移動式オービスが光るのは昼間でもわかる?光に気づかない・わからないこともあるか

移動式オービスはその名の通り移動が可能となっているので、高速道路や国道などの主要道路のみならず、様々な道路で設置が可能です。

オービスを見かけると、「取締している!」と思って、少し安全運転を意識しますよね。

頻繁に同じ道を運転する方は、オービスがどこに設置されているかよく把握している場合もあるかと思います。

しかし、移動式オービスはどこに出現するのかわからないのが特徴で、見つけづらい点があります。

オービスがあっても無くても運転速度を守って、安全な運転をするのは当たり前です。

しかし、万が一速度を出しすぎてオービスに感知された時、移動式オービスはどのように光るのか、昼間でも光ったことに気がつくのか、などなど色々と調べてみました。

スポンサーリンク

昼間でも移動式オービスが光るのはわかる?

天気の良い日中に移動式オービスで検知された場合、オービスの光はわかるのでしょうか。

結論から言うと、昼間ではわからないことがほとんどです。

夜間に光ると確実にわかるほどの光ではありますが、さすがに昼間の太陽の光を超えるほどの光量があるわけではないので気づくのは困難です。

なので、光らなかったからセーフだというのは全くあてにならない感覚で、数日後に自宅に通知が来て初めて認識するというケースがほとんどです。

スポンサーリンク

移動式オービスの光り方について

 移動式オービスの光り方は、赤色と白色の2種類があります。

従来の固定オービスでは赤外線に赤い可視光線をMIXして光らせている事が多く、光ると赤く見えるものが多いです。

移動式オービスは機種によって光り方は様々で、赤色もあれば白色もあります。

ネットなどで上がっている情報を見ると、白色で警告する移動式オービスのほうが多いようです。

運転中に何か光ったな、と感じたら速度違反でオービスに検知された可能性があります。

一瞬のことで、オービスだったのかどうか判断するのは難しいですが、もし検知されていた場合はしばらくして通知が来ることになります。

それまでドキドキして日々過ごさなければいけなくなるので、運転速度にはくれぐれも注意したいですね。

移動式オービスは昼間は光らない?

昼間でも移動式オービスは光っていると思うのですが、逆光や夜間と比べ日中は明るいのでオービスの光に気が付かない場合が多いです。

移動式オービスが光っていても、こちらが気づいていないケースは多いかと思います。

移動式オービスが光らないケースとしては動作不良や、旧式のものはフィルム切れという事が考えられます。

しかし、フィルムが切れてしまってもフラッシュを空焚きして光る場合があるので一概には言えません。

中には、オービスが故障してそのまま放置されている物もあるそうです。

昼間に速度を出して運転しており、オービスが光らなかったといっても、必ずしもセーフではありません。光ったことに気がつかなかった可能性も大いにあるので、一概に安心してはいけませんね。

あまり交通量の少ない道路や、早く目的地に到着したい時の高速道路なと、速度を出してしまうがちですが、移動式オービスはどこにいるかわからないので注意してください。

スポンサーリンク

移動式オービスが光る速度は?

オービスがどのくらいの速度で作動するかは公表されていません。一般道では30km/h以上、高速道路では40km/h以上の速度超過でオービスは作動するのではないかと言われています。

一般道で30km/hオーバーってとても危険だなと感じます。しかしオービスの機械ではそれくらいの速度が出ていないと、システムとして反応しきれないという事になるのでしょうか。

厳密に考えると1km/hでも制限速度からオーバーすれば違反になります。しかし、車のメーターと実際のスピードには誤差があり、厳密に取り締まるのは難しいようです。

しかし、オービスでなはく一般の取り締まりでは10 km/h以上超過から取締りの対象となります。

10 km/hオーバーは意識していないと、つい出てしまう速度だと思うので、自分は大丈夫と思っても注意しなくてはいけないと思いますね。

普段からスピードを出しすぎないように、注意したいですね。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です