縄跳びの効果がすごい!体幹・筋肉や脳への影響についても

縄跳びって子供の頃、体育の授業などでよくやりましたよね。みんなで競い合ったり、大縄跳びをしたり、楽しく縄跳びで遊んでいたという人は多いのではないでしょうか?

そんな縄跳びはダイエット効果が期待できる運動として、大人から注目を浴びています。

運動強度はランニングよりも高く、一定時間飛び続けることで体脂肪の燃焼効果が得られるとのこと。

ただ飛ぶだけの縄跳びでどれだけ体への効果があるのか、効果的な飛び方や脳への影響について調べてみました。

スポンサーリンク

縄跳びは体幹や筋肉のトレーニングとして効果がある?

縄跳びは体の47種類ほどの筋肉を使うので、脂肪燃焼効果が期待できます。

また、上半身をまっすぐに保って跳ぶので、体幹全体を鍛えることができます。

さらにさらに、有酸素運動なので持続力のアップ、足首などの関節強化、心肺機能を高めるなど、様々な効果が期待できます。

子供の頃、何気なくやっていた縄跳びがここまで健康増進につながる運動だったとは驚きです。

縄跳びは、縄と少しのスペースがあればできるので始めやすく、お手軽ながらこれだけのすごい効果が得られるので大人に注目される理由も納得ですね。

スポンサーリンク

縄跳びで効果が現れる回数と時間は?

縄跳びは飛ぶ回数ではなく、時間を重視して行うのが効果的です。

目安の時間は、他の有酸素運動と同様に20分を目安にすると良いです。

しかし初心者の方が20分を飛び続けるのはかなり大変なので、短時間で回数を分けて行っても大丈夫です。

10分を2回、5分を4回など、無理のない範囲で合計20分になるように調整してみてくださいね。

冒頭に「飛ぶ回数は重要ではない」と書きましたが、当然ながらゆっくりよりも早いペースで飛ぶ回数を増やす方が効果的ではあります。

辛くなれば休憩すれば良いので、飛ぶ時にはテンポよく縄を回して飛ぶようにする方が効果は高まります。

縄跳びはぽっこりお腹にも効果的?

縄跳びは下半身を鍛えられる運動というイメージがありますが、ぽっこり出てしまったお腹を引き締める効果もあります。

ジャンプする振動によって、お腹の脂肪に刺激が与えられ脂肪燃焼効果が期待できるからです。

縄跳びは体幹を鍛えることもできるので、インナーマッスルが鍛えられ、代謝をあげることに繋がります。

全身を鍛えられる縄跳びですが、お腹周りを鍛えたい方は、お腹をへこませながら跳ぶようにするとより効果的です。

お腹のでっぱりが気になる方は、縄跳びから始めてみるというのも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

縄跳びによる脳への影響は?

実は縄跳びは記憶力アップに効果的なんです。

縄跳びの着地するときの足にかかる衝撃によって、オステオカルシンというたんぱく質が分泌されます。

このオステオカルシンによって記憶力や脳機能が増大され、勉強の成績向上や認知症予防に効果があると科学の世界で証明されているそうです。

これを知っていれば、私も受験勉強の時に縄跳びをやればよかったと思います。

特に受験勉強の時って勉強漬けで運動不足になりがちなので、縄跳びによって受験ストレスの緩和にもなるのだとか。

縄跳びは体だけでなく、脳にまで良い影響があるなんて、ものすごい運動ですね。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です