体重計の筋肉量はあてにならない?測定の仕組みやタニタの筋肉量が多すぎるという説についても

体重だけでなく体脂肪率や筋肉量を測ることができる体重計って、何で体重以外も測定できるの?と不思議に思う人も多いでしょう。

体重は正確としても、筋肉量などは果たしてどこまであてにできるのか疑問です。

「体重計で測定する筋肉量や体脂肪率って正確なの?」

こうした疑問を解決するために、どのような仕組みで筋肉量は測定されているのか、測定の仕組みや誤差について調べてみた内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

体重計の筋肉量はあてにならないのか?

体重や体組成は一日の中でも常に変化しています。特にこれは体内の水分量に関係します。

運動したりお風呂に入った後だと、汗をかいているので体内の水分量は少なくなります。

反対に食事や飲酒後は水分量が多くなります。

体内の水分量の増減によって体重計の電気抵抗値に影響を与えてしまうため、測り方によっては正しい筋肉量などの数値が出なくなってしまいます。

その面から見ると「体重計で測る筋肉量はあてにならない」という声があるのも否定できません。

体内の水分量の差が開いているタイミングで測定した場合、同じ日に測定しても筋肉量の差が大きく異なることがありますが、その理由はほとんどがこれです。

「だから体重計の筋肉量はあてにならない」と考えるか、「少しでも正確に測るために毎日同じタイミングで測定する」のかは個人の考え方によっても異なるでしょうけれど、少なくとも食後や入浴後、運動後は避け、朝起きた時や寝る前に測定することで、「あてにならない」ほどの誤差を生じることはないことは確かです。

スポンサーリンク

体重計で筋肉量はなぜわかるのか?測定の仕組みについて

タニタの公式サイトを見ると、体組成計の原理について詳しい記載がありました。

そこによると体組成計は「生体電気インピーダンス法」という方法を応用して計測しているとのことです。

事前に入力した身長、年齢、性別といった情報と、実際に測定した体重と電気抵抗値を組み合わせて測定しています。

電気抵抗値とありますが、体に微弱な電気を流して電気の流れやすさを計測しています。

脂肪は電気をほとんど通しませんが、筋肉は電気が流れやすいという特性をうまく利用しています。

体重計に乗るだけで筋肉量や体脂肪率が分かってしまうのは少し疑問でしたが、電気を体に流してその流れ具合で測定しているのは納得ですね。

タニタの体重計の筋肉量が多すぎるのでおかしい?

タニタの体重計だと筋肉量が多く測定されるという口コミがあったので念のため調べてみたところ、タニタ公式サイトに回答が記載されていました。

測定できる筋肉量については一般的な筋肉以外に平滑筋(内臓など)や体水分も含んでしまう為、多めの数値が出るという事です。

体重計では実際に体脂肪や筋肉量を直接測定している訳ではなく、電気の流れによって測定しているので、きっちりと正確に数値を出すのは実は難しいのかもしれませんね。

なるべく毎日同じ時間に、極力同じような服装で、安定した体調の時に測定し、参考値として確認する程度にしましょう。

多少の誤差は仕方ないですが、継続的な測定で、自身の体の傾向をつかむことができます。

スポンサーリンク

まとめ

体重計による筋肉量の測定はあてにならないほど不正確な数値が出ることはなく、参考として健康増進に活用できるほどの数値が出ることがわかりました。

計測方法としては「生体電気インピーダンス法」という方法を応用して計測電気抵抗値を組み合わせており、体の水分などによっても数値に影響を及ぼすので、毎日同じ時間に同じ条件で計測するのがブレの大きくならない計測方法と言えます。

 

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です