ツールバーへスキップ

血圧計は手首式と上腕式のどちらがいい?精度や測り方をチェック!

 

手首式と上腕式血圧計はどちらが良いか

ちょっと血圧が高くなってきたので、日常の健康管理のために血圧計を買うことにしました。

その時に気になるのが手首式と上腕式のどちらが良いのかということ。血圧計の種類には水銀式とか指式とかアームイン式もあるけれど、手首式と上腕式で悩むという人が多いのではないでしょうか。

理由としてはやっぱりこの二つが性能や測りやすさでバランスが取れていることが大きいです。実際に売れてる血圧計を見ても手首式か上腕式がほとんどですからね。

とはいえ、手首式と上腕式の血圧計の違いって良く分からない。せっかくならしっかりと選んで血圧計を買いたいと思うのでこの2つの違いを調べてみたら、精度と測定のやりやすさに多少の違いがあるくらいだとわかりました。

精度がより高い血圧計が良ければ上腕式、ラクラク測れる血圧計が良ければ手首式というような選び方にななることがほとんどですが、ここではもう少し詳しく両者の違いについて調べてみた結果をシェアしようと思います。

手首式の精度は低いのか?

個人的にはラクラク測れる血圧計の方が良いかなと思います。面倒な方法だといつの間にか使わなくなってしまう自信がありますw

とはいえ気になるのが手首式の精度。精度が低いならいくら続けてもあまり意味ないですし。

どうやら以前は測り方(手首がある高さによって数値が変わる)などで結構な誤差が出ていたようですが、今の手首式血圧計は気になるほどの誤差も生じないという意見が多いです。

きっちり正しい血圧を測りたいという場合は上腕式が良いでしょうけど、日々の血圧の変動をチェックするという用途であれば手首式が良いのではないでしょうか。

手首式と上腕式の測り方の違い

比較すると手首式の血圧計の方が測定は簡単です。

とはいえ、上腕式が面倒かと言えばそんなことはなく、腕にカフを巻いてボタンを押すだけなので相当簡単です。手首式が手首にはめてボタンを押すだけという超簡単な方法なだけに比較すると面倒という表現になりますが、実際はそんな大変なことはありません。

手首式と上腕式の血圧計の測り方の違いは、時間で表すとほんの数秒程度。手首式を使っているとその数秒すら面倒になって手首式しか使いたくなくなるかもしれませんけれど、客観的に比較すると測る際の負荷に大きな違いはありません。

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

おすすめの血圧計は?人気ランキングをチェック!

血圧計全体の売れ筋ランキングを見てもやはり手首式と上腕式が上位を独占しています。

ランキングによって1位が上腕式だったり手首式だったり。激しい戦いが繰り広げられているのがよくわかります。

すでに手首式か上腕式かを決めているのであればタイプ別のランキングも見れるので、それを参考に購入する型を決めるのも良いでしょう。

人気なのは測定結果を記録してくれるタイプで、その中でも何人分の記録ができるか、何日分の記録を保存できるかといった違いがあるので、その中から自分の希望に最適な型を選ぶのが良い選び方と言えます。

手首式血圧計の売れ筋

やはり基本的にはランキング上位にある血圧計を購入するのが間違いが少ないでしょう。

ただ一つのサイトの情報よりかはいくつかのランキングを確認したほうが良いです。中には何らかのバイアスがかかっているランキングもあるので要注意です。

最近のランキング上位にある手首式血圧計はこの型ですね。

上腕式血圧計の売れ筋

上腕式も先ほど書いたとおり、いくつかのランキングを参考にして探すのが便利です。

上腕式血圧計で売れ筋ランキング上位に出ているのがこの型式。

オムロンやタニタ、テルモなどいろんなメーカーがある中でもこの上腕式血圧計はかなり売れているのではないでしょうか。

血圧計のメーカーはどこがいいのか?

血圧計の製造メーカーで主なところで言うとオムロン、タニタ、テルモといったところですが、ユーザーレビューを見る限りではこのうちのどれもなかなか高評価な口コミが多く見られました。

他のメーカーでも血圧計を製造してはいますが、敢えてこの主たる3社を外す理由も見当たらないので、これらのうちのどれかを買うのが良いでしょう。3社のうちどれか1つを強いて推すとすればオムロンでしょうかね。売れ筋ランキングで上位にいることが多いですし、以前親が購入した血圧計もコスパも良く好評でした。

病院でも使われている上腕式血圧計の方が人気?

昔の病院では水銀式の血圧計が定番でした。数ある血圧計の中でも精度が一番高いのがその理由です。ただ、水銀の廃棄や万が一割れた時の対応など面倒なこともあり、扱いの簡単な上腕式血圧計がその役目を担うことになりました。

高血圧や低血圧で病院へ通っている人に限って言えば、精度が高い方が良いということで上腕式を選ぶ割合が多いようですが、どうように高齢者の方も比較的上腕式を選ぶ人が多いようです。

個人的には簡単な手首式が好きですが、先日親へ贈った血圧計は上腕式を選びました。誤差があるからとその日の測定値を信じずに節制しなければ意味がないですからね(笑)

手首式と上腕式血圧計の違い(まとめ)

正直なところどちらを選んでもさほど大きな違いはないと言っても差し支えないくらいです。

計測時の簡単さと測定数値の精度に若干の違いがあるので、どちらを優先するかで手首式や上腕式かを選ぶのが良いと思います。

価格もどちらともさほど変わりはありませんので、大きく悩む必要もないのかなというのが調べてみての私の結論です。

参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です