お彼岸のお供えはいつからいつまで必要?団子などのお菓子はいつ送るのが良いか

お彼岸という言葉は耳にすることはありますし、おはぎなどのチラシでも目にすることもあるので言葉自体は知っていても、どの時期がお彼岸なのか知っているという人はそれほど多くないでしょう。

同様に、お彼岸のお供えもいつからするのが良いのか、そしていつまでお供えするのが良いのか、しっかりと理解している人は少ないはず。

ここでは、知っておきたいお彼岸の時期やお供え物が必要な期間についてまとめました。

お供えのお菓子を送る時期などが気になる方も是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

お彼岸はいつからいつまで?お供え物と仏壇のお手入れについて

お彼岸は春と秋の年に2回あります。

期間はそれぞれ春分の日・秋分の日を中心に、前後3日間を合わせた7日間です。

お墓参りに行く日は特に決まりがないので、7日間のうち都合の良い日を選びましょう。時間は、午前中に行くのが一般的です。

ただし期間の中日である祝日は、混み合う場合があるので避けた方が良いかもしれません。

ご先祖様に感謝をする大切な日ですので、できれば静かに供養したいですよね。

お彼岸の期間が始まる前日までに、仏壇のお手入れをしておきます。

お墓と同じように期間中は、花やお線香・食べ物・水などいつもより盛大にお供えしておきましょう。

スポンサーリンク

お彼岸のお供えのお菓子はいつ送るのがベスト?

遠方に住んでいてお墓参りができない人は、お彼岸のお菓子を送ってご先祖様へ気持ちを伝えます。

「彼岸の入り」と言われる、お彼岸の初日の午前中まで届くようにします。遅くても、「彼岸の中日」の祝日までには送りましょう。

初めてのお彼岸で法要が行われる場合は、前日までに送ります。

お菓子はカステラや和菓子など、食べやすくて日持ちするものが良いでしょう。小分けになっていて、配れるものも喜ばれるようです。また、春は牡丹の花からぼた餅、秋は萩の花からおはぎをお供えすることが一般的です。

さらに、団子を山型に積んでお墓や仏壇にお供えする地域もあります。

初日にお供えする「入り団子」は、帰ってきたご先祖様に疲れを癒していただくという意味があります。

また最終日にお供えする「明け団子」は、あの世へ帰るお土産という意味があります。

どちらも大切な意味が込められていますね。

団子の形や積み方など、地域によってさまざまな違いがあります。

お彼岸のお供えはお菓子以外でもOK!お茶など故人の好きなものを

お彼岸のお供えは、お菓子や団子だけではありません。生前、好きだったものやよく食べていたものを思い出してみましょう。一番大事なことは、故人が好きだったものを考えてお供えすることです。

お菓子以外で選ばれているものには、以下のようなものがあります。

  • お茶、ジュース、コーヒーなどの飲み物
  • 素麺、海苔、お茶漬けなどの日持ちする食べ物

反対に、お供えしてはダメなものには以下のものがあります。

  • 肉や魚などの生もの
  • ニンニク、ネギなどの辛味や匂いが強いもの
  • バラなどの香りの強い花

好きだったからといってお刺身をお供えすることはあまりいないと思いますが、好物だったのでお供えしたいという場合にはちょっと変わった「好物キャンドル」をお供えするのもお勧めです。

好物キャンドルとは刺身やお茶の入った湯飲みなどの形をしたロウソクのことで、本物のようにリアルに作られています。

見ているだけで楽しめて、お彼岸のお供えも華やかになりますよ。

あなたのご先祖様の好きなものは何だったでしょうか。

お菓子以外でも、お供えには故人を偲んだ品が選ばれています。

スポンサーリンク

実家に行く時のお彼岸のお供えは何を用意すればいい?

妻や夫の実家に行く時に、何を持っていけばいいのか悩む人は多いと思います。

お菓子などと一緒にお金も包むべきなのでしょうか。

お彼岸のお供えには、お仏前としてお金を包むか菓子折りなどのギフトを用意するかどちらかだけで大丈夫です。

とはいえ、香典だけでは手持ち無沙汰を感じることも。手土産も持って行くと喜ばれるでしょう。

お金を包む時の金額は3千円か5千円、菓子折りなどのギフトは2~3千円のものが選ばれているようです。

ギフトにはお彼岸用に風呂敷で包まれたお菓子セットや、ブリザードフラワーなどの花のアレンジ商品も人気です。

また、手土産とお供え物を別々に持って行くかどうかも地域によって異なります。

分からないところは家族に確認して用意しておきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました