レターパックライトの追跡番号の剥がし忘れや紛失で番号がわからない時の対処法とは?

画像引用:日本郵便公式サイト

レターパックのメリットの一つとしてお届け状況の追跡ができることがありますが、差出時にシールをついつい剥がし忘れてしまって追跡番号がわからないという時がありますよね。

こうしたシールの貼り忘れや、シールを紛失して番号がわからない時でも追跡サービスを利用できる方法はあるのでしょうか。

ついうっかり、シールの剥がし忘れてしまって追跡番号がわからない時や、追跡番号を入力してもエラーが出て追跡できない際の対処についてまとめています。

スポンサーリンク

シールの剥がし忘れで追跡番号がわからない時には?

レターパックライトのシールを剥がし忘れた場合、配達状況を郵便局に問い合わせても追跡はできません。

追跡番号がわからないと郵便局側としても特定の手がかりは他にないからです。

あとは追跡機能が必要とならないよう、無事に相手先に届くことを祈るほかありません。

追跡番号がわからなくてもレターパックが相手先に届くこと自体には何の影響もないので、通常であればシールがついたまま相手先に届くことになります。

スポンサーリンク

シールを紛失した場合はどうなるか

追跡番号のシールを紛失した場合も同様に、相手先に届くこと自体には何の影響もありませんが、届くまでの追跡ができなくなってしまいます。

シールの剥がし忘れ時と同様に、郵便局側では追跡番号やそのレターパックを特定することはできないので、追跡サービスは利用できません。

レターパックが届くまでの数日間は、どこかわかりやすいところに貼っておくなど紛失しないような対策が必要です。

追跡番号はどれ?

レターパックライトの追跡番号は、「はがして差出し」と表示されている下のシールに書かれている番号のことです。

4桁の番号が3つ並んでいる番号がそのまま追跡番号となります。

レターパックライトを投函もしくは郵便局へ差出した後に通便局の追跡ページにこの番号を入力すると、現在のレターパックライトの場所がわかります。

レターパックライトが追跡できない時はどうするべきか

レターパックの追跡ページで番号を入れても「お問い合わせ番号が見つかりません。」と表示されることがあります。

もし投函や差出をしてさほど時間が経っていないのであれば、追跡状況が反映されるまで待つ必要がありますが、発送の翌日になっても追跡できない時は郵便局へ問い合わせましょう。

追跡番号を伝えられる準備をして、発送先からの最寄りの郵便局へ問い合わせてみてください。

スポンサーリンク

追跡できる日数はどれくらい?

レターパックライトが届くまでには2~3日もあれば充分ですが、追跡できる日数は「郵便物等を取り扱ってから100日」とされています。

こんなに長い間記録が残されているというのは驚きですが、郵便局側の慎重な姿勢が伺える日数と言えますね。

ためしに発送から100日近く経った頃に追跡してみたところ、本当にその時の情報のまま追跡情報を参照することができました(笑)

100日以上経ってから改めて追跡してみると、番号が見つかりませんと情報が消去されたような状態になっていました。

まとめ

レターパックライトの追跡番号のシールをはがし忘れたりシールを失くしてしまって番号がわからない場合は、いくら郵便局に問い合わせたとしても調査のしようがなくお届け状況はわかりません。

シールをはがし忘れても郵送自体に影響はないので追跡をしないのであれば何の問題もないので、無事に届くのであれば支障はありません。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です