ツールバーへスキップ

縦割り110番とは?意味や目的と投稿(通報)の方法についても

画像引用:行政改革目安箱(縦割り110番)のページ

河野行政担当相が就任早々に運用を開始した縦割り110番に一気に意見が押し寄せられて一時停止する事態となりました。

運用初日から大きく注目されていた縦割り110番ではありますが、このニュースでさらに注目度が高まる結果となったようです。

その結果、

「縦割り110番ってどんな意味なの?」
「どんな目的で作られた仕組みなの?」
「投稿方法は?」

と、気になり始めた人も多く、今後はさらに注目されていく仕組みとなっていく可能性があります。

ここではそんな大注目の「縦割り110番」についてわかりやすくまとめてみましたので、気になる方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

縦割り110番の意味や目的とは?

縦割り110番とは、規制や行政の縦割りについて国民から意見を募るシステムで、昔で言うところの目安箱のような意味を持つものです。

日常の生活で感じる縦割り行政による不便さや不満を投稿することで、縦割り行政の弊害を解消していくことが狙いとされています。

菅内閣で行政改革担当相に就任した河野大臣が就任早々設置したシステムで、河野大臣の公式サイト上に設置されています。

縦割り行政による弊害って結構感じることがあると思いますけど、すぐにパっと思いつかないという人は多いかもしれません。

「お役所仕事だから仕方ない」

とか諦めている人はきっと多いでしょう。

これからは縦割りの弊害を感じたらすぐに縦割り110番へ投稿(通報?)しようと思ってます。

ちなみに、規制に関することも募集しているとのことなので、意味のない規制で困っている方の声も聞き入れてくれる可能性がありそうです。

スポンサーリンク

投稿(通報)の方法について

投稿の方法はとても簡単です。

内閣府共通意見等登録システム(縦割り110番)のページから投稿するだけ。

設置当初は河野大臣のサイトに設置され、瞬く間に4000通もの投稿(通報)があり一時閉鎖されることとなりました。その後は内閣府のページへ移行されましたが、投稿方法としては変わりはありません。

個人的な感想としては、内閣府のページに移った途端にお役所仕事臭が強くなってしまったような気がしますけれど…。

縦割り110番への期待は?

役所へ行って手続きをする際に各署へたらい回しにされたり、1つの目的のために複数の場所で行う必要があるといった不便さの解消を期待する声が多いようです。

役割分担や組織の見直しなどによって行政の仕事がより効率よくなる可能性もあるでしょう。

行政サービス利用時の不満解消だけでなく、意味を感じないような規制(色々と多そう)の改善も期待したいところです。


これからの日本の政治の話をしよう【立ち読みできます】

スポンサーリンク

まとめ

それにしても、大臣就任早々に新設して運用開始するスピード感を見ても期待が持てます。

ずっと長い間、行政の縦割り的な仕組みに不満を感じることがありましたが、そういった思いを簡単に陳情できる仕組みができたのはありがたいですね。

縦割り行政による弊害などについて意見を伝えたい場合は、内閣府のページで投稿(通報)できます。

こうした意見によって世の中の仕組みが変わり、より良い状態になっていくことを願っています。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です