ミニッツメイドオレンジは砂糖が入ってて太る?原材料やカロリー、残留添加物についても

甘味とほのかな酸味が美味しいミニッツメイドオレンジですが、砂糖は入っているのでしょうか?

原材料表示を見ると「砂糖」の表記はないので不使用であることがわかりますが、そもそもオレンジに含まれるショ糖が砂糖と同じ成分なので、さらに砂糖を加える必要はないとも言えます。

「砂糖が入っていないから太らない」と考えてしまいがちですが、ショ糖でも太る原因になるのでご注意くださいね。

ここでは砂糖のほか、ミニッツメイドオレンジの原材料やカロリー、添加物についてまとめているので、成分が気になる方は参考にしていただけたらと思います。

目次上 マネタイザー

ミニッツメイドオレンジは砂糖が入ってて太る?

ミニッツメイドオレンジの原材料表示を見ると「砂糖」の記載はありません。砂糖不使用ならダイエット中に飲んでも問題ないと思ってしまいますが、実際は太る可能性があるので注意してくださいね。

なぜならオレンジそのものに砂糖と同じ成分であるショ糖が含まれていて、厳密にいえば砂糖が入っていることになるからです。また、糖質も1本350mlに41.7gと高めなので糖質制限中は飲むのを控えると良いでしょう。適量なら問題ありませんが、飲み過ぎは太る原因になるといえます。

それなら砂糖あり・なしのどちらを選んでも太ることに変わりないのでは?と思ってしまいますよね。

果物の糖分と砂糖の甘さの構造は基本的に同じですが、果物にはビタミンや食物繊維が含まれているため、脂肪の吸収を抑える働きがあります。つまり砂糖が入ったフルーツジュースに比べて、果物の糖分のみのミニッツメイドオレンジは比較的太りにくいといえるのです。

とはいえ、果物の糖分でも摂り過ぎてしまっては太る原因になってしまうので、1日1本350mlを目安に飲むようにしたいところです。

なお、飲むタイミングは糖質補給が大切な運動前や仕事前がオススメです。

スポンサーリンク

ミニッツメイドオレンジの原材料やカロリーは?

ミニッツメイドオレンジの原材料は下記の通りです。

  • 果汁(オレンジ・ぶどう・りんご・うんしゅうみかん・レモン)
  • 香料
  • ビオチン

余計な添加物が入ってないので、果物本来の味がしっかり感じられそうですね。

カロリーは1本分350mlで172キロカロリーです。

ちなみにカロリーが気になる人も多い、マクドナルドで販売されているミニッツメイドオレンジのサイズごとのカロリーは次の通りです。

  • Sサイズ…92キロカロリー
  • Mサイズ…143キロカロリー
  • Lサイズ…185キロカロリー

ミニッツメイドオレンジは、5種類の果物をブレンドしたスッキリとした美味しさが特徴です。水溶性ビタミンである「ビオチン」が含まれているため皮膚や粘膜の健康を保つ効果があり、栄養機能食品に指定されています。

毎日飲めば体に良い影響が期待できるミニッツメイドオレンジですが、一方で次の理由から体に悪いとの声もあるのです。

ミニッツメイドオレンジには添加物が多く含まれている?

ミニッツメイドオレンジには添加物が含まれているのは間違いありませんが、果物の収穫後に添加される「ポストハーベスト農薬」が含まれているフルーツジュースは多く、ミニッツメイドオレンジが特別多いというわけではありません。

添加物の香料や農薬に関しては過剰に心配する必要はありませんが、気になるようであれば子供には与えすぎないようにすると良いでしょう。

ちなみに、このポストハーベスト農薬というのは、輸送や保管中に農作物が病害虫の被害に遭うのを防ぐことを目的とした役割があるもので、健康に影響が出ないよう農薬残留量には基準値が設定され管理されています。

参照:JPCA農薬工業会

ミニッツメイドオレンジの果汁は100%?濃縮還元とストレートの違いとは

ミニッツメイドオレンジは果汁100%ですが「濃縮還元」という言葉が気になる人も多いのではないでしょうか。なんとなく100%「ストレート」の方が新鮮な気がしますよね。

果汁100%の濃縮還元とストレートには、次の違いがあります。

  • 濃縮還元…果汁をしぼった後に濃縮して水分を取り除き、ジュースにするときに水分を加えて元の濃度に戻す
  • ストレート…しぼった果汁を殺菌してそのまま使う

濃縮還元は砂糖や保存料が添加されることが多いので、ストレートの方が果物本来の味がしっかり感じられるものが多いです。栄養成分に関しては、どちらも加工する際に加熱するため大きな違いはないようです。どちらが良いというわけではないので、好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました