今地震きた?最速の確認方法と揺れたのに地震情報がない理由について

あれ?もしかして今地震きた??

確かに揺れたはずなのに地震情報がない時ってありますよね。

気のせいなのか、それとも軽微な地震は情報の開示すらしないのか。

そんな気になる地震疑惑の解消法としての地震情報の確認方法をまとめてみました。

今地震きた?という時の確認方法

えっ?今地震きた?

と気になった時の確認方法はとしては、

  • テレビやラジオの地震速報
  • 気象庁のホームページ
  • ツイッターなどのSNS

これらが挙げられます。

大きな地震で危険性が高い時にはSNSの利用には細心の注意が必要です(デマなどが流布されやすい)ですが、そうでない場合はその時々で最適な方法で確認すると良いでしょう。

リアルタイム情報はツイッターが最速?

今地震きた?とう疑問を解消するにはツイッターが最速であることが多いです。

揺れたかな?と思ってツイートを検索してみると、「揺れた!」とか「あれ?地震?」とかツイートがたくさん上げられているのが見つかるからです。

こんな感じ↓

テレビの地震速報や気象庁の発表よりも早いことが多いので、おそらくSNS、とりわけツイッターがその性質上、最速と言えるでしょう。

ツイートが全く見つからなかったら実際は揺れていなかった可能性が高いですが、これからお伝えする気象庁の地震履歴などを確認してみると真相が判明するはずです。

気象庁の地震履歴を確認してみよう

気象庁のホームページでは地震履歴が掲載されています。

見てみると驚くかもしれませんが、毎日どこかしこで地震が発生しています。

しかも、結構な頻度で。

小さな地震も掲載されているので、今揺れた?と感じたことも地震だったのかどうかは気象庁のサイトを確認すると判明します。

気象庁地震情報

今地震きた?津波が気になる時

今地震きた?という程度の地震で津波の心配なんて必要ないとは断言できませんよね。

もしかすると遠く離れた場所で地震が発生して、感じる揺れは少なくても震源地からの津波が押し寄せてくる可能性があるからです。

沿岸地域にいる場合は、地震を感じたら必ず津波情報も併せて確認するようにしていますが、気象庁で津波注意報や警報が発令していないことが確認できれば安心ですね。

ただ、前回のトンガの火山爆発のように、前例のない津波(実際には津波ではないという説もありますが)が来る可能性もあるので完全に安心はできないということは覚えておきたいところですけれど…。

小さい地震情報を入手する方法

今地震きた?というくらいの地震であればテレビやラジオでの地震速報はないことがほとんどです。

ですが、先ほど書いたとおり気象庁の公式ページには地震情報が掲載されているので、小さい地震情報は気象庁のページを参照するのが良いでしょう。

揺れたかどうかを知りたいだけならツイッターでも良いですが、震央地域や最大震度といった情報まで手に入る気象庁のサイトはとても便利です。

揺れたのに地震情報がない時は気のせいなのか?

確かに揺れたはずなのに地震速報などの情報がない。

そんな時ってありますよね。

気象庁のホームページを見ても地震情報が掲載されていないのであれば、地震以外による揺れであることがほとんどです。

近くで大きな車が通ったとか工事をしているといった揺れか、単純に自分が揺れているように感じただけかもしれません。

ただ、大きな地震を経験するとその後、しばらくの間は何となく揺れている感覚を覚えるので、そうしたことも影響しているはずです。(やがてはその感覚もなくなっていくのでご安心を!)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました