イクラの解凍方法|急ぎで早く解凍するには流水がベスト?まずくなる方法はどれか

冷凍保存しておいたイクラを解凍するには、基本的には冷蔵庫や常温でゆっくりと溶かすのが風味を損なわないのでお勧めです。

しかしこの方法の欠点は時間がかかること。

解凍されるまでに数時間はかかるので、もっと早くイクラを解凍したいという時には向いていません。

そんな時に選択したいのが流水解凍です。

解凍時間と風味を考慮するのであれば流水による解凍がベストと言えます。

風味を大きく損なうことなく、それでいて比較的早く解凍することができます。

ここでは、状況別に最適な解凍方法や、風味を損なわない冷凍方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

冷凍イクラを早く解凍するには?冷水での流水解凍が最速か

「常温での解凍では時間がかかりすぎる」
「もっと早く解凍したい」

このような場合には流水を使った解凍方法が最速といえます。

解凍方法はとても簡単で以下の手順で行えばOKです。

  • イクラを袋に入れ、水が入らないように袋の口をしっかりと縛る
  • 袋の上から水をかける

こうすることで、イクラに刺激を与えず自然解凍に使い状態で早く解凍することが可能です。

もし、温かい料理にイクラを使う場合には、上記のような解凍をすることなく凍ったまま加えてもOKです。

うどんなど、温かい汁物に使う際は、一番最後にイクラを載せると良いでしょう。

スポンサーリンク

冷凍イクラがまずい!美味しさを損なう解凍方法は?

冷凍食品を解凍するのに、電子レンジを使う方は多いかと思います。

しかしイクラにおいてはNGです。

部分的にイクラに熱が伝わり煮えてしまいます。

また、イクラを直接流水にかけ、解凍するのもおすすめできません。

水道水の温度が高とイクラが傷んでしまいますし、流水の刺激によってイクラが崩れてしまう場合があります。

解凍することが目的であればこうした方法だと早いですが、せっかくの風味を完全に損ねてしまうために決してオススメできない解凍方法と言えます。

イクラを冷凍したら白くなるのはなぜ?

イクラを冷凍したら白くなるという方がいますが、正確にいうと冷凍によって白くなるのではなくて解凍する際に白くなっています。

イクラの表面はタンパク質の成分で出来ているため、熱湯をかけたり温めたりすると白く硬くなってしまいます。

つまり、冷凍した時点では白くなっていないイクラでも熱を加えた解凍をしたために白くなってしまうということです。

タンパク質が白く硬くなっているわけですから当然、イクラの味は落ちてしまうので解凍方法はとても重要となります。

自然解凍や冷水での流水解凍をする分には白くなることはないのでご安心ください。

スポンサーリンク

解凍後のイクラはどのくらい日持ちする? 気になる賞味期限について

冷凍のイクラは鮮度にもよりますが2~3カ月間は美味しい状態のまま保存することが出来ます。

解凍したイクラはなるべく早く食べ切るのが望ましいです。

塩漬けや醬油漬けイクラなら5日以内、塩加減が薄い場合は2~3日が賞味期限の目安です。

生イクラの場合は、季節によっては1日以内で傷んで食べられなくなるので、解凍したらすぐに食べるようにして欲しいところです。

万が一イクラを解凍した際に臭いがしたり糸が引いていたりする場合は、傷んでいるので食べないようにご注意ください。

イクラの再冷凍は可能?

スーパーで売られているイクラの多くは、スーパーに届く前に一度冷凍された状態で配送されてきています。

解凍されたイクラを購入しご自宅で冷凍すると、すでに再冷凍状態にあるといえます。

再冷凍が出来ない訳ではありませんが、イクラは生ものなので解凍と冷凍を繰り返すと、どんどん品質が劣化していきます。

解凍したイクラはなるべく食べきってしまうのが良いでしょう。

冷凍保存する前に、きちんと食べきれる量に小分けして、保存することをお勧めします。

冷凍保存におすすめ!コストコのイクラ

コストコの醤油漬けイクラは、大容量でコスパが良く、品質も良く美味しいということで人気の商品です。

コストコはアメリカの商品が多いですが、イクラは北海道産です。

1粒1粒しっかりしており、美味しいと評判が高いです。

容量は400グラム前後入っており、100グラム当たり800円前後で購入することが出来ます。

スーパーだと、100グラム1000円は超えるので、とてもお買い得です。

大容量なので、賞味期限以内に食べきれない場合には小分けにして冷凍保存をしておくと便利ですね。

スポンサーリンク

 

参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です