SNSやってないのは怪しい・おかしい?やらない人はかっこいいとモテるのは本当か

SNSやってないのは怪しい・おかしいと思われる?

SNSが普段の生活にまで普及している現在、中には「SNSやってないのは怪しい・おかしい」という考えを持っている人がいるのも事実です。理由としては以下のような考えが挙げられます。

  • 毎日何をしているのか分からない
  • 情報がないので謎なイメージがある
  • 人とどのように連絡を取っているのか気になる

特にSNSの中でも、LINEをやってない人は「ちょっと変わっている人」という印象になり、怪しい・おかしいと思われてしまうようです。

このような口コミを見ると、人の目を気にするあまりにSNSくらいやったほうが良いのかな…と考える人もいるかもしれません。

その一方で、インスタやツイッターなどのSNSをやらない人に対しては、悪いイメージよりも良いイメージを持っている人を持っている人もいて、中には「SNSをやっていない方がモテる」とさえ考えている層もいるほどでです。

SNSに対する様々な意見について、もう少し詳しく調査してみた結果を以下にまとめます。

SNSやらない人はかっこいいとモテるのは本当?理由はルックスよりも内面にあった!

SNSをやらない人がモテるケースがあるのは本当ですが、だからといってSNSを辞めればモテるわけではありません。

勘違いしてしまいそうですが、直接の理由ではないのです。

SNSをやっていると、どうしても画面を見る時間が増えてしまいますよね。また、どのような内容にするか考えたり写真を選んだり、1日にSNSを使う時間は自分で思っているよりも多いでしょう。

その一方でSNSをやらない人は、ほかのことに多くの時間を使えます。

旅行やスポーツなどアクティブに活動できて、常にスマホをチェックしている人に比べると会話の幅も広がるのではないでしょうか。(あくまで可能性として)

もちろんSNSをしている人にも素敵な人はたくさんいますが、写真映えを気にしたり更新に振り回されたりしない余裕がかっこいいと魅力的に感じる面はあるでしょう。

また、SNSをやらない人は周りを楽しませる会話やコミュニケーションスキルが高い人が多く、内面が理由でモテる人が多いのです。

インスタやってないのは時代遅れ?SNSやってない女の子の共通点についても

「インスタやってないのは時代遅れなのか?」年代問わず、悩んでいる人は多いようです。

ですが、そもそも時代遅れと考えてしまう周りの認知が間違っているのではないでしょうか。いろいろな所から情報を得られる時代ですから、インスタをしなくても最新のトレンドは分かります。

2020年度の総務省による調査では、SNSをやらない人は全年代で56%とされていて、若年層や老年層も含めた数値なのであくまでも参考ですが、時代遅れというほどの数値ではないように感じられます。

SNSはあくまでもコミュニケーションツールの一つに過ぎず、周りの価値観に流されることなく自分の考えを持って選択して欲しいと思います。

また、SNSをやってない女の子の共通点には、承認欲求が弱いことがあるという指摘があります。SNSで自分の容姿や主張を認めて貰いたい欲求を満たすためにSNSの評価に依存してしまう傾向にあります。

その一方で、SNSをやってない女の子は実際の生活の中で周りから認められていると感じ、承認欲求が満たされている共通点があると言われていますが、SNSをやることの心理を考えると頷ける分析と言えます。

「SNSやってない」と嘘をつく人は多い?納得の理由とは

インスタやツイッターのSNSを「やってない」と嘘をつく人は意外と多いようです。

実際はやっていても、あまり身近な人間関係において知られたくないと感じる人が多く、主に以下のような理由が挙げられます。

  1. 会社の人にプライベートを知られたくないから
  2. アイドル・アニメ・漫画などの趣味を隠したいから

SNSは自分の好きなことを隠さず発信できる場所であると同時に、知り合いにはバレたくないと思う人がいます。確かに、仕事でプライベートを聞かれるのは抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

SNSは、知り合いではない不特定多数だからこそ、発信できるものがあるのかもしれませんね。

SNSしない人は賢い?やらない人が羨ましいと感じるのはなぜか

SNSをしない人は賢いと言われることが増えてきた印象があります。

理由としては、SNSに時間を使うより、もっと有意義な時間の使い方を考え自分に必要な情報をうまく収集できる人が多いからというのが大きいです。

生活のなかで、無駄なく行動できる賢さがあるのでしょう。

SNSをやっている人のなかには、やらない人が羨ましいと感じている人もいます。好きでやっているのではないのかと疑問に思ってしまうところもありますが、やっていくうちに違和感を感じている人も少なくありません。

SNSの投稿を見ていると、わずらわしいと感じたりストレスが溜まったり、友達が何をしているのか気になってチェックしてしまうのが負担になってしまう人もいます。

SNSを始めなければ感じることがなかった負の感情や負担を実感することで、SNS疲れといったネガティブな側面を認識している人が増えていると言われています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました