ツールバーへスキップ

頭皮がかゆい時のシャンプー選び。子供は何を使えばいい?

スポンサーリンク

子供の頭皮がかゆい時のシャンプー選び

かゆがっているの頭皮の状態はとても敏感になっています。ドラックストアやスーパーで売っている一般的なシャンプーだと刺激が強すぎることがあるので注意した方が良いかもしれません。

夏場だと頭皮が日に焼けていたり、冬だと乾燥で頭皮の状態が敏感になっていることもあります。頭皮をかゆがる時は、ひとまず低刺激用のシャンプーとトリートメントを使用して様子をみるようにしましょう。

また低刺激シャンプーでも商品によっては合わない場合もありますので、シャンプーを替えた時は特に頭皮の状態を確認しておきたいところです。

スポンサーリンク

子供の頭皮のかゆみとフケの原因

子供の頭をブラシでとかしてみたら中から粉っぽいフケが出てきた場合、主に以下の3つの原因が考えられます。

  1. シャンプーやトリートメントが頭皮に合っていない
  2. 冬場の乾燥や夏場の日焼けなど日常生活が原因で炎症を起こしている
  3. (3か月頃までの赤ちゃんであれば)脂漏性湿疹、保育園や幼稚園などの集団生活でかかりやすい頭シラミなどの疾患

脂漏性湿疹は生後3か月までの赤ちゃんが掛かりやすく頭皮が赤くなり、カサカサ頭皮が剥がれ落ちてくる症状がでます。もうひとつの原因として挙げられるが頭シラミ。頭シラミの場合は、専用のシャンプーと専用のクシで駆除が必要です。

症状によって使用する薬も注意も変わってきますので、いずれにしても子供が頭皮をかゆがるようでしたら、皮膚科へ行くようにしましょう。

皮膚科ではどんな治療をすることなるのか

病院では頭皮の状態や日常生活の問診を行い原因を探ります。症状に合わせてかゆみの原因となる薬を処方します。

使用しているシャンプーやトリートメントが原因なら、今使用しているシャンプーを止めて低刺激用シャンプーを使用するように指導があります。必要に応じて病院で推奨する低刺激シャンプーの商品を紹介されることもあるでしょう。

合わせてドライヤーの使い過ぎによる頭皮のダメージを避けるようにします。日焼けや乾燥が原因だとプロペトなどの保湿剤、脂漏性湿疹は汚れが原因なら清潔を保つように指導があり、また真菌が原因であることもあるので、必要に応じてば抗真菌薬が処方されます。一度病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

夏場に頭皮がかゆくなる原因と対策法

子供はたくさん汗をかきます。子供は大人の2倍汗をかくと言われています。加えて頭皮が薄く毛穴が大人にKらべて未発達です。そのため汗をかきやすい上に毛穴が詰まりやすいのです。

詰まった毛穴にばい菌が入り、炎症を起こしやすくなっています。さらに日焼けによって頭皮が炎症を起こし軽いやけどのような状態になっていて、とても敏感になっています。

このように夏場の頭皮はとてもデリケートで炎症を起こしやすいのです。こまめにシャンプーをして頭皮を清潔に保つ必要がありますが、この時のシャンプー選びはとても大切です。

子供の頭皮は大人の半分の薄さなので、出来るだけ頭皮に近い状態で刺激の少ないものを選択しましょう。

またドライヤーのかけ方にも注意が必要です。長い髪の場合、ぬれっぱなしにしておくと頭皮が湿ったままの状態が続き細菌の繁殖の原因となります。ドライヤーの温風と冷風を交互にあてるようにします。早く乾かして頭皮を乾燥させることも大事ですが、熱風だけだと頭皮に刺激が強くなるからです。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です