ピザポテトの販売休止理由は?復活後は「まずくなった・小さくなった」の口コミについても

ピザポテトの販売中止理由は?早くに復活できた理由についても

ピザポテトが販売中止になった理由は、じゃがいも不足にあります。

2016年8月、北海道地方で台風による大きな被害が発生しました。

ピザポテトなどのカルビー商品は、原材料であるじゃがいもの7割が北海道産です。

また、年に一度の収穫時期は秋なので、タイミングが悪く台風の被害にあってしまったのです。

ピザポテトが好きな人にとって、販売中止のニュースはショックですよね。

販売終了ではなく販売中止。いつ復活するのか、心待ちにしていた人も多いでしょう。

ピザポテトが販売中止になってから、カルビーには2か月で1000件以上の問い合わせがあったそうです。

ピザポテトがどれだけ人気だったのかが分かりますね。

2017年4月22日に販売が中止されてから、当初は秋ごろに再開予定でした。

しかし、実際に再開されたのは6月19日と、予定よりも早かったのです。

復活できた理由には、企業努力と消費者の再開を求める声がありました。

ピザポテトが復活!なのに「まずくなった・美味しくない」の口コミが多いのはなぜ?

最近、ピザポテトを食べた人のなかには「味が変わった?」と感じている人もいるのではないでしょうか。

ピザポテトは2021年6月、4年ぶりにリニューアルされました。

使用していた「チキンエキスパウダー」を「ビーフパウダー」に変更し、より肉のうま味が感じられるようになりました。

しかしながら、ネットの口コミには、味がうすい・あっさりしていてまずくなったとの声が見られます。

ピザポテトは、何と言ってもチーズの濃い味付けが病みつきになる美味しさですよね。

昔から好きな人には、うす味が美味しくないと感じてしまうのです。

さらに、復活後はチーズが減ったとの声も多く見られます。

チーズの量についても「まずくなった・美味しくない」の理由に大きく関係しているでしょう。

ピザポテトはチーズが減った?小さくなったとの声も

ピザポテトは、トロッとしたチーズのトッピングが味の決め手ですよね。

2種類のチーズから、エメンタールチーズ・クリームチーズ・ブルーチーズの3種類にリニューアルされました。

より濃厚なチーズが楽しめるのでは?と思いきや、かかっているチーズの量が少ない……。

メーカーによる発表はないようですが、あきらかにチーズが減ったと感じている人が多いのです。

理由としては、チーズの価格高騰があります。

そして、2022年3月から4種類あるサイズも変更されて、ピザポテトは小さくなりました。

内容量の変更は、次の通りです。

  • 25g→24g
  • 63g→60g
  • 77g→73g(コンビニ限定)
  • 145g→137g

全体的にサイズが小さくなるのは残念ですが、購入しやすい価格を維持したい、メーカーの努力があると感じますね。

ピザポテト「うまずぎ!」中毒性のある味の秘密とは?

ピザポテトが「うますぎる」と感じる味の秘密は、やはり濃厚なチーズにあります。

袋を開けた瞬間からわかる本格的なチーズの香りと、チーズが固まっている場所は特に濃厚で美味しいですよね。

また、スパイスの効いた味はビールにもよく合います。

食べ始めると、なくなるまで止まらない人は多いのではないでしょうか。

他のポテトチップスにはない、まさに中毒性のある美味しさです。

ちょっとのつもりで食べすぎてしまうと、かなりのカロリーを摂取してしまうので注意してくださいね。

「ピザポテトビッグ」を全部食べるとカロリーはどれくらいになる?

ピザポテトビッグの裏面にあるカロリー表示を見てみると、100g当たり554kcalとなっています。

内容量は137gなので、合計カロリーは約760kcalになることがわかります。

いちどに食べてしまうと、かなりのカロリーを摂取してしまいますよね。

しかしながら、ビッグサイズでも食べると止まらない美味しさ、我慢するのが難しい人もいるのではないでしょうか。

ピザポテトのビッグサイズを購入するときは、友達や家族とシェアして食べるのがお勧めです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました