かむかむレモンは体に悪いのか?下痢や腹痛の原因や太る説について

ついつい食べ過ぎてしまう「かむかむレモン」。

体に悪いとか腹痛や下痢を引き起こしたり、太るという説がありますが本当でしょうか。

そのほか、かむかむレモンのおいしさの秘密や、ビタミンCの配合量といった魅力についてもご紹介していきます!

スポンサーリンク

かむかむレモンは体に悪い?食べ過ぎるとどうなるか

かむかむレモンは体に悪いという意見がありますが、それは主には添加物やビタミンCの影響が理由となっています。

添加物によって下痢を引き起こしたりすることもありますが、体に深刻な影響を及ぼすほど体に悪い食べ物ではなく、引き起こされる症状は一過性のものなので過度な心配は必要ありません。

ただし、一度に食べ過ぎると次のような影響もあるので注意してくださいね。

  • ビタミンCの作用で頭痛・吐き気が起こることがある
  • 嚙み過ぎによって顎関節症などのフェイスラインに影響が出ることがある

かむかむレモンが体に悪い説は、深刻な症状につながるものは少なく、適切な量を食べることでビタミンCによる体に良い効果が期待できそうです。

スポンサーリンク

かむかむレモンは腹痛や下痢、太る原因になる?

かむかむレモンを食べると腹痛や下痢を引き起こす人がいますが、その原因はかむかむレモンに含まれる添加物にあります。

そのほか、食べ過ぎると太るという理由としては糖質が挙げられますが、こうしたかむかむレモンを食べることによるデメリットについて詳しくご紹介していきます。

下痢の原因は添加物「ソルビトール」

かむかむレモンを食べて下痢をする原因は、甘味料であるソルビトールです。

ソルビトールはでんぷん由来の天然成分ですが、大量に摂取すると一時的に下痢の症状を引き起こすことがあります。

ガムやキャンディーなどのソルビトールが入っている商品には「おなかがゆるくなることがある」と記載されているものがありますよね。一度に食べ過ぎないように注意が必要ですが、ウイルスが原因ではないのでそこまで心配はいりません。

太る原因はカロリーよりも糖質にある

かむかむレモンを毎日食べ続けると太る原因になるといえますが、理由はカロリーではなく糖質にあります。

かむかむレモン1袋のカロリーは122kcalですが糖質はおよそ27gで、これは食パン1枚分に相当します。さらに120g入りのボトルタイプには110gの糖質が含まれています。

「つい食べ過ぎてしまった」と後悔しないように、ダイエット中や糖質制限をしている人は注意してくださいね。

かむかむレモンに致死量ってある?

かむかむレモンといえば、豊富なビタミンCの影響によって「食べ過ぎは良くない、致死量があるのでは……」と心配する人もいるのではないでしょうか。

ビタミンCの致死量の目安は、60㎏の人で720gのビタミンCを摂取した場合です。レモンにたとえると、なんと3万6千個分!さすがにこの致死量は現実的ではないですよね。

ビタミンにはビタミンAなど摂りすぎるとよくないものもあります。その点、ビタミンCは吸収できる許容量を超えた場合、汗や尿として体外に排出されるので問題ありません。

かむかむレモンの致死量についてはそこまで心配する必要はありませんが、含まれる添加物や砂糖によって次のような影響があるので、食べ過ぎには注意してくださいね。

スポンサーリンク

かむかむレモンがうますぎて中毒になる秘密は食感にある!

かむかむレモンがうますぎて中毒になると評判の秘密は、独特の食感にあります。グミのようなキャンディーのような、噛むほど濃厚な味が感じられますよね。

Amazonのレビューには、次のような声があります。

  • 外サクサク、中シャリシャリの食感がクセになる
  • ザラザラとした食感が一つ食べたらやめられない

かむかむレモンは2022年現在、巨峰・梅・ラムネの3種類が発売されていますが、りんごやジンジャーエールなどの期間限定商品も数多く発売されるので、あわせてチェックしてみてくださいね。

かむかむレモンは肌荒れに効果ある?ビタミンCの配合量をチェック!

かむかむレモンには豊富なビタミンCが含まれており、肌荒れに効果があります。

ビタミンCの配合量はかむかむレモン1粒で200mg、1袋だと2400mgとなり手軽にビタミンCが摂取できるのでおすすめです。

「そう言われても、どれくらい食べれば良いのかピンとこない…」と感じる人もいますよね。厚生労働省では、ビタミンCの摂取基準を次のように定めています。

  • 推奨摂取量…100mg
  • 上限値…2000mg

つまり、かむかむレモン1粒で1日に摂るべきビタミンCの量を満たし、1袋食べると1日の上限値を超えてしまうのです。

1粒の配合量に驚きですが、ビタミンCは許容量を超えると体外に排出されるため、食べれば食べるほど肌荒れ効果が高くなるわけではありません。

それどころか、かむかむレモンの食べ過ぎは砂糖の過剰摂取によって逆に肌荒れを起こすこともあるので、肌荒れ改善には1日に袋の半分を目安に食べると良いでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました