ツールバーへスキップ

じゃがポックルの販売店舗と気になるじゃがビー違いとは?

北海道限定販売のじゃがポックルですが、発売当初はどこも品薄状態になるほどの大人気お菓子でした(きっと今なら販売中止とかになってただろうな…)

最近は売り切れになるほどではないにしても、お土産用を中心として人気の高いお菓子の一つです。

北海道でしか買えないという希少性とじゃがピーの上位版的美味しさが人気の秘訣ですが、気になるじゃがピーとの違いや販売店舗についてまとめてみました。

スポンサーリンク

じゃがポックルの販売店舗

千歳市付近のお土産屋さんには必ずと言って良いほど置いてあります。

北海道民が日常のお菓子として食べるよりお土産用として売れる方が遥かに多いので、北海道内のお菓子コーナーではなくてお土産屋で探した方が良いです。

北海道のお土産を買うのは新千歳空港や札幌駅周辺で買うことが多いと思いますが、ほぼ例外なくじゃがポックルを扱っているはずなので見つけるのはかなり簡単です。

新千歳空港や札幌駅周辺以外だと、三井アウトレットパークや南千歳駅のレラなどでも販売されています。

スポンサーリンク

じゃがピーとの違いは?

じゃがポックルはほとんどじゃがピーと変わりはないように感じられます。

ですが、食べたら多くの人はじゃがポックルの方が美味しいと思うはずです。(そうでないとこんなに売れないはず)

じゃがピーとの違いは、食べた時のホクホク感。さすがに芋のほくほく感までは再現できていないとしても、じゃがポックルはじゃがピーほどカリっとドライな感じがなく、ほっこり感があるように感じられます。

さらに、じゃがいもは100%北海道産を使用して、美味しさを損なわないように皮付きのまま製品化されているところも異なります。

通販でお取り寄せはできるのか

北海道限定販売と言ってもネット通販でお取り寄せすることができます。

お土産で貰って好きになって、通販でお取り寄せするようになったという人も多いようです。

楽天、ヤフーショッピング、アマゾンなど主要なネット通販サイトで扱いがあるので、お取り寄せする際はいつも使っているサービスを利用できるのも嬉しいところですね。

じゃがポックルの値段

6袋入りで550円
10袋入りで885円

以前は品薄が続いてオークションで高値がついていたことがありましたが、今では正規のルートで通常価格で通販されています。

スポンサーリンク

じゃがポックルを東京で買うことができる?

じゃがポックルを東京で買うことできる店舗を紹介しているブログがありますが。そのブログによると、東京駅にある東京おかしランドにカルビープラスの店舗が入っていて、そこでじゃがポックルを扱っているそうです。

北海道限定だから安心して東京の友達へのお土産にしていましたのですが…。

「いやー東京でも買うことができるんだよねー」

と思われるならなんだか価値が下がってしまいそうです。(悲しい)

東京の人へのお土産はじゃがポックルは避けようかな…なんて思ったりもしますが、きっと他の製品も東京だったら買えちゃったりするんでしょうね。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です