熱帯夜とは何度を指していつからなる?エアコンなし扇風機だけで乗り切れるか

夏になると天気予報などでよく耳にする熱帯夜ですが、具体的にはどのくらいの時期で何度を指すのか意外と知らないものです。

名前からなんとなく蒸し暑い寝苦しい夜ということはイメージできますが、具体的に説明できる人はきっと少ないでしょう。

最近では昔と比べて夏の暑さも増してきているので、日中のみならず夜の熱中症にも気を付けなくてはなりません。

そんな熱帯夜の定義や、エアコンと扇風機の使い方につい調べてみました。

スポンサーリンク

熱帯夜とは何度から?いつから発生するのか

気象庁では、熱帯夜を『夕方から翌朝までの最低気温が25℃以上の夜』と定義しています。

夕方から翌朝までとされているので、だいたい18時から翌朝6時頃が対象の時刻となるでしょう。

梅雨が明けて本格的な夏が到来し、熱帯夜になる日も増えてきます。具体的な時期でいえばだいたい7月の下旬から8月の中旬にかけて発生しやすいです。

昨今の多くの都市部ではヒートアイランド現象という都市化によって平均気温も100年間で数度は上がっているようで、それに伴って熱帯夜になる日数も増えているようです。

そのため、熱帯夜になる日はこれよりももっと早くに訪れるようになる可能性もあると予想されています。

スポンサーリンク

熱帯夜をエアコンなしで扇風機だけで乗り切るのは可能?

寝室にエアコンがあれば、熱帯夜でも快適に眠ることができます。

しかしエアコンが無い場合や、電気代や体の冷やしすぎが気になって寝ている間はエアコンを切りたいという方もきっと多いはず。

参考:寝る時のエアコンのつけっぱなしは体に悪いのか?

そこで気になるのが、熱帯夜は扇風機だけで乗り切るのは可能なのかということではないでしょうか。

結論から書くと、熱帯夜でも扇風機だけで乗り越えるのは可能ですが、使い方によっては体調を崩したり、暑さを解消できないこともあるので注意が必要です。

まずは、扇風機の使い方の注意点としては、首振り機能を使うか、首振りができない場合は弱い風の設定にします。

扇風機を首振りせず体の同じ場所にばかり当てていると、その個所の筋肉が冷えすぎてしまい、こむら返りや痙攣がおきてしまう可能性があるためです。

また、朝起きた時に倦怠感を感じてしまう可能性もあります。

暑さ対策として考慮したいのは、窓を開けて、風がスムーズに流れる方向で風を作るようにすることです。

直接扇風機の風で涼しさを感じるというよりは、風邪の流れを作ることを考えた使い方をするのが暑さを乗り切るコツと言えます。

夜は何度からエアコンをつけたほうがいい?

一般的に快適に眠る為には「室温26度以下、湿度50~60%」が望ましいとされています。

これらを超えるときはエアコンの除湿機能や冷房をうまくつかって眠ることをお勧めします。

まだ夏本番でなくとも梅雨の時期などは湿度が高くなるときがあるので、その時は除湿器やエアコンでの除湿を積極的に行うのが良いでしょう。

また、人によっては26度以下が寒く感じてしまう場合もあります。

あくまで目安として、ご自身の快適な睡眠温度に合わせてエアコンをつけるかどうか判断をすることになるわけですが、26度くらいを目途に考えると良いでしょう。

スポンサーリンク

夜エアコンを運転する際の設定温度

一般的にエアコンの設定温度は26~28度が目安とされています。

良い睡眠を得るためには眠り始めから3時間に、体の深部体温を効果的に下げる必要があると言われています。

寝るときにエアコンをつけるのではなく、寝る少し前からエアコンをつけて部屋を冷やしておくと寝つきも良くなるでしょう。

また、一晩中エアコンをつけっぱなしにするのが気になる方は、タイマー機能を使い、就寝してから3時間後にエアコンが止まるように設定しておくと良いでしょう。

まとめ

ニュースなどで気温が40度を超えた地域があるなど、猛暑日のニュースは毎回よく取り上げられていますね。

同時に熱中症のリスクも高まるので、水分や塩分補給を意識して欲しいところです。

熱中症は昼だけでなく、夜寝ているときに起きる可能性もあるので、睡眠時の気温や体の状態にも気を付ける必要があります。

熱帯夜は特に睡眠時の温度管理に気をつける必要がありますが、その際の参考にしていただいて、危険性の少ない、できるだけ快適な睡眠時間になるよう参考にしてもらえればうれしいです。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です