ランサーズでの副業はバレる?バレない説や確定申告で発覚する説についても

画像引用:ランサーズ公式ページ

ランサーズで副業したいけど、会社にバレないか心配…。

結論から言うと、正しい方法で副業すれば会社にバレることはありません。

ここでは、ランサーズでの副業を会社にバレずに行う方法を詳しくご紹介します。

そのほか、一定金額以上稼いだら必要となる確定申告についてと、会社にバレないための申告方法についてもお伝えしています。

ランサーズでの副業は会社にバレるのか?

副業をしている会社員は年々増加していますが、会社にバレたらどうしよう…。と不安に感じる人もいるでしょう。

ランサーズだけに限りませんが、副業は会社にバレてしまう場合とそうでない場合があります。

バレる理由には、ランサーズの収入を合わせた住民税の総額を会社に知られてしまうことがあります。

会社の給料だけでは計算が合わなくなり、会社側はおかしいと気づくわけです。(バレない方法は次の項で詳しくご紹介します)

そのほかにもランサーズで自分の名前をフルネームで公開したり、人との会話の中で話したりして会社にバレることもあります。

これは普段の生活で気をつけていれば防げるので、やはりバレるかどうかは税金の納付方法によって決まると言っても差し支えないでしょう。

次に、ランサーズの副業で会社にバレないための申告方法についてご紹介します。

副業禁止の人がランサーズの副業でバレない方法は?

会社に副業がバレない為には、副業の収入を合わせた住民税の金額を会社に知られないようにしなければいけません。

一般的にランサーズなどのクラウドソーシングサイトでの仕事は、オンライン上で仕事を受けて完了したら納品という流れなので、ここで得た報酬は給与所得とはならず、基本的には雑所得の項目になるので、住民税を自分で支払う手続きに変更できます。

確定申告の際に必要な用紙の「住民税の徴収方法の選択」の項目で、「自分で納付」にチェックすることで自宅に(副業で稼いだ分の)住民税の納付通知が届くので、会社にバレる心配はなくなります。

しかし、住民税の支払い手続きには例外もあります。

ランサーズでも、なかには雇用関係になり時給で働いている人もいますが、この場合は雑所得ではなく給与所得になる可能性が高く、住民税の支払い手続きが変更できないことがあります。

アルバイトのように時給で仕事をする場合は注意が必要です。

ランサーズの確定申告で副業がバレる?確定申告しないでOKな場合についても

ランサーズの確定申告をする時は、前述したとおり住民税の支払い方法に気をつければバレるリスクはほとんどありません。

また、副業での所得が年間20万円以下の場合は、確定申告しないでOKなのでバレる心配はありません。

面倒な手続きが必要ない20万円以下に抑えることも、副業を気軽に続けられる1つの方法と言えます。

ただし、ランサーズ以外にも副業をしている人はそれぞれの副業の合計所得で計算されるので注意が必要です。他の副業と合わせると20万円を超えてしまっていた、という可能性もありますからね。

そうなると会社にバレるだけでなく、無申告加算税や延滞税がかかり、税金が増えてしまうことになってしまうのでこれは絶対に避けたいですよね。

ランサーズの副業で源泉徴収なしの場合、確定申告はどうする?

ランサーズではクライアントによって、源泉徴収をする場合とそうでない場合があります。

どちらなのかは、ランサーズの仕事の依頼画面で確認しておきましょう。どちらであっても、所得が20万円以下なら確定申告は不要です。

所得が20万円以上の場合、源泉徴収ありなら自分で税金を払う必要はありませんが、源泉徴収なしなら自分で計算して確定申告する必要があります。

源泉徴収額の計算方法は所得が100万円以下の場合、支払われる額×10.21%です。

自分で計算しなくてはならないので、日頃からランサーズの報酬額を記録しておくことが大切ですね。

20万円以下は確定申告しなくても良いとお伝えしましたが、もしも20万円以下で源泉徴収されていた場合は確定申告することをお勧めします。なぜなら申告することで還付金がもらえるからです。

所得が195万円以下の場合は税率5%であるのに、源泉徴収されていたら10.21%引かれることになります。

所得が20万円以下でも、確定申告した方が良い場合もあるので確認してみると良いですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました