チロルチョコのミルクヌガーの中身は何?味や値段と九州限定でしか売ってない説についても

チロルチョコの元祖「ミルクヌガー味」

今のチロルチョコとは違う形で3つ山タイプで販売されたものですが、一部の地域で販売が続いていて2020年3月2日に全国で販売されることとなり大きな話題となりました。

それでもまだ3つ山タイプのミルクヌガー味を目にしたことがない人も多く、どこに売っているのかと販売されている店を探す人は多いです。

同様に、「そもそもミルクヌガーって何?」と、どんな中身なのか気になることも多いので、ここではチロルチョコのミルクヌガー味の中身についてお伝えしたいと思います。

地域は限られてしまいますが、お得に購入できる販売店についてもご紹介しています。

スポンサーリンク

チロルチョコのミルクヌガーの気になる中身の正体は?どんな味がするのか

発売から50年以上経つ、チロルチョコのミルクヌガー味は今も愛され続けている人気の味の1つです。

美味しいけれど「ミルクヌガーって何?」と思いながら食べている人もいるのではないでしょうか。

チロルチョコにはコーヒーヌガーがあるように、あのキャラメルのような食感の正体がヌガーなのかなと想像することができますが、ヌガーというのは南フランス発祥のお菓子の名前ことです。

  1. 砂糖や水あめを煮詰める
  2. 卵白やナッツ類を混ぜあわせて冷やし固める
  3. ソフトキャンディーが出来上がる

これがヌガーの正体です。

南フランスの伝統的なお菓子で、古くから地元の人たちに愛されています。

このミルクヌガーというソフトキャンディーが、チロルチョコの中身になっているのです。

ミルクヌガーは、ミルキーな味わいの中に砕いたナッツの風味がアクセントになっていて、チョコと合わさってよりマイルドな美味しさに仕上がっています。

チロルチョコになったミルクヌガー、伝統的なお菓子が中身になっていたということなんですね。

スポンサーリンク

チロルチョコのミルクヌガーが売ってない?九州限定からついに全国販売へ!

チロルチョコのミルクヌガーは売ってないという声が多く聞かれますが、どこで買えるのでしょうか。

ミルクヌガーはチロルチョコの元祖であり、1962年に販売された当時のままの3つ山タイプで販売されています。現在の四角いチロルチョコが3つ繋がったような形です。

コンビニで売っている地域もあるようですが、それほど広い地域で販売されていないのでしょう。

また現在のチロルチョコの形をした「ひと口サイズのミルクヌガー」も販売されています。

こちらは販売当初、九州限定だったため買えない人もいました。

ミルクヌガーはチロルチョコの中でも人気の味で、もっと身近に買える場所があったらいいのにと思う人は多かったでしょう。

そして2020年3月2日、「九州限定」から「九州発」というデザインに変更となり、ついに全国販売が開始されることとなりました。

チロルチョコのミルクヌガーの値段は?お得な販売店はどこか

チロルチョコのミルクヌガーの値段は、3つ山タイプだと1個35円です。

また全国販売を開始したひと口サイズのミルクヌガーは、1袋27個入りで税別300円です。

コンビニやスーパー・駄菓子屋などで購入できますが、実は他にもお得に買える場所があるのです。

1度は行きたい、お勧めのチロルチョコ専門店を2つご紹介します。

1.Shopチロルチョコ

2018年3月に秋葉原にオープンしたチロルチョコ専門店で、コラボ商品やグッズなども販売しています。

普段見かけないような、珍しいチロルチョコも数多く並んでいます。見ているだけでも楽しめそうですね。

このお店でも、ミルクヌガー味は人気上位になっています。割引商品になっていれば、お得にゲットできるかもしれません。

2.チロルチョコアウトレットショップ

国内初の工場直販店で、平日でも売り切れてしまうほどの人気のお店です。

その理由は、工場で作られたばかりのものをアウトレット価格で買えることでしょう。

少しキズが入った、などの商品を定価の半額ほどで買うことができます。

味は変わらないので、こんなに安いのは嬉しいですよね。

福岡にありますので近くにいった際は、ぜひ専門店でお得に購入してみてはいかかでしょうか。

参考:チロルチョコの公式サイト

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました