トマトジュースでシミが消える?薄くなる効果や肌白くなる影響についても

トマトジュースを飲めばシミが薄くなるとか消えると聞いたことがありますが、これって本当なのでしょうか。

「シミ取りクリームを使い続けても消えないのにトマトジュースでキレイにできわけないよね…。」

と思いつつも、もしかしたら…と淡い期待を抱きながら調べてみた結果をまとめました。

結論から言うと、トマトジュースを飲むだけでシミが薄くなったり消えるという結果には結びつくことはありません。

とはいえ、口コミの中にはシミが薄くなったという声があるのも事実。

「信じるかどうかはあなた次第」的な結論になってしまいますが、少なくとも美容的への効果は期待して良さそうです。

その他、どのようなメリットがあるのかについても書いていますので、トマトジュースが気になる方の参考にしていただけたらと思います。

トマトジュースを飲むとシミが消える・薄くなるって本当?

トマトジュースが美容に良いと言われるのは、シミへの効果が期待できるからです。

トマトに含まれる「リコピン」をはじめ「βカロテン」「ビタミンE」といった成分は抗酸化作用をもち、体内の活性酸素を抑え除去してくれる働きをします。

【参考】詳しくはコチラを参照ください↓↓

抗酸化ビタミン
活性酸素の働きを抑える作用を持つビタミンのこと。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなど。

活性酵素は主に紫外線やタバコ、ストレスなどが原因で作られるものですが、体内のメラニンの量を増やしシミの発生に繋がるため、肌には大敵と言えます。

その活性酵素の発生を抑えてくれるため、トマトジュースはシミに効果がありとされています。

ただ、残念なことに出来てしまったシミが消えるほどまでの効果はないと考えられています。

しかしながら、「シミが薄くなった気がする」「ぼやけてきた」という口コミは多くあるので、トマトジュースを飲むことでシミを完全に消すまではいかずとも薄くする効果については「ないとも言い切れない」といったところですが、過度な期待はしない方が良いでしょう。

トマトジュースの肌荒れへの効果と肌白くなる説を調査

トマトジュースを飲むことでこれからできるシミ予防や、できてしまったシミを薄くする効果への期待度について書きましたが、それ以外にも肌荒れの改善や肌を白くする効果はどうでしょうか。

美容効果を期待してトマトジュースを飲んでいる人の口コミにも、肌が全体的にトーンアップした人、ニキビが出来にくくなった人、乾燥しづらくなったという人もいて、トマトジュースが肌に良い影響は大いにありそうです。

また、トマトに含まれるリコピンには日焼けを抑える効果があるため美白効果があると言われていますが、日焼けを抑制する効果はあるとしても、日焼けした肌を白くする効果があるとは言えません。

シミと同様に予防効果を期待して飲むのが良いということですね。

トマトジュースの健康への影響は?

肌に良いトマトジュースですが、それ以外にも良い効果がたくさんあります。

身体の免疫を高める

トマトには、ビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは身体の免疫力を高め、風邪を引きにくくなる等の効果が期待できます。

お通じを整えてくれる

意外にもトマトは食物繊維が豊富なため、便秘の改善にも良い食材です。

高血圧を解消してくれる

美容に良いとして前述のリコピンをはじめ、βカロテン、ビタミンEの抗酸化作用をもつ成分は、血圧を下げる効果も持っています。

糖尿病を予防してくれる

リコピンには、インスリンの働きを促す効果があります。

これによって、糖尿病の原因となる高い血糖値を下げてくれる効果が期待できます。

トマトジュースはいつ飲むのがベストなのか

多くの効果があるトマトジュースですが、いつ飲むのが一番良いのでしょうか。

これについては、どの時間帯に飲むとリコピンの吸収率が良いのかという試験研究が行われ、朝がいちばん効果的とされています。

目安の量についても調べたところ、コップ1杯(200ml程度)のトマトジュースを飲むことで、リコピンの1日あたりの摂取量を満足できることが分かりました。

食事でトマトを食べたりケチャップを使ったりもするため、トマトジュースはコップ1杯、多くても2杯までにしておいたほうが良いでしょう。

トマトジュースは効果なしという意見の根拠は?

トマトに含まれる「リコピン」をはじめ「βカロテン」「ビタミンE」といった成分は抗酸化作用をもち、体内の活性酸素を抑え除去してくれる働きがあることはすでに書いたとおりです。

この効果はすでに証明されているものなので、トマトの摂取によって体内の活性酸素を抑えることは可能であることは確実です。

そのため、トマトジュースは効果なしとは言い切ることは難しいのが実情ですが、もしもトマトジュースの効果によって抑えられる量以上の活性酸素が体内で発生していれば効果を実感できない可能性は高くなります。

その結果、トマトジュースの影響を超える活性酸素の影響が出てくるのは当然で、トマトジュースは効果なしという意見を持つ可能性はあるでしょう。

特にタバコやストレスなどによって活性酸素の量が多い人はこうした点には注意が必要ですね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました