宅配ボックスの暗証番号の間違いでロック!解除方法やナンバーがわからない・開かない時の対処法


コロナ渦でお店で買い物をするよりも、アマゾンなどのネット通販で買い物をする機会が増えました。

Amazonや楽天など、ネットで大体の物は買うことができ、数日以内には自宅に届くのでとても便利ですよね。

しかし面倒なのか荷物の受け取りです。ソーシャルディスタンスで対面で受け取りをしなくても、玄関前に置いてくれる置き配サービスがありますが、宅配ボックスがあればそちらを使用したほうが安全に荷物を受け取れますよね。

そんな宅配ボックスについて、暗証番号が分からなかったり間違いによって開けられない時の対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

宅配ボックスの暗証番号を間違えた!ロックされてしまった時の対処法

宅配ボックスをいざ開けようとして暗証番号を押してもなぜか開かない…

焦ってしまいますが、まずは落ち着きましょう。

不在表などを確認して番号を押したけど開かない場合、配達員さんが暗証番号のセットを間違えてしまった可能性があります。

例えば「2222」とセットしたつもりだったけど、実際には「2221」などどこか一つが違っている場合がほとんどなのだとか。

この1桁ずつ、隣り合わせの数字を一つずつ試していくと8割以上の確率で方開くのだとか。

配達員さんも忙しいですから、ダイヤルを間違えてしまうことももちろん考えられますもんね。冷静になってこの方法を試すとすぐに開くかもしれません。

スポンサーリンク

宅配ボックスのロック解除(リセット)する方法は?

ご紹介した方法で番号を何度も試したけれど、それでも開かない場合、リセットする方法も考えられます。

賃貸の場合、管理人さんが宅配ボックスのマスターキーなどで解除をしてくれるので、連絡してみましょう。

戸建ての場合は、宅配ボックスの取扱説明書を読んでリセット方法を探します。

それでも分からない場合は、メーカーに問い合わせてみましょう。

Amazonからのメールに宅配ボックスの暗証番号が書いていない時の対処法

Amazonで宅配ボックスでの配達を依頼すると、配達完了メールで暗証番号を知らせてくれるのはずなのですが、書かれていない場合は問い合わせるのが得策です。

Amazonの注文履歴からお問い合わせ番号尾確認できるので、配達業者に電話をかけ問い合わせ番号を伝えて配達員さんに確認してもらいましょう。

もしくはある法則性を予想して暗証番号をいくつか入力すれば開くかもしれませんが、問い合わせするのが早いと考えます。

スポンサーリンク

ヤマト運輸などで不在票なしだと暗証番号はわからないのか

宅配ボックスに荷物が届けられると、配達員さんは連絡票を入れて暗証番号を伝えますが、この連絡票が無かった場合、これも配達業者に連絡して確認することをお勧めします。

最近では紙媒体ではなく、メールやラインでのお知らせも増えてきました。

連絡票が無い場合、メールなどで連絡が来ていないか一応確認すると良いかと思います。

宅配ボックスの番号が書かれた不在票を紛失してしまったら?

こちら側のミスで、宅配ボックスの暗証番号が書いてあった不在票を無くした場合も同様に対処することになるかと思います。

まずは配達業者に連絡し配達員さんに暗証番号を聞きましょう。

もし、設定した番号を忘れてしまっている場合は、管理会社や自宅であれば宅配ボックスのメーカーに問い合わせるなど、リセットを試みましょう。

今回ご紹介したのは、配達員さんが暗証番号を設定するタイプの宅配ボックスです。

中には、宅配ボックスの持ち主が事前に番号を設定し、配達員さんは何も設定しないタイプもあります。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です