イソジンの消毒で水いぼは治る?マキロンやキズパワーパッドの効果についても

水いぼは市販薬では専用の薬は販売されていないため、薬で治すとすれば皮膚科で処方される薬を用いるしかないというのが一般的な解釈です。

ですが、自宅で行える治療として、イソジンを塗って水いぼが治ったというネット上の口コミが話題となっています。

本当にイソジンで水いぼは治せるのか?

ちょっと怪しい情報のように感じられますが、それでも気になってしまうその効果について調べてみました。

また、イソジンの他にも挙げられているマキロン消毒液やキズパワーパッドについても記載しているので是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

イソジンうがい薬で水いぼは治るのか?

イソジンに入っている抗微生物成分「ポビドンヨード」はウイルスへの殺菌効果があります。

そこに目をつけて、毎日水いぼにイソジンを塗り続けた結果、水いぼが改善したという効果がネット上で多数上がっています。

ただし、この治療法は小さい水いぼに効果があるとされています。

その一方で、「改善しなかった」「跡が残ってしまった」という方もいるので注意が必要です。

イソジンを塗るだけなので自宅で手軽に行える治療ではありますが、個人差もあることから、試してみる際には狭い範囲で目立たないところから始めた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

イソジン軟膏を使った人のブログの口コミ

小さいお子様が水いぼになってしまうと、親も心配です。

皮膚科などでいぼをピンセットで一つずつ取っていく治療がよく行われますが、麻酔テープを貼るとはいえ、多少は痛みも感じることから、子供にとっては治療は辛く感じられます。

自然と治ってくれると良いのですが放っておくどんどん増えてしまう事もあり、自宅で親御さんが簡単にしてあげられる治療として、イソジン治療がブログなどで多く上がっているのは既に書いたとおりです。

イソジンは液体のうがい薬が有名ですが、傷口へ塗りやすいように軟膏タイプもあって、こちらを水いぼの治療に使っているというブログ記事もありました。

水いぼに使用するなら、軟膏のほうが使いやすいですね。

ブログをいくつか見ていくと、効果が出るまでに数週間から数ヶ月間かかったというものが多く、根気よく続けることで効果が出てくるというのが大多数の傾向です。

イソジン軟膏の塗り方

まずは塗るタイミングですが、お風呂上りがベストです。

つまようじの持ち手側に少量のイソジン液を付け、水いぼを破らないように気を付けながら塗布します。つまようじだと鋭利なので怖い場合、綿棒でも大丈夫です。

そのまま一晩過ごします。

これを毎晩繰り返していくと、3週間ほどで少しずつ効果がみられることが多いです。

マキロン消毒液やキズパワーパッドでも水いぼは治る?

マキロンは皮膚の消毒に効果があるとして、きり傷やすり傷の殺菌消毒におすすめの消毒液です。

こちらもイソジン同様に、水いぼに対して効果はあるのでしょうか?

調べてみたところ、効果があったという話は見られず、同じ消毒液であればイソジンの方が水いぼへの効果は高い可能性もあります。

単にマキロンを試してみた人の数が少ないだけかもしれませんが、敢えて成功例がない方法にチェレンジする必要もないでしょうから、マキロンかイソジンかで選ぶとすればイソジンを選んだ方が良いでしょう。

また、キズパワーパッドに関しては、水いぼへの効果は期待できないでしょう。

しかし、病院で水いぼを除去してもらったり、水いぼがうまく取れた後の被覆材として活用できます。

小さく切って貼って、定期的に新しいものに貼り換えながら、様子を見るといいでしょう。

スポンサーリンク

イソジンの水イボ治療についてまとめ

水いぼは、ウイルスに接触することによって発生するので、完全に予防することは難しいとされています。

病院での水いぼ除去は痛みを伴うことがあり、子供にとっては大変ですし、見ている親も辛くなります。

薬局などで簡単に手に入るイソジンによる、水いぼへの効果は認められつつあります。

「子供が痛がらずに治してあげたい」と思う親御さんは一度試してみる価値はありそうです。

ただし、あくまでも正規の治療法ではない点に注意して、まずは狭い範囲で少しずつ様子を見ながら試してみるようご注意くださいね。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です