室内の観葉植物の虫対策は何が良い?虫がわかない土や方法とつきにくい品種についても

観葉植物をインテリアとしてお洒落に置きたいと思っても、植物なので虫が発生してしまわないか心配になりますよね。

かといってフェイクグリーンというのも、少し寂しい気がします。

今回はそんな観葉植物に虫がわかないように対策や、虫のつきにくい観葉植物の品種についてなどご紹介します。

スポンサーリンク

観葉植物に虫がわかない方法はある?

虫よけというと薬剤を使ったりと様々な対策がありますが、まずは特別なにも買わなくてもできる虫対策をご紹介します。

まず、観葉植物の受け皿に水を残さないようにしましょう。

虫はジメジメした湿気の多い場所を好みます。

水が溜まったまま放置して、虫に卵を産み付けられてしまう可能性があるので、日ごろから受け皿の水を捨てる習慣をつけましょう。

観葉植物は品種にもよりますが、水やりが頻繁に必要ではありません。水不足が心配であればこまめに霧吹きで葉っぱに水を吹きかけてあげるのもおススメです。

また、風通しのよい場所に観葉植物を置いてあげましょう。

窓の近くなど、定期的に外の空気を当てられる場所がお勧めです。

スポンサーリンク

観葉植物に虫がわかない土はある?

観葉植物から虫が湧いてしまうのは、土が原因であることも多いです。

虫が土の中に卵を産み付け、孵化することによってコバエなどの虫が多く発生してしまいます。

そこで無機質で作られた土にすることで虫の発生を防ぐことが出来、ゴールデン粒状培養土やクリスタルグレインといった商品の代表的です。

無機質と言っても観葉植物の育成に必要な栄養は含んでいるが、虫や菌の栄養源は含んでいないことが多いです。

土をすべて変えるのが面倒な場合は、今の通常の土の上から赤玉土を被せてあげるのも効果的です。

コバエなどの虫は土の表面に近い場所に卵を産むので、表面部分だけ無機質の土とすることで虫の繁殖にしにくい環境をつくることができます。

室内の観葉植物に発生する虫はどこからくる?

室内だから虫が来ない訳ではなく、どこからとなく虫はやってきます。

多くは観葉植物の湿った土や、受け皿の水が原因で虫が発生します。

また、観葉植物を購入した際にすでに土の中に虫がいたというケースも考えられます。

室内だからと、安心してはいけないですね。

スポンサーリンク

室内で育てやすい虫がつかないおすすめの観葉植物

虫がつきにくい観葉植物として、ガジュマルやサンスベリアがあります。

強い植物なので、育てやすく初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

また、ミントはコバエなどが嫌う香りを発生するので、虫はつきにくいです。

しかし、私たちにとってはリフレッシュ効果のある良い香りなので一石二鳥ですね。

また、ハイドロカルチャーという人口土で栽培できる植物もおすすめです。

大型で虫のつきにくいおすすめの観葉植物

少し大きめの観葉植物を置きたい場合、虫に強いものはモンステラが代表的です。

生命力が強いので、とても育てやすい観葉植物です。

また、ボリュームのある見た目で、置くだけで部屋の印象をガラッと変えてくれます。

シュロチクという植物も見た目が美しく虫が付きにくいです。

まとめ

観葉植物の虫対策も多種多様なので、生活スタイルや植物の種類に合ったものを選んであげて下さい。

観葉植物は置くだけでほんとうに部屋がお洒落になり、癒し効果も得られます。

観葉植物を置きたいけど虫が気になる方や、現状すでに虫に困っている方はぜひ参考としてみてください。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です