スタバのコーヒー豆は挽いてくれる?人気の豆や買い方とスーパーとの違いについて

今や全国に店舗があるスタバ。

スタバで飲むコーヒーも美味しいですが、コーヒー豆を買って自宅で美味しいコーヒーを飲む用にコーヒー豆も売られています。

また、スタバ店舗以外にも、スーパーやコンビニ、コストコでもスタバのコーヒー豆が売られているのを見かけるようになってきました。

ここではそんなスタバのコーヒー豆について、購入時に豆は挽いてくれるのか、スーパーで売っている豆との違いなど、気になる点についていろいろと調べてみたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

スタバでコーヒー豆は挽いてくれる?買い方の流れをチェック

スタバでは購入したコーヒー豆を無料で挽いてくれるサービスがあります。

全国の店舗で行っており、全種類の豆が対象です。

コーヒー豆を挽いてもらうには、まずスタバのコーヒー豆を店舗で購入します。

その際に店員さんに「コーヒー豆を挽きますか?」と聞かれます。

挽き具合も選択することが出来る(なんと13種類から選べる!)ので、好みにマッチした挽き方で用意してくれます。

挽き具合がどれくらいがいいのか分からない場合、どのように抽出するかを伝えれば、店員さんのベストな挽き具合で挽いてくれます。

あとは数分待てば挽いたコーヒー豆を受け取れます。

自宅にコーヒー豆を挽く機械が無い方は、こういったサービスがあるのはとても嬉しいですね。

もちろん、自宅で挽く方はコーヒー豆をそのまま購入することも可能です。

スポンサーリンク

スタバの人気コーヒー豆は?

スタバでは様々なコーヒー豆が売られているので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

分からない場合、店員さんに相談してみると、色々とアドバイスがもらえます。

参考程度にお勧めとしては、酸味のあるすっきりとしたコーヒーがお好きな方は、スターバックスウィローブレンド、スターバックスライトノートブレンドなどが良いです。

アイスコーヒーをよく飲まれる方はケニア、酸味が苦手な方はスマトラ、コモドドラゴンブレンドなどのダークローストの豆を選んでみると良いかと思います。

好みのコーヒー豆が見つかったら、そのまま飲むも良し、自分の好みの割合でブレンドして飲むのも楽しいですね。

スーパーに売っているスタバのコーヒー豆との違いはある?

スタバのコーヒーはスターバックス店舗以外にもコンビニやスーパーでもよく見かけます。

店頭まで行かなくても近くのスーパーやコンビニでスタバのコーヒー豆を手軽に買えるのは便利ですが、店舗で売っているコーヒー豆との違いはあるのでしょうか。

結論から書くとコーヒー豆自体に違いはありません。

ただ、スーパーなどで買えるコーヒー豆は、すでに挽いてある状態で粉になっているので、挽き具合を選ぶことはできませんし、挽きたてに比べて酸化が進んでいるので味が劣化している可能性は高いです。

また、オリガミというペーパーフィルターが付いているタイプの物もあって簡単にコーヒーを淹れられるようなタイプもあるので、メリットデメリットを考慮して選ぶようにしたいところです。

スポンサーリンク

コストコでスタバのコーヒー豆が買える!

コストコでもスタバのコーヒー豆を買うことができます。

中にはコストコとスタバのダブルブレンドのコーヒー豆を買う事もできます。

さすがコストコ!というほどの量が入っているので、毎日コーヒーを飲む方や家族で飲む方にとっては、コスパの良いコーヒーを買うことができます。

コストコで買うのと、スタバで買うコーヒー豆の違いについてはありませんが、スタバで買う豆のほうが小ロットになるので新鮮かもしれませんね。

コスト面で比べると圧倒的に安く買えるのはコストコであることは間違いありません。

スタバのコーヒーはまずい?

スタバのコーヒーを店舗で飲んだ際、まずかったという話を聞くことがあります。

一口でコーヒーと言っても、いくつかの味のタイプがあって好みのコーヒーは人それぞれなので、苦手なタイプの味を飲んだ可能性があるでしょう。

例えば、コクのある香ばしいコーヒーが好きな人が酸味のあるフルーティーなコーヒーは苦手だというように、コーヒーのタイプによって美味しく感じたりまずく感じることはよくあることです。

自分の好きなタイプを選んでもなお、スタバのコーヒーはまずいと感じるのであれば、その人にとってスタバのコーヒーはまずいということになるのでしょうけれど、一般的には美味しいと評判のコーヒーショップであることは人の入りを見ても想像に難くないですね。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です