キウイの追熟に失敗しない方法!レンジや冷蔵庫はNGでリンゴやみかんを使おう

まだ固いキウイをできるだけ早く追熟させて美味しくするにはどうすれば良いでしょうか?

日の光に当てておけば追熟はしていきますが、もっと効果的な方法が存在します。

もっと早く、美味しくキウイを追熟させる方法をご紹介します^^

じゃがいものように硬いキウイを完熟に!リンゴを使った追熟で失敗しない方法

熟す前のキウイは、じゃがいものように硬く酸味も強くてとても食べられません。

熟す前の酸っぱいキウイを食べて失敗した…という人もいるのではないでしょうか。

リンゴを使った追熟方法を覚えておくと、硬いキウイも柔らかく甘く変化させることができます。是非試してみてください。

やり方は、キウイをリンゴと一緒にナイロン袋に入れて常温で置いておくだけです。

キウイ5個に対して、リンゴ1個の割合で入れましょう。2~3日でキウイが追熟して甘くなります。

これはリンゴから発生するエチレンガスという植物ホルモンに、キウイを甘くする効果があるためですが、この際に気を付けておきたいポイントが2つあります。

【失敗しないためのポイント】

1.温度管理

追熟は常温で行いますが、15~20℃の場所に置いておきましょう。

20℃以上になると病気が多発する恐れがあり、腐敗してしまうことがあります。夏場は特に注意しましょう。

2.追熟に適したリンゴの品種を選ぶ

とにかくリンゴを袋にいれておけばOKというわけではなく、追熟に適したリンゴの種類が存在します。

いくつかの品種がキウイの追熟に効果的ですが、その品種について次に詳しくお伝えしたいと思います。

キウイの追熟に適したリンゴの種類は?

キウイの追熟にリンゴが効果的だというのはお伝えしたとおりですが、リンゴの種類によっては効果がないものもあります。

その理由は、リンゴの種類によってエチレンガスが発生しやすいものとそうでないものがあるためです。

エチレンガスの出やすい品種は、つがる・ジョナゴールド・王林などです。反対に、サン・フジなどはエチレンガスが出にくい為、うまく追熟できないことがあります。

つまり、キウイの追熟に適したリンゴの種類としては、つがる・ジョナゴールド・王林が挙げられ、反対に追熟に適さない種類はサン・フジとなります。

あまり甘くならなかった、という人は温度やリンゴの品種についてもチェックしてみましょう。ポイントを押さえておくことで、失敗せずに追熟することができますよ。

キウイの追熟は何日かかる?みかんやバナナを使ってもOK、柿は注意点も

リンゴを使った方法では、2~3日で追熟することができます。

もしもリンゴが家にない時は、ほかの果物でも代用できるものがあるので覚えておくと便利です。

リンゴの代わりに追熟できる果物の例としては、みかん・バナナ・柿があります。

みかん、柿はキウイ2~3個に対して1個、バナナはキウイ4~5個に対して1本使います。

リンゴに比べると少し追熟に時間がかかります。触ってみて柔らかくなっているか確認しながら待ちましょう。

柿を使用する際は注意が必要です。柿を袋にまとめておいたら、柔らかくなって腐ってしまった経験はありませんか?

柿はキウイより熟す速度が速く、中に入れたままにしておくと腐ってしまうことがあります。せっかく甘くしたキウイが、柿と一緒に腐ってしまうのはショックですよね。

柿を使って追熟する時は、腐らないように注意して早めに取り出すようにしましょう。

ありがちな間違った追熟とは?レンジでの追熟や冷蔵庫に入れるタイミングについても

間違った方法では、いつまでたっても甘くならずにキウイの美味しさを引き出すことができません。

よくある間違った追熟方法としては、電子レンジでの加熱ですね。

加熱することによってキウイに含まれるデンプンが甘くなる効果を利用した方法です。酸味はやわらぎますが、甘味は薄くしか感じられません。

また、加熱することでキウイの食感も変わってしまいます。

もしも電子レンジで追熟する時は、ジャムなど加工したい場合に使う時くらいにしておいた方が良いでしょう。

また、冷蔵庫での追熟も間違いです。冷蔵庫に入れるのは完熟してからで、追熟は必ず常温で置いておきましょう。

反対に、完熟しても常温で置いたままにしておくと追熟が進んでしまいます。

追熟が終わったらすぐに冷蔵庫で保管し、1週間以内に食べるようにしましょう。

キウイだけで追熟させよう!ガッテン流の追熟方法

追熟に使う果物がひとつもない…そんな時は、キウイだけでも追熟できる方法があります。

「ためしてガッテン」で紹介された追熟方法、それはキウイをたたきつけてへこませる方法です。

そんなやり方で甘くなるの?と疑問に思いますよね。

実はキウイ自体からも、たたきつけることによるストレスでエチレンガスが発生するのです。表面がへこむ程度に軽くたたきつけるだけでOKです。

そして、なるべく他のキウイと一緒に保管するようにしましょう。エチレンガスの効果で、他のキウイも追熟させることができます。

簡単なやり方なので、完熟前のキウイが手に入ったら是非試してみたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました