ツールバーへスキップ

おみくじの順番(公式)と結ぶ理由や持って帰る利点って何?

初詣に行って参拝した後は、お札やお守りを買ったりおみくじをひくという人は多いと思います。

そのひいたおみくじで、吉の種類(場合によっては凶も…)を確認してすぐに神社の木や柵に結び付けて帰るという人や、そのまま持ち帰る人もいますが、どちらが正しいのか気になることもよくある話です。

さらに、吉の順番も論争になることが多く、代表的なのが「大吉の次に良いとされているのは吉なのか中吉なのか」「大吉は良すぎて逆に悪い」というものがあります。

実際のところはどうなんだろう?と疑問に感じつつも自分が思うように解釈しているおみくじについて調査してみました。

スポンサーリンク

神社本庁におみくじの順番が書かれている?

おみくじの順番について書かれているサイトを見ると、なんと神社本庁の公式サイトでおみくじの順番が書かれているのでこれが答えだという説がありました。

そのサイトが言うには、神社本庁のサイトの記載には

大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶という吉凶判断

という記載があって、これによって大吉の次に良い順位は吉だと結論付けられるという主張でした。

わざわざ吉を2番目に持ってきている辺りはたしかにそうなのかもと思わされますが、念のため神社本庁のサイトを確認すると以下のような表現に変わっていました。

吉や凶、または大吉・中吉・小吉・末吉という吉凶判断

うーん。。ビミョーですね(-_-;)

まるでこの「順位2位は中吉なのか吉なのか問題」の決着の理由として用いられることを避けるような表現の修正。全国で統一された順位の基準はないという説もありますが、この神社本庁による記載変更はその説の正しさを裏付けるようにも感じられます。

スポンサーリンク

おみくじの順番は神社の公式サイトに書かれてる?

全国で統一された基準がないとすると、各神社の公式サイトにはおみくじの順位が書かれているのか?ということでいくつか有名な神社の公式サイトをチェックしてみました。

熱田神宮

熱田神宮の公式サイトではおみくじの順位についての記載はありませんでした。

熱田神宮公式サイト

浅草寺

凶が出る確率が多いことで知られる浅草寺のおみくじですが公式サイトでもその点が言及されています。

「浅草寺のおみくじは凶が多い」とよく言われますが、古来の“おみくじ”そのままです。

ですが、おみくじの順位については書かれていませんでした。

浅草寺の公式サイト

伏見稲荷

伏見稲荷の公式サイトではおみくじの順位についての記載はありませんでした。

伏見稲荷公式サイト

福島稲荷神社

さらに探してみるとこうした記載のある神社を発見!

私が子供の頃から認識していた説と一致していてちょっとスッキリ(。-_-。)

おみくじは結ぶべき?それとも持って帰るべき?

ひいた後のおみくじは神社内の木や柵に結ぶべきなのか持って帰るべきなのかって悩みどころだったりします。

中にはおみくじを引いて吉凶を確認したら結ぶ場所を探すのを疑問も持たずに当然の動作にしている人もいると思いますが…。

でも、何でおみくじを結ぶのか?って聞かれたら応えられる人は少ないと思います。

せいぜい、「みんな結んでるから」とか「子供の頃からずっと結んできたから」としか答えられないのではないでしょうか。

おみくじを結ぶ理由

おみくじを木に結ぶ理由もまた諸説ありますが、有力な説としては

「木のエネルギーにあやかり願いを叶えてもらうため」

という説があります。

じゃあ、神社側が設置した柵はどうなんだ?と思っちゃいますけどね(笑)

でもまあ、神社の木って樹齢の長い木があるのでそうした願いを込めて結びつけるのが習慣化したと考えるのもわかるような気がします。

ちなみに、浅草寺の公式サイトには縁つなぎとして木に結びつけることを推奨しています。

また凶が出た人もおそれることなく、辛抱強さをもって誠実に過ごすことで、吉に転じます。おみくじの棒は備え付けの筒に必ずお戻しください。凶が出た方は観音さまのご加護を願い、境内の所定の場所におみくじを結んでご縁つなぎをしてください。

おみくじを持ち帰る理由

おみくじを持ち帰る理由は、おみくじに書かれた内容を見返して日常生活に活かすことを目的とするのが一番の理由ですね。

神社本庁のサイトには以下のような記載があります。

その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。また神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。

おみくじを引いて木に結びつけるのでは、内容も覚えていないでしょうから持ち帰って行動指針として参考にするのも良い方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク

おみくじが破れた!切れた!これって不吉?

雨の日だったり、雪があると塗れた手でおみくじを触ったり、結ぶ木などが濡れていておみくじが破れることがあります。

おみくじが破れたり切れたらなんだか不吉な気がしますよね。。

ですが、そんなことで悪いことが起こるようなことはないはずです。それなら怖くておみくじを引くこともできなくなってしまいます。

ただ気分的にはあまり良くないので、おみくじを結ぶ時には濡れた手で触ったり塗ら得た場所に結ぶことがないようにしましょう。

雨や雪の日であればおみくじを持ち帰ることでも良いです。手元に持っておきたくないのであれば15日のどんと焼きの際に神社で処分してもらえば良いのではないでしょうか。

大吉が出たらどうするべき?よくない説は本当?

大吉が出たら嬉しいですよね。

でも中には、「大吉は良すぎて逆に良くない」とか、「今が最高潮なので後は運勢が下がる一方」なので良くないという解釈をする人もいるようです。

これを信じるか否かは個人の判断によりますが、大事なのは大吉であること以上にそのおみくじに書かれている内容ですが、大吉に書かれていることは良いことが多いので、それを信じて生活する方が運勢は良くなるように思います。

凶が出たらどうするべき?どれくらいの確率で出る?

凶の確率って神社によって異なります。

なかには凶を入れていないという神社もあるようです。

そういった事情もあって、凶が出る確率はいろんな数字があって10%~30%弱くらいだとしている説が多いような印象です。

結局は引くところ次第だと実感できるのが先ほども書いた浅草寺。

浅草寺のおみくじは凶がとにかく出やすい

浅草寺のおみくじは大吉よりも凶の確率が高いそうです。

私も人生初の凶は浅草寺でした。後にも先にも浅草寺でしか凶は引いてません(笑)

 

ですがこの凶、引いてガッカリする必要もないという捉え方が有力で、むしろ凶を引きたいと思ってしまうほどです。

凶はラッキーという捉え方もできる

凶という漢字は、容器の中にカタカナのメが入っているように見えませんか?

そのことから、凶を引いた人は「これから芽が出る」前兆だという見方もできます。

最近新しいことを始めたとか、ずっと継続してやっていることがあるとか、これから新しいことを始めようとしているという人は特に、凶が出るとそれは吉兆だと捉えられるかもしれませんね。

ただ、浅草寺の公式サイトでは以下のように書かれているのでご注意くださいね。

スポンサーリンク

凶が出た方は観音さまのご加護を願い、境内の所定の場所におみくじを結んでご縁つなぎをしてください。

参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です