眠眠打破は効かない?副作用やデメリットと飲み過ぎで死亡することはあるか

眠眠打破が効かないのか?効く人の違いは何?

あなたは普段から、カフェイン飲料をよく飲んでいますか?

眠眠打破の効果の感じ方は、カフェインに耐性があるかどうかが関係しています。

普段からコーヒーなどでカフェインを多く摂っている人は、眠眠打破の効果を感じにくく「効かない」という声があります。

反対に普段あまりカフェインを摂らない人が飲むと、効果を感じやすいようです。

じゃあ自分にはあまり効かないかも、と思った人もいますよね。

しかし、眠眠打破の効果はカフェインによるものだけではありません。

成分には、カフェイン以外にもアルギニンやハーブ・ビタミンが入っていて、リラックス効果や不調を整えてくれる効果があります。

眠気がスッキリするだけでなく、やる気もアップさせてくれる効果に期待したいですね。

眠眠打破の副作用やデメリットはある?

眠眠打破は医薬品ではないため、副作用などのデメリットは少ないので安心してください。

薬よりも気軽に飲めて、眠気や不調を改善してくれる効果は嬉しいですよね。

1日の中で、特に集中したいという時間帯に飲む習慣にすると良いでしょう。

しかし、1つだけ注意しておくことがあります。

それはカフェインの摂りすぎによる影響です。

カフェインの摂りすぎによる副作用には、興奮や頻尿、集中力の低下などの症状があります。

さらに酷くなると、吐き気や意識低下などの危険な状態になることもあります。

カフェイン飲料と言えば、コーヒーや紅茶を毎日飲んでいる人は多いですよね。

「飲み過ぎてないから大丈夫」という人も、眠眠打破など他の飲み物とあわせると、気づかないうちにカフェインを摂り過ぎていることがあります。

眠眠打破には良い効果が期待できますが、間違った飲み方で死亡する可能性もあることを考えておきましょう。

デメリットにならないように、次のことに気をつけてくださいね。

眠眠打破を飲み過ぎると死亡リスクも!気をつけることは?

お店に行くと、眠眠打破などのエナジードリンクコーナーには、たくさんの種類が並んでいるのを見かけます。

昔と比べると、大人だけでなく10代の若い年齢層でも飲んでいる人が増えているのではないでしょうか。

近年の日本では、5年間でカフェイン中毒によって100人以上が救急搬送されています。

そして、エナジードリンクの飲み過ぎにより死亡するニュースも報道されています。

眠眠打破などのカフェイン飲料は「飲み過ぎると死亡リスクがある」ことを意識しておきましょう。

成人が1日に摂取するカフェイン量の目安は、コーヒー3杯程度と言われています。

そして、眠眠打破のカフェイン量は、コーヒー2杯分です。

1日1本と決めて飲んだり、他のカフェイン入りの飲み物と一緒に飲んだりしないように気をつけると良いですね。

眠眠打破の飲むタイミングはいつが良い? 

眠眠打破は、効果を出したいタイミングの1時間前に飲んでおきましょう。

飲んでから数時間後に大きな効果を感じやすいとされています。

朝起きて、仕事の前や運転する前など、集中したい時に前もって飲むと良いですね。

眠眠打破、効果の持続時間は8~14時間です。

1本飲んでおけば、長く効果が期待できそうですよね。

カフェインによって胃が荒れることがあるので、なるべく食後に飲むことをお勧めします。

眠眠打破の意味が気になる!

「眠眠打破」という商品名は、インパクトがありますよね。

お店に並んでいると、目に留まる人も多いのではないでしょうか。

眠眠打破の公式サイトには「カタカナ名の多いドリンクコーナー内での存在感を高めるため、漢字4文字にこだわった」と書かれています。

また、どんな時に飲むか一目で分かるようにという意味が込められています。

眠眠打破、お店でインパクトのある商品名を見ると「効果がありそう!」とつい手が伸びてしまいそうですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました