ツールバーへスキップ

宅配ピザは冷凍してどれくらい日持ちする?美味しい保存や解凍方法も

宅配ピザをついつい注文し過ぎて余ってしまうことってありませんか?

今までは無理して惰性で完食していましたが、最近は冷凍保存して日を改めて食べることにしています。

日を改めると惰性で食べるよりもちょっと得した気分になれちゃいますしね^^

ただ、冷凍や解凍のやり方によっては風味を大きく損ねてしまうこともあるので、ここでは宅配ピザを上手に冷凍・解凍する方法と、どれくらい日持ちするかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

宅配ピザは冷凍してどれくらい日持ちする?

冷凍なので1ヶ月以上は日持ちしますが、やはり冷凍保存の期間が長くなると風味は損なわれるので長期間の保存は避けた方が無難でしょう。

長期間の冷凍保存だと冷凍庫の臭いがうつったり、霜がついたりして味を損ねてしまうので注意が必要です。

目安としては2~3週間の冷凍保存であれば大きな劣化はないので美味しく食べられます。

保存食として宅配ピザを冷凍保存する人は少ないと思いますので、できるだけ風味を損なわないで食べられる2~3週間が日持ちの目安として考えて良さそうです。

スポンサーリンク

宅配ピザの美味しい冷凍保存

冷凍の方法だけでも解凍後の味が大きく異なります。せっかく冷凍するならまた美味しく食べられるような冷凍保存をしておきたいですね。

美味しい冷凍保存のためには、まずは冷凍するピザを完全に冷ませます。

温かい状態で冷凍をすると蒸気でべちょべちょになったり、冷凍庫の温度を高めてしまう危険性があるので要注意です。

冷めた宅配ピザは、アルミホイル(家にオーブントースターがある人向け)でくるんで、匂い移りが気になる方は更にラップ(電子レンジしか無い場合はホイル無し)か密閉袋にしまって冷凍庫に入れます。

保存スペースのことや解凍して食べる時のことを考えると、1枚ずつ別々に包んで冷凍保存すると便利です。

凍らせる時のちょっとした工夫は、ピザがある程度凍るまで、冷凍庫の温度を若干低くして、急速に冷凍するのが新鮮さを長持ちさせる方法です。凍ったら冷凍庫の温度は元に戻しちゃってOKです。

冷凍した宅配ピザの美味しい解凍方法

急速に凍らせたピザを美味しく解凍する方法は、これまた一気に冷凍からあつあつになるまでの時間を短くするのがコツです。

一番良いのが適度に温めて余熱のあるオーブントースターに、ラップをはがしてホイルにくるんだままオーブンかオーブントースターでチンします。

ホイルをはがしてしまうと、温めてる途中で表面が焦げて、生ぬるく焦げた仕上がりになってしまいますが、アルミホイルでくるんであれば、直火に表面が当たらないので、中からじっくりあたたまります。

理想をいうと解凍された頃にホイルの上面をはがして温めると、外はカリッとして、中は水分が保たれているのでふんわりした状態で食べられるので最高の解凍方法となります。オーブンやオーブントースターが無い人は、サランラップのまま皿にのせてオートモードの電子レンジが無難でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

宅配ピザの冷凍保存の良さは、違う日にまたピザを楽しめるところにあります。

「冷凍庫にピザがある」

って、かなりテンションが上がりますよね(笑)

しかも、冷凍食品ではなくて宅配ピザですし^^

風味を損ねない冷凍のコツとしては、ピザを冷ましてから冷凍することと解凍して温める時に便利な方法で包んで冷凍すること。におい移りのことも考えて、ラップや密閉袋に入れておく方が無難です。

これさえ確実にやっておけば、好きな時にまた美味しいピザが食べられます。

そう考えると多少の面倒臭い作業もぬかりなくできるかもしれませんね。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です