無印良品ホホバオイルの毛穴への使い方は?頻度や効果なし説についても

無印良品の人気商品の一つ、ホホバオイル。

無印良品のピュアオイルは現在6種類販売されていますが、その中でもこのホホバオイルが一番人気なんだそうです。

全身に使えるし、毛穴の黒ずみケアといった部分使いにも効果を発揮したりと抜群の使い勝手の良さが人気の理由ですね。

さらにコスパも抜群と無敵の人気商品ですが、中には「無印のホホバオイルは効果がなかった」という口コミも。

今回はそんな無印良品のホホバオイルの効果的な使い方や、効果がなかったという口コミの詳細についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ホホバオイルを毛穴に効かせるにはお風呂で使うべき?使い方や頻度を調査

ホホバオイルは毛穴の黒ずみや角栓のケアに効果があると知られています。

これは、ホホバオイルが肌に浸透しやすく毛穴の中まで行き届いて黒ずみや角栓を柔らかくしてくれるためですが、毛穴が硬く閉じていてはオイルが浸透しづらくなってしまいます。

効果的に毛穴にアプローチするには、まずは毛穴を開かせて、ホホバオイルがより浸透しやすい状態にしてあげることがポイントです。

【オススメの使い方】

  1. お風呂でクレンジング、洗顔をする
  2. ゆっくりと湯舟に浸かって毛穴を開かせる
  3. タオルで汗や水分を拭きとる
  4. ホホバオイルを手に取り、指の腹を使ってクルクルと撫でるように優しくマッサージする
  5. ぬるま湯でしっかりと洗い流す

小鼻やアゴ先など、黒ずみ・ザラツキが気になる場所を重点的にマッサージすると良いですが、優しくマッサージするのがポイントです。

毛穴を開かせるには蒸しタオルやスチーマーも勿論OKですが、お風呂が一番お手軽ですね。

頻度としては週2回ほどでOKですので無理なく続けられるでしょう。

ゆっくりと湯舟に浸かって疲れを取りながら、毛穴の汚れも取れるので一石二鳥の美容法と言えますね。

スポンサーリンク

ホホバオイルは毛穴ケアに効果なし?詰まる・黒ずみが悪化した口コミとその理由

美容アイテムとして人気のホホバオイルですが、「毛穴が詰まった気がする」「黒ずみがひどくなった」といった口コミも見受けられます。

また、「ニキビが出やすくなった」というショックな口コミもあり、これから使用を考えている人にとっては心配材料ではないでしょうか。

ですが、実はこれらはホホバオイルを正しく使っていないことにより起こる出来事ですので、次に挙げる2点に注意して毛穴ケアをするように心がけることで失敗することはなくなるでしょう。

理由その1:使用量が多すぎる

良質なオイルであるホホバオイルですが、オイルはオイルです。

必要以上に付けすぎると肌の油分過多となり、汚れなどを吸着してしまうのです。

その結果、毛穴が炎症を起こしてニキビが出来てしまったり、黒ずみが悪化してしまったということが考えられます。

乾燥肌と油性肌、その人の肌によっても適切な使用量は異なります。

まずは少量から試してみて、自分に合う量を見つけるのが良いのではないでしょうか。

理由その2:洗い流しが不十分

ホホバオイルによって毛穴の汚れが溶かすことが出来ても、洗い流しが不十分だと汚れが肌に残ったままになります。

汚れが毛穴に残ることで黒ずみの原因にもなりますので、マッサージの後はしっかりと洗い流すことが必要です。

上記2点に気を付けてホホバオイルによる毛穴ケアをするだけで、効果を得られるケアができるようになるでしょう。

綿棒やラップを使った裏技をご紹介!

ホホバオイルには様々な使い方がありますが、ラップや綿棒などを使ったスキンケアをしている人もいましたのでいくつかご紹介します。

綿棒を使ったケア

洗顔後に顔の水分を拭きとり、綿棒に少量のホホバオイルを付けて気になる箇所を優しくクルクルとマッサージをします。

指を使うよりも細かなところまで毛穴ケアが出来ますので、小鼻の毛穴が気になる方にはオススメです。

白い綿棒を使えば溶け出た汚れが分かりやすく、モチベーションもあがるのではないでしょうか。

ただし、ここでも強い力でクルクルするのはNGです。

優しくオイルを馴染ませるようにしましょう。

ラップを使ったケア

乾燥がひどかったり頑固な毛穴汚れがある場合は、ホホバオイルを付けた後にラップを乗せてパックをするのも効果的です。

あまり頻繁に行ったり長時間パックをすることはニキビなど肌の不調にもなりかねませんので、いざという時に短時間で行うことをオススメします。

スポンサーリンク

ホホバオイルを毛穴に使うのは危険なのか?

ネット上ではホホバオイルを毛穴に使うことに対して危険性を心配する声が挙がっていますが、心配する必要はありません。

ホホバオイルを毛穴に塗って角栓を溶かすことを目的にしていますが、危険なほど溶けることもありませんし、そもそもホホバオイルはお肌への影響としては良い影響が多いので、むしろプラス面の方が多いはずです。

危険性があるとすれば、ホホバオイルを塗って角栓をたくさん溶かしたいからと、強い刺激を肌に与えてしまいがちな点が挙げられますが、これはホホバオイルの危険性ではないので分けて考えたいところです。

その他の注意点としては、先ほど記載したとおり適正な使用量と十分に洗い流すことを気を付けるようにしていただければホホバオイルを使うことの危険性はかなり減らせるでしょう。

まとめ

人気の高いホホバオイルですが、特に毛穴ケア用として効果が高い点が支持される大きな理由となっています。

中でも無印良品のホホバオイルはコスパも良く、無印のピュアオイルの中で人気No.1なのも頷けますね。

ただ、正しく使えずに毛穴ケアとしての効果が得られないばかりか、かえって逆効果になってしまうこともあるので、使用法には注意して欲しいところです。

そこほど難しいことではないのでちょっと注意するくらいで十分ですが、適正な使用量(多く使い過ぎない)を守ることと、使用後は充分に洗い流す点はご注意いただけたらと思います。

なかなか有効なケア法がない毛穴の汚れですが、ホホバオイルを上手に使って汚れの目立たないキレイな毛穴を目指していきたいですね。

 

 

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。