コウモリが家の中で見つからない時の対処法は?菌の消毒やふんによる感染症の心配についても

コウモリが家の中で見つからないとき最初にすべきことは?

「バタバタ音がしたけど姿が見えない……」

家の中に入ってきたコウモリを見つけるのは簡単ではありません。

まずは駆除するよりも、逃がすことを考えましょう。

なるべく自然に出ていくように、窓をすべて開けておきます。

コウモリは、洞窟で逆さにぶら下がっているイメージがありますよね。

家の中で見つからないときは、カーテンのレールや2センチほどの狭いスキマに隠れていることが多いので探してみてください。

そのほかにも、屋根裏に隠れてしまった可能性もあります。

屋根裏から自然に逃がすのは難しいので、忌避スプレーやくん煙剤などの駆除アイテムの使用がお勧めです。

どうしても追い出せないときは、プロの駆除業者に相談するのも良いでしょう。

コウモリを見つけたときは、絶対に素手で触らないでくださいね。

コウモリはたくさんの細菌を持っているので、感染症に注意が必要です。

コウモリが家の中に!菌の消毒はどこまでするべきか?

消毒するときは手袋とマスク、できれば帽子とゴーグルも用意してください。

コウモリが家の中にいた場合は、どこまで菌が付着しているのか分からず不安になりますよね。

触れる可能性がある場所は、除菌剤でしっかり消毒しましょう。

除菌剤は、エタノールやアルコール・薄めた漂白剤でOKです。

コウモリのふんにも注意してください。

コウモリのふんは「エアロゾル現象」と言って、乾燥して空気中に広がります。

換気をしながらしっかり除去しましょう。

コウモリのふんや家の中で死んでるときに心配な感染症とは?

海外では、コウモリのふんに含まれるカビ菌を吸い込んだことにより「ヒトプラズマ症」にかかった事例があります。

また、寄生虫「コウモリマルヒメダニ」が人に感染した事例も報告されています。

ふんだけでも感染症の危険が高いことが分かりますね。

また、コウモリは死んでる場合もウイルスや寄生虫は存在しているので、触らないように注意してください。

次のような感染症を発症する恐れがあります。

  • 狂犬病
  • ニパウイルス感染症
  • ヘンドラウイルス感染症
  • アルボウイルス感染症
  • ハンタウイルス感染症

近年の日本では、コウモリによる感染症の報告はありません。

ですが、これだけの感染症を発症する危険があることを意識して対処しましょう。

コウモリが家の中に入ってきたのはなぜ?

「そもそもコウモリって家の中に入ってくるの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

実は間違って入ってくるだけではないのです。

コウモリの中でも「アブラコウモリ」と呼ばれる種類は、人間の家を住処とする習性があります。

別名「イエコウモリ」とも呼ばれます。

家に入ってくるのはめずらしいことではないと分かりますよね。

さらに、コウモリが侵入しやすい場所は屋根裏や換気扇など、1~2センチのすき間があれば入ってきます。

侵入できそうな場所をすべてふさぐのは、なかなか難しいようです。

コウモリが家の中に入ってくるのはエアコンから?音とニオイに注意!

コウモリは、エアコンから家の中に入ってくることもあります。

「バタバタ」という羽の音や「キーキー」というネズミのような鳴き声が聞こえたら要注意です。

また、エアコンの中でふんをするとニオイも発生します。

おかしいと感じたら、室外機やエアコンの配管を確認してくださいね。

追い出す時は、煙や錠剤タイプの忌避剤を使いましょう。

スプレータイプはエアコンにかかると故障することがあるので注意してくださいね。

感染症を防ぐために、コウモリはなるべく傷つけずに、早めに外に追い出しましょう。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。