぬくです。

首元や袖口も折り返しで暖かく、後ろ身頃が長めなので背中が出にくい作りで、毛玉にもなりにくく、カシミヤのような肌触りです。

ひだまりチョモランマは、寒ければ寒いほど暖かさを発揮するインナーです。冬のアウトドアやウィンタースポーツにもおすすめです。

実際に試着してみた感想・口コミ

ひだまりチョモランマの口コミを調べてみると、以下のような感想が見られました。

イベントの外仕事でもこれがあれば全然寒くないし、部屋着としても使える。 女性用は足が短いので男性用を購入しています。 かえって、男性用の方が下腹部が温かく、こちらは膝当てもあり女性にもおすすめだと思います。

ひだまりは、シャツは持っていたのですが、ズボン下を今回初めて購入しました。 タイトル通り「暖かい」し、ヒートテックのようにかゆくならない最高の下着です。 耐久性は、シャツが結構長持ちしているのでズボン下も長持ちしてくれればと思っています。

保温力抜群で冬山登山に最適。汗をかいても肌にベタつかず、休憩中も寒くならない。柔らかくて着心地も良いし、毛玉にもなりにくい。値段は高めだが、その分暖かさや耐久性がある。

性能面で見ると、かなり高評価の口コミが目立ちます。価格が高いのがネックですが、性能を考えると妥当と見る意見が多い印象が強いです。

スポンサーリンク

ユニクロの超極暖とひだまりチョモランマの比較

寒さ対策の代名詞的位置づけだったユニクロの超極暖ですが、そのユニクロの超極暖よりも暖かいと評判のひだまりチョモランマ。

暖かさのほか、価格とコストパフォーマンスの面からも比較してみました。

どちらがより暖かいのか?

ユニクロの超極暖とひだまりチョモランマは、どちらも高機能な防寒インナーですが、暖かさだけで比べるならば、ひだまりチョモランマの方が暖かいと言えます。

ユニクロの超極暖は、厚手で裏が起毛になっており、熱を逃がさないように設計されています。また、アルガンオイルを配合した生地で肌触りが良く、乾燥や静電気を防ぎます。

一方のひだまりチョモランマは、三重構造の特殊な編地によって、空気の層を作り、魔法瓶のように体温を逃がしません。肌側に使われているダンロンという素材は、吸水率が0%なので、汗や湿気を外側に放出し、肌にベタつきや冷えを感じさせません。また、キュートリーという消臭素材やCOREBRID™ELEQUIL™という静電気抑制素材も配合されており、臭いやホコリの吸着を防ぎます。

ただ、価格は大きく異なるので、購入に際しては価格やコストパフォーマンスを比較してから検討する方が良いでしょう。

価格とコストパフォーマンスの比較

ユニクロの超極暖とひだまりチョモランマの価格とコストパフォーマンスを比較してみます。

まず、価格については以下のようになります。

商品名 価格(税込)
ユニクロの超極暖ヒートテックウルトラウォームクルーネックT 2,149円
ひだまりチョモランマ ハイネック 9,720円

ひだまりチョモランマは、ユニクロの超極暖よりも約4.5倍の価格です。

次に、コストパフォーマンスについては、以下の点を考えると良いでしょう。

暖かさ ひだまりチョモランマの方が明らかに暖かい。
蒸れなさ ひだまりチョモランマは、吸水率が0%なので汗や湿気を外側に放出し、肌にベタつきや冷えを感じさせない。また、臭いやホコリの吸着を防ぐ。一方のユニクロの超極暖は肌触りが良く乾燥や静電気を防ぎますが、レーヨンが30%前後使われており、乾きが遅く汗冷えしやすい傾向がある。
耐久性 ひだまりチョモランマは洗濯を繰り返しても耐久性が高く、保温性が低下することはないが、ユニクロの超極暖は洗濯すると毛玉ができやすく、伸びやすいという口コミもある。

まとめ:ユニクロの超極暖より暖かいインナー・タイツについて

この記事では、ユニクロの超極暖とひだまりチョモランマを比較してみました。

結論から言うと、ひだまりチョモランマの方が明らかに暖かいです。

ひだまりチョモランマの特徴としては、

  • 魔法瓶のように体温を逃がさない
  • 吸水率が0%なので肌にベタつきや冷えを感じさせない
  • 臭いやホコリの吸着を防ぐ

その一方で、ユニクロの超極暖は厚手で裏が起毛になっており、熱を逃がさないように設計されているものの、レーヨンが30%前後使われており、乾きが遅く汗冷えしやすい傾向があります。

価格については、ひだまりチョモランマは税込9720円と高級ですが、その分暖かさや耐久性があります。ユニクロの超極暖は税込2149円とリーズナブルですが、それなりの暖かさや快適さを提供しています。

予算や用途に合わせて、最適なインナー・タイツを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

超極暖!ひだまり チョモランマ(上下セット)
スポンサーリンク
ツールバーへスキップ