ツイッターは見るだけでもバレる?アカウントあり・なしやグーグル検索で足跡は残るのかを調査

ツイッターで気になる人の投稿を見たいと思った時、見た足跡が相手に伝わってしまうかも…と不安に思うことってありますよね。

できればこっそりと見たいけど、そんなことは可能なのでしょうか?

基本的にはツイッターには足跡機能がないため、ツイートを見ても相手がそれを知ることはありません。

アカウントの状況も検索方法も全く影響しません。

ですが、相手にバレずにこっそりとツイートを見る際にはいくつか注意点があるので、ツイッターの足跡機能やツイートを見る際には参考にして細心の注意を払っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

ツイッターはアカウントなしで見ても検索はバレるのか?

相手のツイートを見たのがバレたくないからと、ツイッターのアカウントなし(ログインせずに)でネット検索をしてツイートを見ればバレないと考えてツイートを探す人がいます。

ですが、ツイッターはアカウントの状態に関わらず閲覧していることが相手にバレることはありません。

もちろん、ツイッター内の検索機能を使ってツイートを見てもバレません。

ただし、もしもログインをした状態で「いいね」や「フォロー」をしてしまうと相手に伝わってしまうのでご注意くださいね。

ログインしていないつもりでも、知らないうちにシステムが自動的にログインをしていたという事はよくあるのでw

心配な場合はスマホやPCのシークレットモードで閲覧することをお勧めします。

グーグル検索だとばれることはある?

ツイートはグーグル検索でも探すことができますが、グーグル検索経由でツイートを見てもばれることはないのでしょうか。

結論から書くと可能性は0で、どんな検索方法でツイートを見てもツイッターには足跡機能がないためにツイート閲覧者を特定することはできません。

当然、ツイッターのアカウントにログインした状態でグーグル検索したとしても全く問題ありません。

スポンサーリンク

アカウントありで見ても足跡はつかない

何度も書いていますが、基本的にツイッターに足あと機能は無いため相手に見ていることがバレる危険性はありません。

以前は一部のSNSでは足あと機能のついているものがあったために不安に感じる人もいるかもしれませんが、ツイッターではそういった心配は必要ありません。

ツイッターにはアナリティクス機能というものがあって、その機能が気になる方もいるかもしれませんが、アナリティクス機能でわかるのは自分のツイートがどれくらい閲覧されたのかという数なので、閲覧者を特定することはできません。

また、ツイッターの公式ではなく足跡追跡ツールがいくつか出回っていますが、それによってわかるのはアクセス数やクリック数、いいねの数であるため、仮に相手がそれを使っていたとしても個人の特定まではできません。

ツイッターを見るだけの場合の危険性や注意点

ツイッターで閲覧や検索をしても相手にバレることはありませんが、それ以上の行動をしてしまうと相手に伝わってしまうものがあります。

具体的には、先ほども書いたとおりアカウントのフォロー、投稿へのいいねやリツイート、コメントがあります。

フォローやいいねはタッチ一つで出来てしまうので、その気は無くともついうっかりで押してしまう可能性はるので注意が必要です。

また、アカウントにログインしている状態で何度も何度もユーザーページを閲覧していると、相手におすすめユーザーとして表示されてしまう可能性もあります。

そうすると相手に疑問を抱かせてしまう可能性は十分に考えられます。

そのため、頻繁にユーザーページを見るのは控えたほうが良いかもしれません。

その場合、自身のアカウントに鍵をかけておくことで相手に情報が伝わってしまう可能性は減るので、どうしてもバレたくないという場合は、鍵をかけておくことをおすすめします。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です