すき家のカレーが変わった?美味しくなったよりまずくなったとの評判が増えたのは本当か

2020年にすき家のカレーがこれまでと変わったと評判になりました。

すき家といえば牛丼ですが、カレーもひそかに人気のメニューでよく食べているという方も多いのではないでしょうか。

一体すき家のカレーはどのように変わったのか、美味しくなったのか、まずくなったのか口コミを含め調べてみました。

スポンサーリンク

すき家のカレーが変わった?

すき家のカレーといえば野菜やビーフなどがゴロゴロと入った、具沢山のカレーでした。

しかし2020年8月より、このカレーが大きく変わり、欧風カレーとなりました。

具が無くなり、カレーに具が溶け込んだカレーとなったわけです。

野菜がゴロゴロと入ったカレーって、家庭のイメージで懐かしさというか安心感というか日本人には馴染み深いカレーというイメージがあります。

しかし、流行りなのか野菜やお肉がルーにしっかりと溶け込んだカレーも最近よく目にします。スーパーでも横濱カレーという愛称で少し高級志向のカレールーが売られていますよね。

また、お洒落なレストランや喫茶店でカレーを頼むと、横濱カレーに似た欧風カレーが出てくることが多いイメージです。

カレーののみでなく、これまで茶色だったお皿が白色に変化しています。

見た目も、よりお洒落になった感じですね。

スポンサーリンク

すき家のカレーは改悪?まずくなったのか、美味しくなったのか

すき家のカレーが変わったことについての意見は様々で、美味しいという声もあれば、まずくなったという声もあります。

美味しくなったという声は、

『よく味わって食べるとルーに溶け込んだ野菜や肉のうまみを感じられて美味しい』

という意見がありました。

まずくなったという意見は

『具なしでただの辛いだけのカレーのように感じる』
『スープみたいにシャバシャバであまり食べ応えがない』
『前のほうがダシのうまみもあって美味しかった』

などなど、まずくなったという意見は色々とありました。

すき家と言えば日常的に行く人も多いかと思うので、慣れ親しんだこれまでのカレーが急遽変わってしまい、悲しむ声も多いです。

あと、牛丼との相性を見ても前の方が良かったという声もありました。

やはりあの具がゴロゴロと入った特徴的なカレーを求める声は多いようです。

すき家のカレーの評判は「まずくなった」の方が多い?

様々な意見がありますが、全体的に見ると『まずくなった』もしくは『前のカレーのほうが良かった』という意見が多いように思います。

洋風のお洒落でシンプルなカレーにはなりましたが、具が無いのは見た目も寂しさを感じ、物足りなさを覚えてしまうのも無理はありません。

また、あまり噛まずに食べる方にとっては何の引っかかりもないカレーになってしまっているのではないでしょうか。

具が無い欧風カレーの良さもあるのでしょうが、日本人にはあまり親しみがないのかもしれませんね。

しかし、こちらのほうがカレーのうまみを感じらるので、よく味わって食べると美味しいという声もあります。

すき家は時間がない方も手軽に食事をすることができるので、急いで食べる方が多いと思います。

しかし新しいすき家のカレーに関してはゆっくり味わって食べたほうが、もしかしたら美味しく感じるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

牛丼チェーン店もカレーを出す店が増えて、各社ともにカレーにも力を入れているのがよくわかります。

その一環としてすき家でもカレーが変わりましたが、賛否両論がありますね。

どちらかというとまずくなったという意見が多いような印象を受けますが、もちろん美味しくなったという肯定派もいるので、まだ変更後のすき家のカレーを食べたことがない方は是非試してみてください。

スポンサーリンク

 

 

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です