記事内にプロモーションを含む場合があります


スーパーでトレー回収するのはなぜ?イオンやマックスバリューで回収する種類も

スーパーで食品トレーを回収するボックスを設置している店舗が増えましたが、なぜトレー回収をしているのでしょうか?

ただ、店舗によっては回収しているトレーの種類が異なることもありますが、いまいち理由がわからないという方は多いはず。

ここでは、スーパーがトレー回収している理由や、回収に対応している種類、回収後はどうしているのかといった点について調べた結果をまとめています。

スポンサーリンク

スーパーでトレー回収するのはなぜ?

スーパーでトレー回収をする目的は、再利用できるものをゴミとして捨てずに有効活用するためです。家庭ごみの6割を占めるといわれているトレーなどの容器包装廃棄物は資源としてリサイクルできます。

とはいえ、昔はトレー回収といえばリサイクル業者が回収することがほとんどでしたが、なぜ多くのスーパーでトレー回収が実施されるようになったのでしょうか。

その理由には、平成7年に制定された「容器包装リサイクル法」が関係しています。

リサイクル法では「食品トレーを製造する業者やトレーを利用して販売している業者はリサイクルする義務がある」といった内容が定められています。

つまり、法律によってリサイクルが義務化されたことで、トレーを利用するスーパーで積極的にトレー回収がされるようになったのです。

身近な場所でトレー回収を行うことは、

  • 廃棄物を減らす
  • 資源を有効活用する

という2つの大きなメリットに繋がっていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

イオンやマックスバリューでトレー回収している種類は?

トレー回収はスーパーによって回収対象になっている種類が異なります。

イオンやマックスバリューなどのイオングループのスーパーでは、下記の種類のトレーを回収しています。

  • 白色トレー(納豆の容器は回収不可)
  • 色柄つきのトレー(店舗による)

トレー回収といっても、回収している容器の種類は少ないです。さらに、お弁当や総菜に使われている色柄つきのトレー回収は、一部の店舗に限られているようです。

イオングループでものなかでも店舗によって回収している種類は違うので、近くの店舗をチェックしてみてくださいね。

イトーヨーカドーやヤオコーで回収している食品トレーの種類は?

イトーヨーカドーやヤオコーで回収しているトレーの種類は「白の発泡スチロールトレー」となっています。※一部店舗では色柄つきのトレーも回収しています。

透明なトレーについてはどの店舗でも回収不可となっていましたが、ヤオコー公式サイトによると、一部店舗で透明トレーの回収も開始されているとのことです。

店頭では発泡トレー、ペットボトル、アルミ・スチール缶、ダンボールの資源ゴミを回収しリサイクルしています。更に、一部の店舗では透明トレーの回収も開始しました。川越藤間店では、ペットボトルの減容回収機を導入。効率的かつ大容量の回収が可能となり、水平リサイクル資源として活用されています。

引用:ヤオコー公式サイト

トレー回収の目的から考えると、ますます多種類のトレーの回収がなされていく可能性は高いと思われます。

できるだけ数多くのトレーが回収されてリサイクルされるようになると嬉しいですね。

スポンサーリンク

スーパーでトレー回収する種類とその後の活用法は?

一般的にスーパーでトレー回収する種類は「白の発泡スチロールトレー」のみであるというのは、先ほど記載したとおりです。

スーパーでは弁当や総菜などに色柄つきのトレーを使用することが多いのですが、回収している店舗は少ないです。なぜなら、素材が違っているため混ざってしまうと資源への再利用が難しくなってしまうからです。

スーパーで回収したトレーはその後、下記の手順でリサイクルされます。

  1. トレーの販売業者が回収して、リサイクル業者に引き渡す。
  2. 違った素材のトレーが混ざっていないか丁寧に分類・チェックする
  3. 異物を取り除き洗浄、機械で粉末にする
  4. 熱や洗剤を使って消毒、脱水後に再び熱を加えて粒状にする
  5. プラスチック原料の「ペレット」が完成する

回収したトレーから作られたペレットは、おもに下記のものにリサイクルされています。

  • 食品以外のトレー・容器
  • おもちゃ
  • 文房具
  • 公園のベンチ

など

トレーにはさまざまな活用法があり、捨ててしまうのはもったいないと感じる資源ですね。

食品トレーでリサイクルできないものは?

食品トレーでリサイクルできないものには下記の種類があります。

  • インスタント麺の容器
  • しめじの容器
  • 納豆の容器
  • P&Pと表示されたフィルムがはがせるトレー
  • プリンやゼリーなどの透明容器
  • 全面にシールが貼ってある容器

環境問題が深刻化している現代では、リサイクルのために食品トレーを分別している人は多いでしょう。しかし、リサイクルをする過程で汚れていたり利用できない素材が混ざっていたりすると、リサイクル業者の負担は大きくなり、思ったように資源を作ることができません。

まずは食品トレーで何がリサイクルできるのかできないのかを把握しておくこと、そして回収に持っていくトレーは必ずきれいに洗って乾かしておくことが大切です。

わたしたちの少しの意識で、食品トレーのリサイクルにかかる負担を減らすことができます。

まとめ:スーパーでトレー回収する理由と回収後の処理方法

スーパーでトレー回収する理由やメリット、そして回収するトレーの種類や回収後の処理方法についてまとめました。

スーパーでトレー回収をするのは「容器包装リサイクル法」によるもので、食品トレーを製造する業者やトレーを利用して販売している業者はリサイクルする義務があるためです。

ただ、店舗で扱っている全ての食品トレーを回収しているわけではないので、店舗ごとに回収しているトレイの種類を確認してから店舗へ持ち込むようにする必要があります。

スポンサーリンク

コメント