ツールバーへスキップ

牛乳石鹸の赤箱がアトピー肌にも優しいって本当?

画像引用:牛乳石鹸の公式サイト

スポンサーリンク

赤箱はアトピーにも優しい?口コミをチェック!

うちの子がアトピーで、体を洗う石鹸を何にしようか迷っています。

今までは赤ちゃん用の泡フォーム石鹸を使っていて大きな問題はなかったのですが、子供がそろそろ赤ちゃん用を辞めたいと言い出したことと、もしかして石鹸を替えたらアトピーの症状が良くなるかも?と思ったのがきっかけです。

そこで気になっているのが牛乳石鹸の赤箱。

ママさんブログで牛乳石鹸の赤箱を使い始めてからアトピーの症状が改善してきたという口コミを紹介していたので、どれくらい違うのかなと興味がでてきたわけで。。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんにも使えるくらい優しいって本当?

牛乳石鹸は赤ちゃんにも使っても問題ないくらい肌に優しいそうです。赤ちゃんに使っても問題ないという話はどうやら本当のようです。

石鹸って、界面活性剤が含まれている物が多くて、それが肌にダメージを与えるというのは良く聞く話ですが、固体の石鹸だと界面活性剤は含まれていなので比較的肌に優しい石鹸が多いらしいのです。

牛乳石鹸は公式サイトにこんな記載がありました。

「釜だき製法」ゆえの天然のうるおい成分が程よく含まれることにより、肌あたりのやさしい石けんに仕上がっているのです。

牛乳などの素材だけでなく作り方まで肌に優しくなるような製法にしているのも安心ポイントは高いですね^^

牛乳石鹸赤箱の成分

牛乳石鹸赤箱に含まれる成分も公式サイトで紹介されています。

  • 石ケン素地
  • 香料
  • 乳脂(牛乳)
  • スクワラン
  • ステアリン酸
  • 酸化チタン
  • EDTA-4Na

これって不純物なんじゃないの?と思われる成分を調べてみました。

スクワラン:鮫の肝油から発見されたが、オリーブ油にも含まれ、人体で生合成され皮脂の主な成分として分泌される。
シャンプーなどの洗浄剤に入った界面活性剤(洗剤)は、肌の油分を落とすことで肌の硬さ、乾燥、バリア機能の低下、刺激や痒みを起こすことがあるが、スステリアン酸:テアリン酸やパルミチン酸のような飽和長鎖脂肪酸を添加することで、脂肪酸が補充されバリア機能の改善に役立つ
酸化チタン:白色の塗料、絵具、釉薬、化合繊用途などの顔料として使われる。医薬品にも使われる。
EDTA-4Na:洗浄製品などでpH調整において弱アルカリ性に合わせる目的

石鹸として活用するために必要な成分ばかりなのがわかります。

スポンサーリンク

赤箱と青箱の違いは?

牛乳石鹸の公式サイトには赤箱と青箱の違いを以下のように表現しています。

赤箱
豊かでクリーミィな泡が、 しっとりと洗い上げます。新鮮なミルクからつくったミルク成分(ミルクバター:保湿成分)
スクワラン(うるおい成分)配合。ローズ調の豊かな香り。

青箱
豊かでソフトな泡が、 さっぱりと洗い上げます。新鮮なミルクからつくったミルク成分
(ミルクバター:保湿成分)配合。ジャスミン調のさわやかな香り。

泡がクリーミィかソフトか、香りがローズ調かジャスミン調かの違いくらいなのでしょうか。あまり気にしなくて良いくらいの差に感じますね。

牛乳石鹸の赤箱がクリームに!


肌に優しい牛乳石鹸がそのままクリームになった感じの全身スキンケアクリーム「赤箱ビューティクリーム」。

めちゃくちゃ売れて品薄状態が続いているようです。

アマゾンでは約4倍の価格で出品されているくらいの人気。もう少し待てば市場に出回ると思うので割高で買わなくても良いと思いますけどね。

一体どれくらいの値段が付いてるの?と興味がある方はこちらをチェック ⇒ カウブランド 赤箱 ビューティクリーム 80g

使ってみたいけれど市場に出回るまでガマンガマンw

スポンサーリンク
参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です