ツールバーへスキップ

ヒグマの最大記録はどれくらい?日本での生息地は北海道だけなのか

スポンサーリンク

ヒグマの最大記録はどれくらい?日本での生息地は北海道だけなのか

日本に生息する生物の中で最も大きいのはヒグマだって知ってますか?

それ故に、日本の陸上に生息する生き物の中では最強の生物だと言われています。

動物園でヒグマを見たことがある人は多いかもしれませんが、実際にはもっと大きなヒグマはたくさんいますし、他の国にはそのヒグマを超える大きさの種も存在しています。

ここではヒグマの大きさや生息地、山に入る際のヒグマ対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

かつて存在したヒグマの最大記録は体長3mを超える?

かつてはカムチャッカオオヒグマという、体長は3mを超え、体重は1tもあるような大きなヒグマが存在していました。

ただ、そのカムチャッカオオヒグマは人間たちが毛皮を目的に乱獲した結果、絶滅したとみられています。

なので、ヒグマの最大記録としてはカムチャッカオオヒグマの大きさの情報は残っているものの、実際に目にすることはできなくなってしまいました。

現在ではカムチャッカオオヒグマに代わって、体長250cm前後、体重は500kgを超えるコディアックヒグマが最大のヒグマとなっています。

日本での生息地は北海道だけ?

日本でヒグマが生息しているのは北海道だけです。

九州も大きなクマが話題になることがありますが、九州のクマはヒグマではなくツキノワグマという種で、ヒグマほどの大きさはありません。(実際には九州のクマは絶滅されたとされています)

野生のヒグマは、知床のクルージングで船上から野生のヒグマを見れたりしますが、最近では民家にやってくることもあるので家の中からヒグマを見たという人もいるようです(かなり怖い話ですけどね)

そのほか、北海道登別にあるクマ牧場でも野生のヒグマに匹敵する大きさのヒグマを見ることができます。

北海道での生息地として有名な場所

北海道でヒグマの生息地として有名なのは、先ほども書いた知床が有名ですね。

そのほかでは日高地方とか札幌の南区でも最近では住宅付近にまで出没することでも話題になりました。

スポンサーリンク

ヒグマの最大記録は日本ではどれくらい?

日本で発見されている中で最大のヒグマは520kgもの大きさで、日高市に生息していた個体です。

畑を荒らしているところをハンターによって捕獲されました。

現在のところ、確認された中で最大のヒグマはこの個体ですが、山の中にはもっと大きなヒグマが存在している可能性があります。

さすがにカムチャッカオオヒグマほどの大きさまではないでしょうけれど、500kgをゆうに超えるヒグマがいるかもしれませんね。

ヒグマは凶暴なのか

ヒグマは過去に衝撃的な事件を起こすなど、狂暴なイメージがありますが実際はどうなのでしょうか。

ヒグマの特徴は、犬を超える臭覚を持ち、自動車並みのスピードで走る脚力、非常に執念深い性質があるために、狙われてしまうと抵抗するのは相当困難を
きわめてしまいます。

その一方で、人間に対する警戒心は強く、音などで人間が近くにいることを察知すると遭遇するのを極力避けようとすることも観察されています。

狂暴というと、手当たり次第に襲い掛かってくるイメージがありますが、そういったイメージとは異なる性質があることもわかっています。

ヒグマの生息地に九州は入る?

ヒグマというと、九州を連想する人もいるようですが、九州にはヒグマは生存していません。

以前はツキノワグマが生存しており、絶滅危惧種にもしていされましたが、今では絶滅危惧種のリストから削除されてしまいました。

つまりは九州ではツキノワグマは絶滅してしまったということです。

ですが、それでもなお山でクマを見たという目撃談があるなど、九州でのクマに関する話題は少なからず存在します。

ただ、ヒグマが存在することはないので、ヒグマの生息地に九州が入ることはありません。

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です