観葉植物のコバエ駆除はハッカ油が一番?木酢液や殺虫剤の効果についても

日々の植物の成長を感じ、癒し効果もあるように思います。私も部屋に数種類の観葉植物を飾っています。

そんなお洒落な観葉植物も、ちゃんと管理してあげないとコバエが発生してしまいます。

始めは1匹いるなぁと思っていたら、気づけば何匹もいるなんてこともあります。

部屋の中で虫が発生するなんで、耐えられませんよね。

今回は観葉植物に発生するコバエ対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

観葉植物のコバエ駆除にはハッカ油が一番?

ハッカ油を使ってコバエ駆除剤をつくることができます。作り方は無水エタノール10ml、ハッカ油10~20滴、精製水90mlを混ぜます。

材料をそれぞれ購入する必要があるので、お金は少しかかりますね。

材料代だけで数千円はいきそうです。

観葉植物のコバエ対策だけにこれだけのお金をかけるのは高いと感じるかもしれませんが、アウトドアをする際などの蚊よけにも利用できます。

最近、ハッカ油を使った虫よけスプレーはよく耳にします。

観葉植物へ使うのみでなく、そのほかにも使う用途がある場合は材料をそろえ、作ってみると良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ハッカを観葉植物に使うと枯れる可能性はあるか?

ハッカ油を使った殺虫剤は刺激が少なそうに思いますが、植物によってはハッカ油の濃さによって枯れてしまう場合があるようです。

使用する観葉植物の種類がどうなのか、調べてからどれくらいの濃度で作るべきか検討しましょう。

ハッカ油はとてもすっきりした良い香りなので、部屋の中でも使っても匂いがストレスにならないのは大きなポイントです。

虫を予防することも出来、部屋も良い香りになるのは一石二鳥な気がします。

観葉植物のコバエ駆除に木酢液も効果あり

木酢液とは木炭を作るときに出る水蒸気や煙を冷やし、液体にしたのち有害物質をろ過したものです。これを200~500倍程度に希釈して観葉植物に散布することで防虫効果が得られます。

名前からしても少しイメージが出来ますが、燻製のような独特な匂いがします。

室内で使う場合は匂いが気になってしまうかと思われます。

スポンサーリンク

ダントツやオルトランなどの殺虫剤について

ダントツとは粉末の殺虫剤で、いつもの水やりの水に混ぜて溶かして使うのでお手軽です。

無臭で土の中まで殺虫剤を浸透させることができるので、防虫効果は高いと言えそうです。

オルトランは土にばらまいて使う薬剤です。

浸透性が高く、土の中まで広範囲に浸透し、植物が根から薬剤を吸収してくれます。

コバエだけでなくアブラムシやアオムシにも効果があり、殺虫剤の中ではかなりの効果が期待できます。

虫の発生が酷い場合は、これらの殺虫剤を使用してみると良いかと思います。

コバエ対策における水や土の注意点とは?

薬剤を使って虫対策をする以外に、鉢ごと水に沈めて幼虫や卵を駆除するという方法があります。

15分程度沈めておくと、表面に卵や虫が浮かんできます。

しかし観葉植物の鉢がすっぽりと入る大きさの入れ物を準備する必要があるので、少し大変化もしれませんね。

その他に通気性の良い無機質の土を使ったり、受け皿に溜まった水は定期的に捨てて綺麗に保つなど、日ごろから気を付けることもコバエ対策には重要です。

まとめ

観葉植物の虫対策にも様々な方法がありました。

観葉植物も生き物なので、普段から風通しの良いところに置いてあげたり、清潔に保つようにしてあげることが何より大切な気がします。

コバエが発生してしまってお悩みの方はぜひ参考としてみてください。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です