二の腕のぶつぶつの原因は肥満にある?オロナインやニベア、垢すりで消せるって本当か

10代や20代の思春期に、二の腕や太ももなどにぶつぶつがたくさん出来て悩んだ方は多いのではないでしょうか。

この症状には一応名前があり、「毛孔性苔癬」と言います。

毛孔性苔癬とは、皮膚の毛穴に角化した粟粒ほどの発疹がたくさんできる皮膚疾患のことをいいます。

発症箇所は二の腕が多く、太ももにも発生することがあります。

10代の30~40%ほどに発生するそうで、30代からは目立たなくなってきます。

10代20代は思春期で見た目も気になる年頃なので、皮膚のぶつぶつは治したいところです。

毛孔性苔癬はどういった人に発症しやすいのか、またニベヤや垢すりで消すことができるのか、色々と調べてみました。

スポンサーリンク

二の腕にできるぶつぶつは肥満が原因?

毛孔性苔癬は家族に毛孔性苔癬を発症している人がいたり、アトピー性皮膚炎も持っていたりすると発症しやすいと言われています。また、肥満体型の人も発症しやすいです。

よく太っている人はブツブツになりやすいと噂されますが、これは本当で、肥満も原因の一つなのですね。10代であれば30〜40%の人に発症するとされているので、肥満体型の人ばかりが発症するわけではありません。

しかし、肥満体型だとブツブツが目立ちやすいと言われています。

肥満になると毛孔性苔癬だけでなく、色々な生活習慣病の発症が考えられてくるので、適正な体型でいることは大切なのだと思い知らされますね。

スポンサーリンク

二の腕のぶつぶつはニベアやオロナインで治る?

ニベアやオロナインは手軽に手に入る市販薬で、ご自宅にある方も多いと思いますが、二の腕のブツブツを治すには向いていないようです。

Yahoo知恵袋やブログを調べてみるとニベアを長期的に塗り続けたら、ブツブツが良くなったという口コミがいくつかありました。

しかし、劇的に効果があったという訳ではないので、あくまで効果は個人差があるように思います。何もしないよりはニベアを塗り続けた方が、皮膚が保湿されて良い効果があるのかもしれませんね。

オロナインについては、ニベアより効果は見込めないかと思われます。

オロナインは殺菌し炎症を抑える塗り薬です。二の腕のぶつぶつに塗って雑菌をしてもぶつぶつは改善されることはないでしょう。

市販薬で毛孔性苔癬を治すのは、かなり難しいのかもしれません。

どうしても治したい場合には、もっと症状に特化した商品を試したり、皮膚科を受診する事をお勧めします。

二の腕のぶつぶつは垢すりで治るのか?

垢すりでぶつぶつはをこするのはNGです。

毛孔性苔癬は、毛穴の出口付近の角質が異常に分厚くなり、毛穴の詰まりを起こしていることがわかっています。

ここにさらに刺激を与えてしまうと、症状を悪化させてしまう事なります。

垢すりなどの刺激以外にも、紫外線も症状を悪化させる原因になるので、日焼け対策もとても大切になってきます。

ぶつぶつができてしまうと気になって色々と皮膚に手入れをしようとし、反対に悪化してしまう事もあり得るので気をつけたいですね。

基本的には肌を刺激しないようにし、保湿をしっかりとしてあげましょう。

スポンサーリンク

毛孔性苔癬が治った事例はある?

二の腕のぶつぶつはについて、治ったという事例がいくつかありました。

多く見られたのは、肌のシワなどを改善するレチノールクリームの使用や、ローションパックにて保湿をしっかり行なった等の事例がありました。

肌のターンオーバーを促しつつ保湿を行うのが効果的なのかもしれません。

また、月1程度でピーリングを行うのも良いとされています。

ブツブツを治したいとお考えの方はぜひ参考としてみてください。

■毛孔性苔癬 治った 知恵袋

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です