モバイルバッテリーの充電がすぐ切れるのは寿命?回復・復活させる方法はあるか

最近、モバイルバッテリーで充電してもスマホの充電がすぐ切れるようになってきた…。

こんな症状が気になっている方も多いかもしれませんね。

充電してもすぐに切れてしまうのであれば、そろそろ寿命なのでしょうか?

ここでは、モバイルバッテリーの寿命の判断の仕方や寿命からの復活や回復方法などについて調べたことをまとめましたので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーの寿命はどうやって判断する?

モバイルバッテリーは、充電回数を重ねることでバッテリー自体が劣化し、だんだんと充電容量が減少していきやがては機能しなくなっていきます。

その回数は諸説あるようですが、一般的には300〜500回ほどの使用で寿命を迎えるといわれているそうです。

毎日モバイルバッテリーを使用していれば、1年から1年半程度で寿命を迎えることになります。

使用頻度と期間からある程度の寿命の予測はできると思いますが、症状としては、充電してもすぐ切れるようになったり、モバイルバッテリーでスマホを充電するのに時間がかかるようになってくるので、こうした症状からも寿命の判定はできるでしょう。

明らかにそこまで使用していないのにすぐ切れる等の症状が出ている場合は、使い方が悪いか製品の不良が考えられます。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーの寿命を縮めてしまう原因

モバイルバッテリーを普通に使っていても充電容量は次第に減っていきますが、より減少を加速させてしまう使い方があります。

モバイルバッテリーは温度差に弱いので、極端に寒い場所や暑い場所に置いてしまうと寿命を縮めてしまいます。

また、モバイルバッテリーで充電中にスマホを使うのも良くありません。

スマホからの熱やモバイルバッテリーからの放電の熱が生まれるのがその理由です。

さらにモバイルバッテリーの残量が0のまま放置しておくと過放電となり劣化が進みます。反対に充電が100%にもかかわらずコンセントに差しっぱなしで充電中の状態にしておくのも寿命を縮めてしまう原因です。

面倒ではありますが、こうしたことを排除することで、モバイルバッテリーの寿命を延ばすことができます。

モバイルバッテリーの寿命は復活(回復)できる?

モバイルバッテリーが寿命を迎えてしまった場合、その機能を復活・回復させる方法はありません。

バッテリーが劣化したら復活させるという考え方でなく、バッテリーが長持ちするように大切に扱うようにする方が確実に長く使えるようになるはずです。

寿命を延ばすためには、先ほど紹介した寿命を早く縮めてしまう使い方を避けることが重要になってきます。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーを充電しっぱなしにしておくとどうなる?

モバイルバッテリーを充電しっぱなしにしておいても、火災が起きる危険性は少ないとされています。

最近のモバイルバッテリーは保護機能が付いているのがその理由です。

ただ、充電しっぱなしにするとバッテリーが熱を持ち寿命を縮めてしまうため、充電できる回数が減ってしまいます。

最近は熱を持たないように制御できるモバイルバッテリーがあるので、充電しっぱなしにしてしまう事が多い方は制御機能がついている製品を買った方が長く使えるでしょう。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です