ハンコ注射の跡を消したい!自宅で消す方法はアットノンが最適?

ハンコ注射の跡……気になりますよね。

跡が残らずにキレイに消える人もいるだけに、消せるなら消したい!という方は多いと思います。

子供の頃の注射跡なので大人になると引き延ばされたように傷跡が大きくなってしまうこともあり厄介な跡ですが、子供はもとより大人になっても消すことはできるのでしょうか?

「ハンコ注射の跡を消す方法ってあるの?」
「傷跡の薬のアットノンでは消せない?」

こうしたハンコ注射の跡の対処法について調べてみたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

ハンコ注射の跡を消す方法はある?

ハンコ注射の跡は消すことができます。

主に形成外科や美容形成などで治療することでキレイにさせることが可能なので、跡をどうしても目立たなくしたいという方は、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

ただ、形成外科であれば保険適用となる可能性があるものの、美容外科は保険適応外となることがほとんどなのである程度の大きな出費が必要となります。

ハンコ跡の症状によっても費用が異なりますので実際にカウンセリングを受けるまでは費用を知ることは難しいようです。

スポンサーリンク

ハンコ注射の跡はアットノンで消える?

傷跡や火傷跡改善薬のアットノン。

傷跡を直してくれる薬なので、ハンコ注射跡にも効果があるのかも…と思って、効果があったという体験談を探してみましたが、有効な口コミは見つかりませんでした。

根気よく塗り続けることでハンコ注射跡が薄くなる可能性は捨てきれませんが、過度な期待は持てないように感じます。

結局は皮膚科などの医師にかかったほうが早く確実に治せるという結論になるのではないでしょうか。

また、凹凸のある跡にはほぼアットノンでの治癒は不可能なので、こうした症状がある場合はアットノンを試してみるよりも、初めから形成外科や美容外科へ行った方が確実に早いです。

ハンコ注射の跡はなぜできる?消える人と消えない人について

ハンコ注射の跡は通常3~4か月後には無くなると言われていますが、人によっては跡が長く残ってしまう場合もあります。

ハンコ注射の跡は、接種後の炎症反応が原因による傷跡ですので、その炎症反応の程度によって跡の程度が変わってきます。

ハンコ注射はわざと炎症を起こさせて免疫がついたのを確認するためのものですから、この炎症の治りには個人差が生じてしまいます。

これがハンコ注射の跡が消える人と消えない人の大きな違いとなります。

また、傷跡などがケロイド化しやすい体質の人は、注射跡が凹凸のようになり、大人になっても長年残ってしまう傾向にあります。

スポンサーリンク

ハンコ注射の跡がかゆい理由と対策について

ハンコ注射の跡に炎症が起き、ケロイド化してしまうことが理由で痒みが出ることがあります。

小さいころ打ったハンコ注射の跡が、大人になってからたまに痒くなるという人もいます。

この場合、治療が必要という訳ではありませんが、注射跡をひどく掻きむしってしまう可能性もあり患部を悪化させてしまうので注意が必要です。

症状が小さければ放置しておいても良いですが、かゆみがひどい時には皮膚科を受診することをおすすめします。

まとめ

ハンコ注射とはBCG(結核の予防接種)と言って、子供の頃に結核にかからないように打った予防接種です。

大切な予防接種ですが、なかなか目立つ位置に注射されてしまうので、跡が付いてしまった場合悩む方は多いですね。

傷跡を治せるアットノンで消せるかと思って口コミを探してみましたが有効な体験談は見つからないので、市販薬などを使って自力でハンコ注射跡を消すのは難しいと思われます。

ただ、形成外科や美容形成だと跡を消す治療は可能なので、確実に治すには専門医を受診する必要があります。

ハンコ注射の跡を消してキレイな二の腕にするための参考にしてみてくださいね。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です