赤ちゃんの歯が生え始めたら歯磨きを!歯ブラシの選び方やガーゼの使い方についても

歯は一生使うものなので、赤ちゃんの頃から歯磨きを習慣づけ健康的な歯をつくってあげたいですよね。

しかし赤ちゃんや子供は歯磨きを嫌がることが多いので、親御さんを悩ませてしまう一つだと思います。

なるべく赤ちゃんが嫌がらない歯磨きの方法や、ブラシの選び方など調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯が生え始めてきたらどんなケアが必要?

赤ちゃんの最初の歯が生えてきたら、歯磨きをスタートします。

大体生後6か月前後で生えてくることが多いです。

まずは前歯が生えてくるかと思うので、濡らしたガーゼや指ブラシで優しくこすってあげて下さい。

いきなり歯ブラシを使うと赤ちゃんが刺激でびっくりしてしまうので、はじめはガーゼで軽く歯を拭いてあげる程度で十分です。

授乳後や離乳食後、就寝前など一日5回程度行ってあげて下さい。

奥歯が生えてくるとガーゼでの歯磨きは難しくなるので、歯ブラシに切り替えます。

スポンサーリンク

赤ちゃんがガーゼでの歯磨きを嫌がる時には?

始めは口の中を触られるのが慣れていないので、嫌がる子も多いかと思います。

歯磨きをさせる!という感じではなく、スキンシップの延長のような感じで口周りを触ることに慣れさせてあげましょう。

抱っこしながらして歯磨きをしてあげたり、風呂上りに体を拭く流れでしてあげると、嫌がらない子も多いようです。

また、親御さんからすると優しく磨いているつもりでも、赤ちゃんにとっては強い力だったりすることもあるので、大人が思っているよりも少ない力加減で磨いてあげるだけで十分です。

ガーゼは洗濯して何回か使っても良いのか

ガーゼは洗って使っても大丈夫です。

赤ちゃんの口に直接入るものなので、洗剤や消毒液はなるべく使わず手洗いで洗ってあげるといいでしょう。

それでもきちんと殺菌できているのか気になるという方は、沸騰したお湯に5分ほど煮て煮沸消毒してあげると良いです。

毎回ガーゼを洗うというのが大変な方には使い捨ての歯磨き用ガーゼが販売されています。

使い捨てタイプであれば都度洗う必要も無く、手間がかからず清潔に使えるので良いいですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯の生え始めにおすすめの歯ブラシ

奥歯が生えてきた赤ちゃんには乳児ブラシと仕上げブラシの2種類の歯ブラシを用意し、ブラシでの歯磨きに切り替えます。

乳児ブラシは、赤ちゃんが自分で持って歯磨きをするものです。赤ちゃんが歯ブラシで自分の歯を磨くという動作に慣れてもらうための物です。

仕上げ用は保護者の方が赤ちゃんの歯磨きの仕上げを行う用のブラシになります。

乳児ブラシは、1歳ごろまでは先端が柔らかい素材の物とし、喉の奥までブラシが入らないように丸い安全プレートが付いたものが安全でお勧めです。

赤ちゃんの成長に合わせた硬さ、長さの歯ブラシを持たせて歯磨きの感覚を練習させてあげましょう。

仕上げブラシには、保護者の方が奥歯や歯の裏などが磨きやすいものを選んでください。

中には角度がついたブラシもあるので、実際に使いやすいと思えるものが良いでしょう。

参考になりましたらシェアをお願いします!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です