日焼けの皮むけの保湿にはどのクリームが効果的?ニベアやオロナインも使えるか

日焼け後の皮膚の皮むけは気になりますね。

ついつい皮を剥がしたくなりますが、そこは我慢してしっかりと保湿することに専念したいところです。

この状況では肌の再生が行われるデリケートな状態で、ここでケアを間違えると跡やシミになる可能性があるためです。

その際に最適な保湿クリームの条件や、ニベアやオロナインでも代用は可能なのかなど、日焼け後の皮むけのケアについて色々と調べた内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

日焼けの皮むけで保湿するのに最適なクリーム

日焼け後の皮むけには、十分な保湿とクールダウンが欠かせません。

新しく肌の細胞が生まれ変わる過程のため、肌が弱い人は特に刺激の少ない保湿クリームを用いてケアする必要があるでしょう。

ここで十分なケアができないと跡が残ったりシミになる可能性もあるので、入念なケアをしておきたいですね。

日焼け後の皮むけの状態には、浸透力が高くて刺激の少ないクリームを使うのが良いですが、例えばこうした製品だと安心です。

ロベクチン

肌のバリア機能をサポートされるので、日焼けの皮むけ対策をしながらその後の肌の状態改善にも効果的です。

スポンサーリンク

ニベアとオロナインは日焼け後の保湿に使えるか?

多くの家庭で常備されていることが多いニベアやオロナイン。

日焼け後のケアに効果的に使用することができます。

ニベアは保湿効果が高く、日焼け後の乾燥しがちなお肌に効果的です。

日焼け直後は皮膚が赤みを帯びていたり、ヒリヒリしていることがあるので、まずは肌をクールダウンさせます。

その後、化粧水などで保湿をし、さらにニベアでしっかりと保湿してあげると良いでしょう。

オロナインも同様に日焼けの治療に有効です。

ニベアと同様にクールダウンし保湿後にアロナインを塗ってあげると、肌を保湿しながらケアできます。

ただし、いずれも軽度の日焼けのケアには有効ですが、炎症が起きているような重度の日焼けの治療には向いていません。

その場合は皮膚科を受診するようにしましょう。

日焼けの皮むけはいつまで続くのか

日焼け後の皮むけは4~7日程度で始まり、2週間ほど続いて皮が剥け終わります。

皮が剥けきるまでの間に皮を強引に剝いてしまわないように注意し、しっかりを保湿をしてあげます。

皮がむけているのを見ると思わず皮を取ってしまいたくなりますが、後々痛い思いをしたり肌がダメージを受け痕に残ってしまう事もあるので、綺麗に治すために我慢が必要です。

皮は剥がさずに、ターンオーバーを行おうとしている肌になるべく刺激を与えないようにしましょう。

スポンサーリンク

日焼けで皮がむけてしまった後にまた日焼けすると?

皮むけしているところへさらに日焼けしてしまうと、修復中の肌に刺激を与えてしまう事になるので、治るのに時間がかかってしまいます。

肌が黒くなったり、シミにもなりやすくなります。

黒ずみやシミは肌のターンオーバーによって自然に無くすことしかできない為、消すのにはかなりの時間がかかります。

そのため、日焼け直後にまた日焼けをしてしまう可能性のある時は、日焼け対策をしっかりとすることをお勧めします。

日焼けでの皮むけない方法

日焼けによって皮むけを起こさないために、日焼け前に対策をしましょう。

その一つにビタミンCを摂ると良いとされています。

ビタミンCは日焼けによって生じるくすみやシミに効果が期待できるので、キウイフルーツなど食べるのをおすすめします。

さらに日焼け止めをしっかりと塗りましょう。

日焼け止めには数字やプラス+の文字が書かれています。

数字や+の数が多いほうが効果が高いとされていますが、その分肌への負担も増えます。

短時間のみの日焼け防止なら数字が小さいものが良かったりするので、使い分けてあげると良いでしょう。

また、日焼け防止の傘や長袖も活用して、おしゃれをしながら日焼け止め対策をしてあげましょう。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です