食パンの消費期限切れもカビ生えてないなら食べられる?食中毒の危険性や冷凍保存についても

 

食パンは消費期限切れでもカビ生えてないなら食べて良い?

食パンはカビが生えていなくても、消費期限を過ぎたら食べないようにしましょう。

「見た目が問題なければ大丈夫!」と、何気なく食べている人は注意してくださいね。

カビには目に見えるものとそうでないものがあります。

見える部分はカビの胞子で、菌糸の部分は目に見えません。

見えるカビだけを取り除いて、他の部分を食べたという経験がある人もいるのではないでしょうか?

パンのカビを発見したときには、すでに見えないカビが全体に広がっている状態です。

期限切れですぐにカビが生えてくるわけではありませんが、1つの基準として期限を守ることで安心して食べられます。

カビが目に見えないことを考えると、期限切れの食パンを食べるのは避けるべきでしょう。

そうは言っても、食パンはすぐに期限が切れてしまいますよね。

常温保存のため他の食品と比べても劣化が早く、食べきれないことも多いのではないでしょうか。

ネットの口コミを見ると、食パンを消費期限切れで食べたという声が多く見られます。

食パンの消費期限切れから10日たったら食べるのは危険?

「そのうち食べると思って取っておいたら、消費期限が10日も過ぎていた……」

捨てるのはもったいないけど、食べるのもためらってしまうでしょう。

消費期限切れから10日たった食パンは、カビが生えている可能性が高いです。

見た目が大丈夫でも劣化が進んでいるため、食べるのは控えましょう。

「さすがに廃棄した」という声がある一方で、気にせず食べている人には次のような理由があります。

  • 消費期限切れでもトーストすれば大丈夫
  • ジャムなどをたくさんつければあまり気にならない
  • カビがなければ食べる

確かに消費期限切れですぐにカビが生えるわけではありません。

気候や保存状況によって劣化の早さは変わりますが、まずは消費期限を守り、1日でも過ぎたら食べないことをお勧めします。

自己責任で食べている人もいますが、食中毒の危険もあるので注意しましょう。

消費期限切れのパンで腹痛!これって食中毒?

「風邪じゃないのに腹痛と吐き気も……」もしかしたら消費期限切れのパンが原因かもしれません。

パンの見た目に変化はなくても、日が経つにつれ、品質は落ちていきます。

食パンに生える主なカビの種類は、青カビ・黒カビ・赤カビ・クモノスカビの4種類あります。

表面がねばねばして、酸っぱい匂いがしたら注意してください。

食中毒やアレルギー反応を起こすことがあります。

さらに、パンをトーストしてもカビは死滅しないことを知っていますか?

消費期限切れでカビが生えると、ノロウイルスやロープ菌による食中毒の危険が高くなります。

「少し期限が過ぎただけだから大丈夫」と、消費期限切れのパンを食べた経験がある人は多いのではないでしょうか。

いつもは平気でも体調によって腹痛を起こしたり、食中毒を起こしたりすることがあります。

パンは買ったらすぐに食べるか、食べきれないときは冷凍保存がお勧めです。

食パンを消費期限切れ当日に冷凍!消費期限切れのあとも食べられる?

食パンは、冷凍すれば1か月保存できます。

消費期限切れ当日に冷凍しても大丈夫ですが、品質が落ちてしまうので2週間以内に食べきりましょう。

食べきれないと思ったら、買ってきてからなるべく早く冷凍することをお勧めします。

冷凍していた食パンの消費期限切れを心配する人もいるでしょう。

冷凍していた場合は表示されている食パンの消費期限は変わるので、気にせず食べられます。

解凍してから放置しておくと、劣化が進んでしまうので注意してくださいね。

食パンを解凍したら、トースターで焼くなどしてすぐに食べるようにしましょう。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。