秘書検定って時代遅れの資格?気持ち悪い・くだらないという口コミは多いか

秘書検定の資格は時代遅れなのでしょうか?

捉え方によっては現代のジェンダーレスの思想にそぐわない面もあるでしょうけれど、マナーや実務スキルを学ぶには有効という捉え方をしている人は少なくありません。

これから秘書検定を取ろうと考えている方にとって、秘書検定を通してどういったスキルを身に着けられるのか、そしてそれがどのように役立てられるのか、はたまた時代遅れで必要のない資格なのかを検討するための参考にしていただけたらと思います。

目次上 マネタイザー

秘書検定って時代遅れの資格?

「秘書検定の資格を持っている人は仕事ができる」とのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。その一方で、近年では「時代遅れの資格で必要ない」との声も聞かれ、あまり良い印象がないのも事実です。

時代遅れと言われる理由には下記の内容があります。

  • 女性が男性をサポートするという昔の秘書の考え方
  • 今の社内風潮にそのまま当てはめにくい内容
  • 価値観を扱う問題はすべてに正解を出すのは難しい

そもそも秘書検定は1972年に始まった「文部省認定OL職業技能検定」が原型であり、女性の事務スキルを高めるための資格として始まりました。

当時は女性が男性の補助的な役割をこなすことをあたりまえと考える人が多かったため、ジェンダーレス社会を目指す現代では、とくに女性を軽視した内容だと感じやすいのではないでしょうか。昔は当たり前のように受け入れられてきた若い女性を対象にした内容も、現代では違和感があり時代遅れだと感じるのです。

現在の秘書は、サポート業務といってもスケージュール管理から会議の準備・社外の人と良い関係を築くなど、さまざまな仕事があります。また、役員秘書になれば経営業務に関わることもあるでしょう。

秘書の仕事は時代によって変化していて、秘書検定の内容も毎年アップデートされています。最新のテキストを見ても「女性だから」ではなく、誰にでも当てはまる内容へと変化していると感じるでしょう。

秘書検定は時代とともに変化していて時代遅れの資格ではありません。受験者の7割が学生だと言われる秘書検定のスキルは、社会人になってからも学ぶ意味があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

秘書検定が気持ち悪いと言われる理由

秘書検定が気持ち悪いと言われる理由は、テキストの問題やDVDなどの面接対策マニュアルに違和感があるからです。

例えば1つの会話の中で次のような敬語をいくつも合わせて使うと、文法上は正しくても丁寧過ぎて気持ち悪いと感じる人がいます。

  • ご用事
  • ご連絡
  • お戻りになる
  • お時間

気持ち悪いとの口コミは多いわけではありませんが、会話のなかで敬語の使い方に不快感を持った経験がある人はいるのではないでしょうか。

確かに最初はマニュアル通りに学ぶことが大切ですが、基本を理解したうえで自分なりの対処の仕方を考えていくべきでしょう。

昔と違って秘書の仕事は性別関係なく、幅広い年代が業務にあたっています。気持ち悪いと感じてしまう内容は、業務の中で不自然に感じないように臨機応変に対応していくことが大切です。

秘書検定はくだらない内容でいらないという口コミは多い?

秘書検定がくだらないと言われる理由には「ただの自己分析」「会社勤めの人にはあたりまえの内容」との声があります。また、転職にはあまり役に立たないためいらないとの口コミもあります。

検定内容の不満からくだらないとの悪いイメージがある秘書検定は、一方で資格があることで実際に採用されたとの口コミも見られました。2級以上を持っていると、就職や転職にプラスになる場合があります。

なぜなら秘書検定の資格は最低限のマナーがあり、判断力・対応力などの技術があると証明できるからです。

くだらない・いらない資格ではない、持っていれば役に立つメリットについてお伝えします。

秘書検定にイライラ!それでも意味ない資格ではない?

秘書検定にイライラするとの口コミには「人権がない」「上司優先の理不尽な内容」との声があります。また、合格率が1級でも約40%と比較的高めで受けやすいため、意味ないと感じてしまう人もいるようです。

勉強すればするほどイライラが溜まってしまう人も多いのではないでしょうか。意味ないとの声がある一方で、秘書検定には下記のようなメリットがあります。

  • マナーだけでなく、文書作成・資料管理などの事務スキルが身につく
  • 感情のコントロールができ、柔軟に対応できる

上記のスキルは社会人になってから学べば良いとの意見もありますが、秘書検定で基礎からしっかり学ぶことで、技術力・判断力など実践で大きな差が生まれます。

時代とともに変化し社会人として大切なスキルが学べる秘書検定は、幅広い職種で役に立つでしょう。どのタイミングで取得しても決して意味のない資格ではありません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました