天気予報が外れすぎ!今日の天気すらコロコロ変わるのはどうしてか

晴れの予報だったのに雨が降ってきた…。

最近特に天気予報が外れすぎ!という意見を耳にする機会が増えてきたように感じます。

ひどい時には今日の天気予報すら外れることもありますが、どうして当日の天気の予報すらもコロコロ変わるほどに外してしまうのでしょうか。

外してしまいやすい状況や天気予報の精度について調べてみました。

スポンサーリンク

天気予報が外れすぎな理由は?今日の天気すら外すのはなぜか

天気予報が外れすぎな理由を挙げるなら「天気は自然現象だから」の一言に尽きます。

コンピュータのプログラムによって起こる現象であれば予測もつきやすいですが、天気は自然現象であり現在の技術では100%正確に予想することは不可能だからです。

さすがに、降水確率100%に近い予報なのに晴れるというほど外れることはありませんが、雨が降りそう、曇りそうくらいの予想であれば今日の予報であっても違った結果になることはそれほど珍しくありません。

せめて今日の天気くらい当ててよ!!

と思ってしまいますが、今日の天気を予想することも難しいというのが天気というわけなんですね。

様々な事象から成り立っている天気ですから、ちょっとした変化で天気まで変わるということを考えると自然のスケールの大きさを感じさせられます。

スポンサーリンク

天気予報がコロコロ変わるのはどうして?

天気予報がコロコロ変わるのは大気の状態が不安定な時がほとんどです。

大気の状態がちょっとした変化で変わってしまうので、その時間帯の天気を予想するのはかなり困難な状況になっています。

そうなると、数日先の天気予報を見ていて頻繁にコロコロ変わっているのがわかったら、その時は大気の状態が不安定なので予報と異なる天気になる可能性がいつもより高いと思っておいた方が無難です。

予定の変更や雨具の準備など事前に備えるきっかけにもできるでしょう。

天気予報が雨から晴れに変わるのは良くあることなのか

雨だと予想されていたのに急に晴れの予報に変わった。

天気予報では良くあることです。

1週間予報など遠い予報であればなおさらです。

大気の状態が安定している時であれば数日先くらいまでは確率良く当てられていますが、大気の状態が不安定だと1度出した予報と全く違う予報に簡単に変化します。

旅行や外出の予定など1週間先などの天気を知りたいケースは多いですが、雨から晴れに変わるほど予報は変化するので一喜一憂せずに変化の動きを見ている方が良い情報として活用できるはずです。

スポンサーリンク

天気予報が当日や直前で変わるのは仕方ない?

これまで書いてきたとおり、自然現象である天気を予想することはかなり難しいので、当日や直前であっても天気予報が変わるのは仕方ないと言えます。

晴れの予報で雨が降ったりすると困ることもありますが、天気予報は完全なものではなくあくまでも予想だと考えておくと、天気予報が外れてもイラっとくることもなくなるでしょう。

当日や直前で変わるということは、大気の状態が不安定である可能性が高いので、急激な天気の変化に気を付けようと考える方が天気予報を上手に活用できると思います。

まとめ

屋外での活動や旅行などの予定を立てる際にも天気予報は参考にしたいですが、自然現象である天気を確実に予想することは不可能なので予報は変化するものです。

特に大気の状態が不安定であれば、今日の天気すら当たらないことも珍しいことではないので、鵜呑みにしないように活用したいところです。

雨の予報が晴れに変わることもあるくらい変化の激しい時期もあるので、直前まで天気予報の変化には注意しておいた方が無難です。

気象予報士の言葉でも大気の状態に触れることがあるので、こうした言葉も聞いたうえで参考にするのが良いでしょう。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です