ステンレスボトルにコーヒーはダメ?においや汚れの落とし方についても

一日に何杯もコーヒーを飲む方や、移動が多い方はステンレスボトルにコーヒーを入れて持ち歩きたいと感がる方は多いかもしれません。

そうすれば毎回コーヒーを買う必要も無くなり、カップを都度捨てなくてもいいのでお財布にも環境にも優しいですね。

しかしステンレスボトルにコーヒーを入れても大丈夫なのでしょうか?

風味の劣化のほか、におい移りや汚れの対策など気になることを調べてみました。

スポンサーリンク

ステンレスボトルにコーヒーを入れても大丈夫?

ステンレスボトルにコーヒーを入れてダメという事はありませんが衛生面などで注意が必要です。

とくに温かい飲み物は雑菌が繁殖しやすく、一日持ち歩くだけでもかなり多くの菌が繁殖してしまいます。

しっかりと除菌したステンレスボトルならまだ良いかもしれませんが、ただ洗剤で洗っただけのステンレスボトルでは雑菌も増えやすい状態にあると言えます。

しっかりと除菌し、コップに移して飲むなど工夫をすれば温かいコーヒーをステンレスボトルで持ち歩くこともできそうです。

アイスコーヒーにすればもう少し安心ですね。

スポンサーリンク

ステンレスボトルに入れたコーヒーはまずいか

コーヒーは酸化しやすい食品です。

コーヒーは挽きたてが一番美味しいですが、それはコーヒーが酸化しやすい飲み物であることが理由です。

そのため、ステンレスボトルに入れて数時間も経過したコーヒーはかなり酸化が進んだ状態なので、まずいとまでは行かないまでもあまり美味しいとは言えません。

美味しさの面から見ると、ステンレスボトルに入れて温度を保てているとはいえ、酸化は進んでいくため長時間保存せずなるべく早く飲む方が良いです。

ステンレスボトルにコーヒーを入れるとにおいがつく?

ステンレスボトルにコーヒーを入れると匂いも気になります。

コーヒーは香りが強いのでステンレスボトルに匂いが付いてしまう事があります。毎日食器用洗剤で洗っているだけでは取れないことも多く、少し工夫が必要です。

ついてしまった匂いは、重曹や塩素系漂白剤、お酢など、様々な除去方法がネットに上がっているので、除去の際には参考になります。

コーヒーを毎日入れているのであれば気になりませんが、お茶など違う飲み物を入れた場合、コーヒーの匂いはやはり気になるものです。

コーヒーとそれ以外でボトルを分けるようにすれば全く問題ありませんが、種類の異なる飲み物を入れる場合には注意が必要です。

スポンサーリンク

コーヒーだけでなく牛乳も含む場合は特に要注意

コーヒーに牛乳を入れたい場合は特に注意が必要です。

乳製品は温度にもよりますが何時間も持ち歩くと、水筒の中で腐っていきます。

さらにミルクのたんぱく質や脂肪分、唾液なども腐敗の原因になってしまいます。

ミルクに限らずコーヒーフレッシュやクリープ等の植物油脂由来の食品とコーヒーは、時間の経過と共に冷めて分離してしまうので、飲んだ時の舌触りも良くないでしょう。

牛乳を含んだ飲み物をボトルに入れて持ち歩くのは、安全面と風味の観点から見ても極力避ける方が望ましいと言えます。

ステンレスボトルのコーヒー汚れの落とし方

ステンレスボトルにお茶やコーヒーを入れて毎日使っていると、毎回洗剤で洗っていたとしてもなかなか落としきれないために、茶渋や着色汚れは溜まってしまいます。

そのように溜まった汚れを落とすには漂白洗浄が一番です。

洗浄方法はとても簡単で、お湯に漂白剤を入れ、数時間付け置きしておくだけでOKです。

黄ばんでいたのが、面白いくらい綺麗になるので是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です