ツールバーへスキップ

除夜の鐘は何時から鳴らす?クレームで中止って本当か

除夜の鐘が聞こえてくると、ついに新年がやってくるというワクワク感や、過ぎ去る年にしみじみと思いを馳せるという人も多いのではないでしょうか。

あの「ゴーーン…ゴーーン」という音は情緒をかきたてるのには最高の音色だなぁと毎年のように思ってしまいます。

そんな除夜の鐘ですが、ゆく年くる年を見ると、一般の参拝者でも鐘を鳴らしているところがあっていつかは行ってみたいので、除夜の鐘に関して予習を兼ねて調べてみました。

スポンサーリンク

除夜の鐘は何時から鳴らす?

除夜の鐘を鳴らす時間は一律には決まっていないようです。

つき始めの時刻は23時、23時半、23時45分、0時開始とするところが多いですが、全国のお寺でこの時間から鳴らすという時刻はありません。

中には旧年中に107回鳴らして、新年を迎えたタイミングで108回目の鐘を鳴らすところもあったりと、場所によって様々な方法が取られています。ちなみに、0時からつき始めるのは少数だそうで、大多数は旧年中に鳴らし始めています。

スポンサーリンク

除夜の鐘をつく回数とその意味

除夜の鐘は108個の煩悩の数というのは聞いたことがあると思いますが、お寺によっては200回以上つくところもあるそうです。

ちなみにこの108の煩悩の数ですが、諸説あってWikipediaにわかりやすく解説が掲載されています。

眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の六根のそれぞれに好(こう:気持ちが好い)・悪(あく:気持ちが悪い)・平(へい:どうでもよい)があって18類、この18類それぞれに浄(じょう)・染(せん:きたない)の2類があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、人間の煩悩の数を表す。
1年間
月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した数が108となり、1年間を表す。
Wikipediaより引用

この108つの煩悩の数だけ鐘をついて1年を反省し、これから迎える年は煩悩にまみれずに生活しようという決心をすることが目的なんだそうです。

クレームによって中止するお寺が増えている?

趣き深い除夜の鐘ですが、最近はクレームによって中止するお寺が増えているそうです。

中には翌朝から仕事という人や、子供が寝付けないという人なのでしょうか。クレームの理由はわかりませんが、伝統的な儀式まで中止となるのはなんだか寂しい気持ちになってしまいますね。

特に住宅地の近くにある寺院ではクレームが入ってもなお続けるというのも難しく、中止せざるを得ないというのが実情のようです。

スポンサーリンク

除夜の鐘を鳴らしたい!という方は

除夜の鐘は一般の参拝者でも鳴らせるところがあります。

もしかすると今後は除夜の鐘を中止する寺院も増えてくる可能性があるので、除夜の鐘を鳴らしたい方は早めに望みをかなえておいた方が良いかもしれませんね。

全てのお寺で鐘を鳴らせるわけではないので、ここの寺院で確認する必要がありますが、北海道では仁木町の仁玄寺、札幌市北区の覚王寺、登別市の瀧泉寺が有名です。

他にもならせる寺院もあるかもしれないので、公式サイトを確認してみると良いでしょう。

除夜の鐘のつき方と作法

除夜の鐘を1回鳴らす前に、鐘に向かって合掌一礼をしてからつきます。最後に合掌一礼をして終わりです。

また、除夜の鐘をつくのは本堂のお参りをする前にすることも大切です。お参りの後につく鐘は「戻り鐘」と呼ばれる縁起の悪い行為だとされているためです。

来年以降に除夜の鐘をつきたいと考えている方は、ゆく年くる年で予習をしておくと良いかもしれません^^

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です