地元工務店で家を建てるのは失敗しやすい?坪単価や値引きについても

家を建てるなら有名なハウスメーカーがやっぱり安心でしょうか。

地元の工務店の方が割安で建てられそうだけど、設計からアフターフォローまで問題なくお任せできるのでしょうか?

家を建てる場合、依頼先として大手のハウスメーカーや設計事務所、工務店など住宅会社にも様々な種類がありますが、中でも最近は地元を中心を家づくりを行っている工務店が注目されています。

施工をメインで行うのが工務店ですが、設計事務所としても機能し設計力やデザイン力を挙げている工務店も多々あります。

地元工務店のメリットやデメリット、失敗するポイントとして考えられる点はどんなところにあるのか?

気になる地元工務店での家づくりについてまとめてみました。

地元工務店のメリットデメリットについて

地元工務店のメリットは低コストであるという点が挙げられます。

地元工務店はハウスメーカと比べ大規模な住宅展示場やCMを流すなど大々的に広告を打っておらず、営業に多くの費用をかけていないところが多いです。

少人数で行っている場合も多いので人件費も少なく低コストで家を建てることが出来ます。

また、ハウスメーカーほど住宅の仕様や規格などに縛りを設けておらず、自由度の高い家づくりを行うことが出来ます。

ハウスメーカーでは標準仕様があり、そこから変更するとオプションとなって費用がどんどん掛かってしまうので躊躇しがちですが、工務店であれば初めから要望を叶えやすさも魅力です。

デメリットとしては、工務店で補償内容や施工レベルなどにバラつきがある点が挙げられます。

しっかりと独自で最新の情報を集めている工務店もあれば、昔からある工務店だと10年20年前の古い知識のままで家づくりを行っている場合もあります。

事前に施工例を見せてもらうなど、工務店の技術や知識が自分たちの家づくりの理想と合っているのか確認することで失敗の確率を減らすことができるはずです。

工務店とハウスメーカーの価格差や値引きについて

基本的にハウスメーカーのほうが、広告費用や営業マンの人件費など多額の費用をかけているので価格は高くなりがちです。

価格差については仕様によって様々なので一概には言えませんが、数千万円もする買い物ですから数百万円以上の差があることは珍しくありません。

契約前の概算として、坪単価で費用を確認することが多いですが、これもハウスメーカーと工務店では内容が異なる場合があります。

例えばキッチンやお風呂、諸費用は坪単価に含まれていないこともあるので内訳を確認することが大切です。

値引きについては、基本的に適正価格であれば値引きが発生することがないので、値引きできるという事は元の金額が高すぎたとも考えられます。

しかし、気持ちばかりの値引きであれば地元工務店のほうが応じてくれる確率は高いと言えます。

地元工務店で家を建てて不安や後悔したことと言えば?

地元工務店で家を建てて後悔や不安に思ったことについて調べてると、スケジュールの遅さについて挙げる声が割合的には多いです。

繰り返しになってしまいますが、工務店は少人数で行っているところも多いので、お客さんが集中すると家の完成が遅い可能性もあります。

また、施工にこだわりを持っている工務店だと、工事の工期も長くなりがちです。

連絡のやりとりや打ち合わせスケジュールも工務店の少人数さゆえにスムーズに進められない時や、打ち合わせを十分に行えない可能性もあるでしょう。

しかし一生に一度の家づくりなので、我慢せず不安に思っていることや気になる点はしっかりと確認するべきです。

家が建ってから「こういうイメージではなかった」と後悔してしまうのはとても悲しいですからね。

工務店も様々なので一概には言えない部分もありますが、ぜひ参考としてみてください。

まとめ

家を建てる際に地元工務店へ依頼することのメリットやデメリットについてまとめました。

一番のメリットはやはりコスト面が挙げられ、大手のハウスメーカーと比べて相当な額の差が生まれる可能性が高いです。

その一方で、補償内容や施工レベルで工務店ごとの差が発生しやすいので、工務店選びは慎重に行いたいところです。

結局はその工務店のレベル次第となってしまいますが、しっかりと実力のある工務店選びができればかなりお得に家を建てられるので、最初から地元工務店を候補から外すのはもったいないところはあります。

選定に自信がない、選定のための時間がないという方であれば、大手のハウスメーカーの方が安心感がありますが、大手だからと言って必ずしも満足できるとは限りませんので、ハウスメーカー選びは慎重に行って欲しいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました