めんつゆトラップは効かないのか?逆効果になる理由やデメリットについても

めんつゆトラップが効かないのはなぜ?洗剤の入れすぎに注意!

めんつゆトラップ、置いてみたけど思ったより効果がなくてがっかりしたことはありませんか?

めんつゆトラップが効かないときは、次の理由が考えられます。

  • 効かない種類のコバエが発生している
  • 洗剤を入れすぎてニオイが弱くなっている
  • コバエが増えるスピードが速い
  • 設置する場所が悪い

コバエは6種類に分けられていて、めんつゆトラップが効くのは「ショウジョウバエ」という種類です。

効かない時は、ショウジョウバエ以外のコバエが発生しているかもしれません。

コバエにこれだけ種類があるのも意外ですよね。

めんつゆトラップはすべてのコバエに効くわけではないので、効果がなければ別の対策を考えましょう。

また、めんつゆトラップは洗剤を入れすぎると、ニオイが薄まり効かないことがあります。

洗剤は、表面に膜を張るために入れるので2~3滴でOKです。

コバエは繁殖スピードが早く、卵から1~2週間で成虫になります。

めんつゆトラップが効かないと感じたら、コバエが発生しているところの卵を駆除しましょう。

置く場所によっても効かないことがあるので、まずはコバエが発生している場所を確認しましょう。

コバエが集まりやすい、ゴミ箱や水回りの設置がお勧めです。

めんつゆトラップが逆効果になる理由は?

めんつゆトラップはポイントをおさえて設置することで、たくさんのコバエを駆除できます。

しかし、コバエがよく捕れるからと1週間以上置いたままにするのはやめましょう。

めんつゆトラップの中でコバエが卵を産み、増えてしまう可能性があります。

駆除していたのにコバエが増えてしまい、逆効果になるのは避けたいですよね。

めんつゆトラップにコバエがたまったら早めに取り替えるか、1週間を目安に新しいものに交換しましょう。

逆効果にならないように、不衛生な場所を作らないことが大切です。

めんつゆトラップはコバエにしか効かない?デメリットと対処法についても

めんつゆトラップは、大きく分けて2つのデメリットがあります。

1つめは、コバエの中でもショウジョウバエにしか効果がないことです。

効かないと感じたら、コバエ全般を駆除できるアイテムを試してみると良いでしょう。

2つめは、コバエ以外の害虫を寄せ付けてしまうことです。

コバエだと思ったらハエがあらわれたり、ゴキブリが寄ってきたりすることも……。

これらのデメリットの対処法は、めんつゆトラップを清潔にしておき、コバエ以外の対策もしておくことです。

夏場はコバエだけでなくゴキブリも発生しやすいので、あわせて対処すればデメリットにはなりません。

めんつゆトラップのやってはいけない捨て方!トイレに流すのはOK?

めんつゆトラップでコバエがたくさん捕獲できたときや、1週間経過したときはすぐに処分しましょう。

処分するときにやってはいけない捨て方は、キッチンや洗面所などの排水口に流すことです。

排水口に流すと中でコバエの卵がふ化してしまい、大量発生してしまうことがあります。

駆除したと思ったのに、また増えてしまう状況は避けたいですよね。

捨てるときには、トイレに流す方法があります。

トイレに流すと内部に卵が残りにくいので、新しいコバエが発生するリスクは少ないでしょう。

それでも心配なときは、密封してゴミに出す方法が安心です。

めんつゆは新聞紙などに吸い込ませてから袋に入れて、しっかり口を閉じておきます。

ほとんどの地域では燃えるゴミに出せますが、住んでいる自治体の分別方法を確認してくださいね。

正しい使い方と処分方法を実践して、やっかいなコバエを撃退しましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました