プラダのナイロンバッグは流行遅れ?時代遅れでダサい・おばさんっぽいという評判について

画像引用:amazon

90年代に大ヒットしたプラダのナイロンバッグですが、2023年の現在では流行遅れのダサいアイテムになってしまったのでしょうか?

30年以上も前の流行ですから古臭いイメージがついているかと思いがちですが、今でも流行遅れと感じさせないばかりか、人気が再燃する兆しすら見えているほどです。

ここではプラダのナイロンバッグに対する世間の見方や評判について調べた内容をまとめているので、流行が気になる方は参考にしてみてくださいね。

目次上 マネタイザー

プラダのナイロンバッグは流行遅れで古い?

1978年に誕生したプラダのナイロンバッグは、90年代に日本で大ヒットしました。

当時のイメージが残っていると、いまさら使っても「流行遅れで古いのでは」と感じてしまう人も多いと思います。

結論から言うと、プラダのナイロンバッグは、最近も雑誌で紹介されたりランウェイにも登場したりと今もなお人気の商品です。

さらに、使っている人が「流行遅れではない」と感じる理由には下記のものがあります。

  • 発売してからほとんどのシーズンで新作を発表している
  • 1つ取り入れれば今っぽくなれる
  • シンプルなコーディネートも上品になる

プラダのナイロンバッグは流行遅れの声がある一方で、大流行の時代が過ぎた現在も安定した人気があるようです。

スポンサーリンク

プラダのナイロンバッグもコーデによっては時代遅れでダサい印象になる?

プラダのナイロンバッグやナイロントートは、コーディネート次第では時代遅れでダサいと感じるかもしれません。しかし、お伝えしたようにプラダのナイロンは人気が再燃していて、オシャレに敏感な人にも愛用者は多いのです。

合わせ方によって「時代遅れでダサい」イメージから「最新のオシャレ」に変化するのではないでしょうか。

オススメのコーディネートを3つご紹介します。

  1. ブラウスなどの甘めのコーディネートに取り入れて引き締める
  2. シンプルな黒コーデで統一して上品にまとめる
  3. スポーティーなカジュアルコーデをグレードアップさせる

オシャレが好きな人にとってプラダのナイロンバックやナイロントートは最新ファッションを完成させるものであり、時代遅れでダサいとのイメージはほとんどないようです。

プラダのナイロンバッグが再流行!おばさんっぽいは間違い?

プラダのナイロンバッグが再流行している理由には、安定した人気と品質の高さがあります。幅広い年代で流行し、もはやおばさんっぽいとの意見は少数派でしょう。

プラダのナイロンは、ただのナイロン生地ではなく「ポコノ」と呼ばれる特殊な素材が使われています。テントやパラシュート・ミリタリー用品に使用されるアメリカの工業用ナイロンであるポコノには、次のような特徴があります。

  • 薄くて丈夫
  • 手触りが良い
  • 撥水性が高い

高級感がありながら、実用性バツグンのプラダのナイロンが再流行する理由も納得ですよね。最近では、2019年に新素材であるエコニールを使用した「Re-Nylon」シリーズが発表されました。

エコニールとは海洋ゴミなどをリサイクルして作られた素材で、今後の持続可能な開発を目指すサステナブル意識によってますます注目されていくでしょう。

プラダのナイロンの再流行には、時代に合った取り組みも評価されているのではないでしょうか。

プラダのナイロンバッグの評判をチェック!

新作が次々発表されているプラダのナイロンバッグですが、実際のところ評判はどうなのか気になりますよね。メリット・デメリットにわけてチェックしてみましょう。

メリットには下記のものがあります。

  • 破れにくい素材で摩擦やカビに強い
  • 流行に関係なく使いやすいデザイン
  • ブランドなのに主張しすぎないオシャレ感がある

特別な日だけでなく、普段使いできるのに上品な印象になるのも幅広い年代に評判が良い理由ではないでしょうか。

一方で、デメリットには直射日光や紫外線などの熱に弱い点があります。

プラダのナイロンには、トートバッグやミニバッグ・ショルダーバッグなどさまざまな種類があるので、きっと好みのデザインが見つかるでしょう。

時代遅れでダサい・おばさんっぽいという評判は少数であり、使いやすいデザインと素材の良さから、今後もコーディネートに取り入れる人は増えていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました